ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
NHK杯 女子FS結果
2010 NHK杯フィギュア 女子FSが終了しました。
覚悟していたとはいえ、とても厳しい結果となりました。
村上、シニアデビュー戦で3位!真央は8位に終わる/フィギュア
村上3位表彰台!真央ジャンプ戻らず8位…フィギュア NHK杯
フィギュア:村上3位、浅田8位 コストナーV NHK杯

コストナー選手、フラット選手、村上選手、おめでとうございます!
b0122046_2310560.jpg





ISU公式のジャッジスコアが出ましたね。競技が終わるまで出ないものなんでしょうか・・
【ISU 公式ページ】
ISU GP NHK Trophy 2010
そして、女子シングルの結果がこちら。
b0122046_23372518.jpg


あ~覚悟していたつもりですが・・とても苦しい結果でした。
八木沼さんやアナウンサーがフォローしてくださるのはありがたいことですが
浅田選手自身、「矯正中だから」「完全じゃないから」と言い続けなければならないストレスや
わかってはいてもやはり勝ちたかったのではないかと思うと辛いです。


さて、いつまでも辛気臭いのはやめて
時間も遅いので上位5選手と浅田選手について感想を述べさせていただきたいと思います。

フリーの順位で行きたいと思います。
b0122046_23215563.jpg



フリー1位はレイチェル・フラット選手!2位とはわずか0.1差でした。
b0122046_2323079.jpg

安定した演技でしたね。転倒や大きなミスが無かったのが良かった。
フラット選手の「古き良きアメリカ」的演技は定着しつつありますね。
b0122046_23342183.jpg

中間点も有効に働いたようです。しかしGOEが少ない。
そして、やはりPCSも伸びません。振付や音楽の表現なんかはもっと出ても良さそうですが・・
b0122046_23355337.jpg

総合2位ということで、グランプリファイナルがぐっと近づきましたね!
本当におめでとうございます!


フリー2位はカロリーナ・コストナー選手。
b0122046_23381135.jpg

アナウンサーがしつこいほど言っていましたが、確実にできる構成できましたね。
着氷の乱れ等ありましたが、転倒が無かったのは大きかったですね。
b0122046_23421965.jpg

PCSで高評価を得ています。
SP、FS通してここまで調子が良いコストナー選手は久しぶりのように思います。
b0122046_0244453.jpg

本人もとても嬉しそうでした。良いシーズンが迎えられそうですね。
総合1位ですので、グランプリファイナル進出の可能性が最も高い選手になりました。
エキシビジョンでも元気な姿を見せてください!


フリー3位はエレーネ・ゲデバニシビリ選手。
b0122046_001294.jpg

放送されなかったのでNHK杯公式サイトで見ました。
お手付きは1回ありましたが、他の選手に比べてミスの少ない演技でした。
b0122046_014209.jpg

スピン、スパイラルの取りこぼしが痛いですね・・レベル1ですか・・
それにしても何てかわいいクリスティーヌ!この衣装は反則ですよね(笑)
総合では6位でしたが、今後は3-3コンビネーションジャンプなど期待が高まります!


フリー4位はキーラ・コルピ選手。
b0122046_0182099.jpg

ミスが目立ちましたが、PCSで高い評価を受けています。
b0122046_0202460.jpg

SPから一転して、いつものきびきび感を控えめにおさえ、しっとりした演技でした。
私としてはコルピ選手はあまり安定しない(実に勝手な)イメージがありましたが
今シーズンは初戦から安定しているように思います。
総合はSP5位から1ランクUPの4位。グランプリファイナル出場には次の試合が重要になりますね。


フリー5位は村上佳菜子選手。
b0122046_0241364.jpg

シニアの洗礼を受けたようですね。とても緊張していたようです。
b0122046_028443.jpg

最初の3T-3T、今回は認定されましたね。SPもこれくらい跳べてたと思うのですがね。
3回の転倒でも最後まで体力がもったのは若さの賜物かと思います。
ジャンプの高さが無く、漕ぎにも力が入りすぎているように見えました。
でも今回のことは良い経験になったと思います。
総合3位ですからグランプリファイナル出場も届く範囲になりました!
シニア初戦の表彰台、本当におめでとうございます。


そしてフリー8位の浅田真央選手。
b0122046_0315664.jpg

ジャンプは2つしか成功せず、厳しい結果となりました。
スタート位置に着いたときから、これは今日もキツイかもしれないと正直思いました。
また、体の絞り具合から、きっと長袖の衣装だよと母に言っていたらホントに長袖でした!
b0122046_0423950.jpg

ジャンプがこれだけ崩れてもPCSは全体の2位と高評価を得ています。
それにしても昨日に引き続き、滑り自体があまりよくなかったように思います。
表情も曇りがちだったし、JOの時のあの「雰囲気」も出ていなかった。

長いスパンでのジャンプ矯正とはいえ、出場するからには良い成績をおさめたいと思うのが普通です。
もちろん、自分の思うような演技ができないことも歯がゆいことですし、
冒頭でも述べましたが、インタビューのたびに完全ではないと言わなければならないのは辛いと思います。
ただ、浅田選手は決して見栄を張ったり嘘をつく選手ではないので
「(ジャンプは)狂ってはいない。練習でもいい方向にはいっている。
 まだ自分のものになっていないのが一番の原因。
 (佐藤)先生も言うように積み重ね。すぐに練習して、積み重ねていきたい」
というコメントは事実なんだと思います。
実際、直前練習では跳べているし、あとは気持ちの問題なのだと思います。
また佐藤信夫コーチの「甘い言葉をかけても解決にならない」というのも素晴らしいと思いました。
浅田選手がそうなるとは思えませんが、「矯正中だから」と言い続けることが甘えにつながる可能性もある。
ファンとしても、「矯正中だから仕方ない」と諦めるのではなく、
きちんと受け止めて消化しなければいけないな、と思わされるコメントでした。


はー長い1日が終わりました。(いや、もう始まっていますが(汗))

ルールの細かい変更でジャッジがどんな点数を出してくるか予測できませんでしたが
全体的に、今のところ、おかしな点はなかったように思います。
要素の質が悪くても、スケーティングや演技自体はきちんと評価されているようでしたし。
ただ全体的に女子は回転不足判定が厳しいようでした。
またスピンの基準が変わったとのことで、評価の低い選手が多かったです。
スパイラルも秒数の変更があったせいかこれまた評価が低い選手ばかりでした。
シーズン初戦というのもありますが、女子は点数の出ない戦いとなりました。

NHK杯の総括を男子FSが終わったら書きたいと思っています。
浅田選手、今日は本当にお疲れさまでした。
次は第6戦のフランス大会ですね。
あなたの笑顔を待っています。
b0122046_142521.jpg



動画はこちらで見れます。
2010 NHK杯フィギュア 動画クリップ

<関連記事>
NHK杯 女子SP結果追記
NHK杯 女子SP結果
by chi-chan0322 | 2010-10-24 01:06 | フィギュアスケート
<< NHK杯 男子FS結果 NHK杯 男子SP結果 >>