ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
「フィギュアクイーン」って誰の事? キムヨナ 新プログラム発表
とらももさん、こんにちは!

キムヨナ選手の新プログラムが発表されましたね。
この件について昨日から書こうかどうか迷っていたら、とらももさんが記事を書いてくださっていました!
いつも大変申し訳ないのですが、今回も便乗させてもらいたいと思います(汗)
どうぞご容赦くださいませ<(_ _)>

「ジゼル」というとこちらの2人を思い出す私ですが・・
(もちろん、真ん中の人ではありません。)
b0122046_10293379.jpg


私はキムヨナ選手の事が名前を言いたくないくらい嫌いですし、見るとムカムカしますが、
今はそれ通り越して、生ぬるく見守る(監視とも言います)感じになっています(笑)
それで、誰が見てるか(もしくは誰も見ていないか)わからないネット上でこの件について書いても、
きっとろくな記事にならないなぁと思い、記事UPを見合わせていました。

ですが、私は私なりに記事を書いたらいいんだ!と開き直りました(笑)
なので、この後は、言動が危うくなると思いますが、ご了承ください<(_ _)>




一応記事を貼っておきます。
キム・ヨナの新プログラム完成 「今季の振り付けはファンへのラブレター」

‘フィギュアクイーン’キム・ヨナ(20、高麗大)が新しいプログラムの曲名を発表した。

キム・ヨナのマネジメント会社オールザットスポーツは30日、「ショートプログラムはバレエ曲のジゼルを、
フリーはアリランをはじめとする韓国の伝統音楽を編曲した‘Homage to korea’を選んだ。
今回の振り付けは過去4年余りキム・ヨナと一緒にしてきたデビッド・ウィルソン・コーチの作品」と明らかにした。

ウィルソンコーチは「フリーはキム・ヨナがファンに送るラブレター。
キム・ヨナがオリンピック(五輪)チャンピオンになるまで惜しまず声援を送ってくれたファンと祖国に対する感謝の気持ちを込めた」と説明した。

10月からピーター・オペガード・コーチと一緒にロサンゼルス近隣のイーストウェストアイスパレスで練習しているキム・ヨナは
「これまでもウィルソンコーチが何度かアリランを推薦してきた。 その度にまだ適切な時期ではないと考えて断ってきたが、五輪を成功させた今、
これまでの国民の愛と関心に報いるよい時期だと判断して同意した」とし「バレエ曲ジゼルをプログラム曲に選定したのも初めてで、新しい試みになりそうだ。
ジゼル自体が持つストーリーが気に入っている。 音楽に含まれるさまざまなストーリーをうまく表現したい」と期待を表した。

キム・ヨナは来年3月に東京で開催される国際スケート競技連盟(ISU)フィギュア世界選手権大会に出場し、プログラムを初めて披露する。


あと、動画見つけたので、一応。
Yuna Kim's new program - Giselle & Homage to Korea 20101130


ラブレターって!ファンが騒いで迷惑とか言ってたくせに!
と、ツッコミどころ満載な記事なんですが(汗)

えーと、まずツッコミたいのが・・キムヨナさん、
7月くらいだったと思うんですが、SPはタンゴにしたいとか言ってませんでしたっけ?
確かその頃は、浅田真央選手がSPが「タンゴ」と発表して間もない頃で
うわ~何て粘着・・と呆れたのを覚えています。
でもバレエ音楽ってことで、浅田選手のEXに粘着してるとも言えますが(笑)
それにしてもジゼルですか・・ただでさえ足さばきが悪いのに、あんな軽やかな演技ができるんでしょうかね。

FSに関してはオーサーが暴露した通りのようですね。
どんな音楽か知りませんが、他の有名な曲を使って、その曲が流れるたび不快な思いをしなくて済むので良かったです(笑)

振付はやはりウィルソンですか。首撫で、休憩ポイント、ドヤ顔は必須ってところでしょうかね。
今季はスピンのレベル取りが大変ですけど、大丈夫ですか?
2A3回跳べないですけど、大丈夫ですか??
ステップも片足でリンクの半分もしくは半分以上進むのが今年のトレンドで浅田選手もやっていますが、大丈夫ですかー??
いろんな意味で期待のかかる演技になりそうです(笑)

と、悪ふざけはこの辺にして(笑)

私もとらももさんとほぼ同じ感覚で、キムヨナ選手の動向を捉えていると思います。
GPSスキップ、現時点での新プロ発表、どう考えても良い流れではないですよね。
普通の選手がこんなペースでやっていては、世界選手権に出場すらできないでしょう。
もっとも、彼女の場合は自国の選手権に出ずとも世界選手権出場は決まっているのでしょうが。

世界選手権については、オフシーズンの太り様から見ても棄権するだろうと思っていましたが、
今季の採点傾向(スケカナ、ロシア杯を踏まえて)から考えても、出場するメリットはありそうです。
「世界選手権出場=表彰台確定」という最悪のケースも予想されます。


私は昨シーズンは、ISUと韓国の(日本選手潰しという)利害一致による関係が少なからず存在したと考えていますが、
平昌五輪招致が絶望的になった今、韓国政府はそこまで彼女にお金をかけるでしょうか。
それにキムヨナ選手は韓国でもかなり批判されていますよね。
ISUも各国から非難を受けているようですし、ここで彼女を表彰台に上げたりすれば、疑惑が確信に変わるのは目に見えています。
あ、もちろん、キムヨナ選手の演技が素晴らしかった場合は別ですけどね(笑)
(といっても、動画を見る限り、特別上達したようには見えませんが。)



まとまらない内容で申し訳ないのですが(汗)
トリノ五輪から今まで、普通にフィギュアを見ていた私のような人間でも、上記のようなことは簡単に想像できます。
ただ、そう決めつけてしまうと他の選手があまりに不憫ですし、フィギュアそのものを否定することになりかねませんよね。
でも考えずにはいられません。

今は浅田選手のことだけ考えたいのに!(笑)


<トラックバック記事>
キムヨナ選手今季使用曲についての危惧
by chi-chan0322 | 2010-12-02 13:02 | フィギュアスケート
<< 今年もあとわずか。 「浅田 ただ時間必要」 >>