ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
「浅田 ただ時間必要」
テレビでもネットでも浅田真央選手に関するニュースを見ていると
腹立たしいもの、事実を伝えていないものが非常に多く、避けがちになっていましたが
先程、とても良い記事を見つけたので、紹介させて頂きます。

「浅田 ただ時間必要」フィギュア 佐藤コーチに聞く

b0122046_1236525.jpg




「浅田 ただ時間必要」フィギュア 佐藤コーチに聞く

フィギュアスケートの浅田真央(中京大)が今季前半戦のグランプリ(GP)シリーズでNHK杯8位、
フランス杯5位に終わり、2季連続でGPファイナル出場を逃した。
2度の世界女王に輝く浅田の再生はいつになるのか。
9月から浅田を指導する佐藤信夫コーチ(68)に要因などについて尋ねた。

 ――試合で浅田本来の力を発揮できていないが。

 「原因が一つだったら、問題を解決するのは簡単。僕は浅田選手にスケートはミックスジュースのようなもの、と言っている。
  リンゴやバナナやイチゴ――。いろいろなものが混ざっているからこそ、味が出る。
  ミックスジュースのように三つの要素がバランスよくできていないと、良い答えは出てこないと。
  では、リンゴやバナナが彼女にとって何なんだ、という部分は感覚の世界なので具体的には言えない。
  ただ時間が必要です」

 ――フランス杯の公式練習では、身ぶり手ぶりで指導する場面が目立った。

 「良くなるのを待つしかない、と言っても、本番の試合になると基本的なことばかりは言っていられない。
  ただ、ベーシックな部分を省略して付け焼き刃でやってしまったら、また元に戻ってしまう危険性がある。
  全日本選手権もあるが、そこは同時並行でやっていかないといけない」

 ――具体的に今後どの部分を修正していきたいか。

 「技術的なことは具体的には言えない。僕が技術的な問題点を一つ言って報道されてしまうと、
  それが独り歩きしてしまう。皆さんの目にはこれは失敗ジャンプだなと思うものでも、
  僕には良いものだな、と思うものがある。僕自身は形になりかけていると思っているし、
  あとは時間との戦いで待つしかないと思う。彼女がそれをどこまで我慢できるかだと思う」

 (パリ=坂上武司)



今年の春からほぼ全てのジャンプの矯正を始めた浅田選手。
マスコミは散々な言い方をしますが、今季2戦目で5位入賞というのは想定外に良い結果だったのではないでしょうか。
フランス杯の浅田選手について、とある掲示板にこのようなコメントがありました。

 ジャンプの矯正は、たとえて言うならば、箸の持ち方を左利きを右利きに修正しているような
 根本的な修正であるため、そんな簡単にできないのです。
 しかし、浅田選手はやはり早いなーと感じます。まだ初めて数ヶ月なんですから。
 左利きの修正が終わっても、皆の前で食べるのを見せてと言われているようなもの。
 緊張すると、もともとの癖が出るのは仕方ないですし、それが解決した時が修正が終わった時ではないでしょうか。
 NHKより良くなっているし、これからまだまだ良くなると思いました。

すごく的を射ていて、わかりやすい意見です。
そして佐藤コーチの言葉からしても、技術面での問題はどれほどないのではないかと考えます。

気持ちの問題、というのは、私たちが想像する以上に大きなことだと思います。
信じて待つしかありません。

それにしても、佐藤コーチは本当に素晴らしいコーチですね。
パーフェクトなマスコミ対策です(笑)
by chi-chan0322 | 2010-11-30 12:52 | フィギュアスケート
<< 「フィギュアクイーン」って誰の... フランス杯 浅田真央EX >>