ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
スケートカナダ 雑感
b0122046_2053023.jpgとらももさん、こんばんは!
先ほどスケートカナダ・BS朝日の放送を見終わりました。
さっそくトラックバックさせていただきました。
よろしくお願いします<(_ _)>

何というか、『新時代到来』ですね。
あ、もちろん嫌味です(笑)
まだフィギュア暗黒時代は続くのでしょうか・・

おっと、感想の前に
織田信成選手、2位おめでとうございます!
4回転の復活、とても嬉しかったです。
表情が少しうつろな感じがしましたが
昨シーズン最後の試合から今大会まで彼にとって様々な出来事がありましたし
不安や緊張が大きかったかもしれませんね。
でも、そんなシーズン初戦としてはとても良いスタートになったのではないでしょうか。





さて、初めに申し上げておきたいのですが
私ははっきりいってものすごく偏った考え方の持ち主です。
ですので、今回の結果、特に男子シングルについては昨シーズンまでと同様、
ISUは『えこひいき』ジャッジを続けますよ~と言っているのだと理解しました。

そして、冒頭での『新時代』というのは
『特定の選手に限り、ミスしまくっても勝てる時代』です。
特定の選手に限りってのがポイントです。

こんなことに浅田選手の名を出すのは嫌ですが
チャン選手の今回の優勝は、先週のNHK杯でジャンプをほとんど跳べなかった浅田選手が
5位入賞するようなものです。いや、これはさすがに言いすぎですかね、失礼しました。

そもそも
ノーミス・完成度の高さが必須の競技だったんじゃないんですか?フィギュアって。
ミスがあると演技構成点って低めに抑えられるんじゃないんですか?
アナウンサーも解説の皆さんも口を酸っぱくして言ってたじゃないですか。
2位の織田選手もチャン選手も同じようなミスをしましたが、
両選手の間にPCS10点もの差がどこにあったのでしょう?

というか私としてはチャン選手のコリオステップ(ChSt1)のGOE3.0が信じられない。
ChStって表現力が評価される要素なんですよね?
NHK杯の高橋選手でさえGOEは2.0にとどまったというのに。

確かにチャン選手のスケーティング技術は素晴らしいですが、演技や表現にはつながっていない。
淡々と滑っているだけで、曲が劇的なほどチャン選手は置いてきぼりにされてしまう感じがします。
SPでは表情もあって少しは良くなったかな?なんて思いましたが、ミス連発でもPCSは1位。
FSは去年の持ち越しで昨シーズン同様の背中に板の入ったような硬い演技。
あれでPCSがあ~んなに出ちゃうなんて、もうホント、驚愕です。
でも4回転を跳んだのは素晴らしかったです。

NHK杯の高橋選手の点数については本人も出すぎだと感じていたようですが
技術点に関しては他の選手と大差はなかったし、PCSも昨シーズンの成績を考慮すれば
『馬鹿げた』点数ではない。ミスも後半で、かつ得点の大きい技でもなかった。
アボット選手は昨シーズン調子が良くなかったし、アモディオ選手の実績を考えても
あのくらいのPCSの差はあり得ると思います。
高橋選手のファンだからそう思うんだと思われるかもしれませんが(汗)

何かこんな風に、いい演技をしても疑われてしまう選手がかわいそうです。
それぐらいファンは疑心暗鬼になってるってことなんでしょうね。
今年のNHK杯を見て、男子は4回転持ちが増えて楽しみだな~なんて思ってたんですが
ジャッジがこんなだと萎えますね、ホント。

チャン選手がキムヨナのように点数にあぐらをかいて調子に乗った言動をしないよう祈ります。
まぁ4回転の導入などキムヨナのように『退化』する気はないようなので
あまり心配いりませんかね。次の試合でどんな点数が出るか見ものです。

今大会の私的収穫は、レイノルズ選手とガチンスキー選手とベルントソン選手の演技を拝めたこと♪
ガチンスキー選手のSP最後の決めポーズはツボです(笑)

何かほとんどとらももさんのおっしゃる通りで、自分の記事はうまくまとまってませんね(^_^;)
しかも女子について全然書いてないし!反省します・・
そういえば、BS朝日の放送では、リッポン選手が4回転をプログラムに入れるような話が出ていました。
確かに3Aも不安定だったし、ホントに練習しているんでしょうか・・

さて、今週末は中国大会!
安藤選手、鈴木選手の登場ですね!
男子はベルネル選手が出るんですね~復活期待してます。

<トラックバック記事>
スケートカナダ終了
「先入観」への危惧 -パトリック・チャン選手優勝:スケートカナダ・男子シングル

<関連記事>
2010 NHK杯総括 ~実に勝手なぶっちゃけ感想~
by chi-chan0322 | 2010-10-31 22:22 | フィギュアスケート
<< さよなら、コール 冬の風物詩? >>