ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
全日本選手権 女子SP結果
b0122046_11214476.jpg
全日本選手権 女子SPが終了しました。
0時を過ぎても日本スケート連盟のサイトが更新されず
朝起きたらもう10時で、大変遅くなってしまいました(汗)

真央SP首位発進!美姫が2位/フィギュア

浅田真央選手、SP1位です!
キス&クライでこんなに嬉しそうな浅田選手を見たのは
本当に久しぶりだした。
そして僅差で2位につけた安藤選手!
3位には村上佳菜子選手がつけました。

一昨日の放送から一変して
昨日はたくさんの選手の演技を見ることができました。











採点や順位についてはこちら。ジャッジスコアはまだです。
第79回全日本選手権大会

そして、女子SP結果はこちら。上位10名までとさせていただきます。
b0122046_11243614.jpg



SP1位は浅田真央選手!やっぱりこの人はすごいです!
Mao ASADA - All-Japan championship 2010 SP


冒頭3Aを両足着氷ながらも持ち堪え、3Fを跳んだあとは浅田選手の顔がパァっと明るくなりました。
こんな生き生きとした彼女を見たのは本当に久しぶりで、胸が熱くなりました。
b0122046_1132147.jpg

時間が経っても考えをうまくまとめられなかったので、ちょっとごちゃごちゃ書きますが・・
正直、昨日の演技を見て「勝ちにきた」と思いました。
振付がだいぶ減っていて、それはとにかくジャンプを成功させるためだと思いました。
今大会は浅田選手にとって負けられない試合なのはわかっているのですが
ステップが音楽に遅れたりと、完璧な演技とは言えないかなぁと少し複雑な気持ちにはなりました。
まぁ、それだけタラソワのプログラムは毎回難しいということですが(汗)
b0122046_11371943.jpg

ただ、浅田選手が他選手と違うところは、『3Aを入れて』勝ちにきたところです。
3Aを2Aにしていれば、気をつければいいのは3Fだけになりますし、振付もあそこまで減らさずに済んだはずです。

こうしたところに浅田選手のプライドを感じるのです。
今季取り組んできたジャンプの矯正。その成果を出すための選択。

浅田選手は演技後のインタビューで、「こういう演技をしたかった」と言っていました。
今、浅田選手には試合でジャンプを跳べるという自信が必要なのです。
私はこの選択を応援したいと思います。

さて、まだ油断はできません。安藤選手との点差はわずか1.46。
勝って兜の緒を締めよ、です。頑張ってください!


SP2位は安藤美姫選手!
Miki ANDO - All-Japan championship 2010 SP


GPSのSPで挑んできました。衣装がとても素敵です。
ただ、3Lz-3Lo、フリップジャンプの回避など、とにかくミスしないことを選択してきました。
b0122046_11511724.jpg

安藤選手の安定感は今季最大の武器でした。GPFでは優勝するだろうと思っていました。
ですが、そこで彼女はSPを変更し、自らその安定感を壊してきた。
安藤選手の真意はわかりませんが、インタビューからしても「このままじゃいけない」と感じたのではないでしょうか。
安定の、その先を求め、彼女もまた何か模索中なのかもしれません。
b0122046_1217513.jpg

FSは女子としては最強のジャンプ構成だと思います。(浅田選手の本来のジャンプ構成は除きますが)
ノーミスで演技できれば優勝が見えてきます。頑張ってください!


SP3位は村上佳菜子選手!
Kanako MURAKAMI - All-Japan championship 2010 SP


3T-3Tは本当に安定していますね。百発百中って感じです。
それに対して2Aはまたしても決まらず、最後の決めポーズもふらついていました。
b0122046_1220203.jpg

良い意味で、いつも通り滑ったという印象を持ちました。
特に緊張していたわけでもなく、演技も伸び伸びできていたと思います。
上位2名との点差はわずかですので、優勝の可能性はありますが
演技構成から行けば、ノーミスでなければ上位2名の選手には勝てないでしょう。
ここが正念場です。頑張ってください!


SP4位は庄司理沙選手!ずっと見てみたかった選手です。
Risa SHOJI - All-Japan championship 2010 SP


3S-3Tを綺麗に決めました!その後もミスなく演技を終えました。
スピンやスケーティングはこれからだなぁという印象でしたが
今後の活躍が期待できそうな選手ですね。
b0122046_12391857.jpg

マスコミは彼女の演技を「妖艶」であると得意げに言いますが
私はジュニアらしい年相応の表現だったと思いました。
確かに庄司選手は大人っぽい顔立ちですが、所作や演技の端々にまだジュニアな部分が残っていました。
(というか、まだジュニアですし、当たり前ですよね)
彼女の才能を潰さないためにも、マスコミはうるさく言わないでほしいですね。あんまり触らないでください(笑)
FSでは伸び伸び演技してほしいですね。


SP7位となった鈴木明子選手。
Akiko SUZUKI - All-Japan championship 2010 SP


ジャンプにミスが出たので、またPCS下げられたか~と思ったら、技術点が出ていませんでした。
ミスと言っても転倒ではありません。回転不足にも見えませんでした。
b0122046_12503489.jpg

3-3がなかったとはいえ、この順位にいるのは納得できません。
何かレベルの取りこぼしでもあったのでしょうか・・
インタビューがなかったが気がかりですが、あまり気を落とさずにFSに臨んでほしいです。


そして、昨日の放送で一番(浅田選手は除きます(笑))心を奪われたのは大庭雅選手でした。
Miyabi OBA - All-Japan championship 2010 SP


ジャンプ構成は庄司選手と同じ3S-3T、3Lo、2Aだったと思いますが
彼女のジャンプはとにかく助走が短い!跳ぶタイミングが早く、びっくりしました。
高さは及びませんが、伊藤みどりさんのジャンプを見ているようでした。
b0122046_12591796.jpg

大庭選手は10歳まで体操をやっていたそうで、体幹がしっかりしているのもそのためのようです。
いや~こんな気持ちになったのは久しぶりです。
FSでも良い演技ができるよう頑張ってほしいです。


さて、昨日の放送、フジテレビ的には至ってまともでしたね。
一昨日の男子SPの放送は何だったの?ってくらい。
相当の苦情が入ったのでしょう。天井カメラもほぼ使われていませんでした。
なぜ男子SPでこの放送ができなかったのか。やり直してほしいくらいです。
才能ある若い選手は男子にもたくさんいるんですから。


今夜はいよいよ女子FSです。
by chi-chan0322 | 2010-12-26 13:08 | フィギュアスケート
<< 全日本選手権 男子FS結果 全日本選手権 男子SP結果 >>