ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
「元ネタが2ちゃんねる」に絶句。
今回はすんごく呆れた話。

2011年1月1日付の日刊スポーツ記者コラム「これだけは言っておきたい」 八反 誠
「もっと聞きたい選手の“生声”」

という記事がスケートファンの間(主に2ちゃんねらー)で話題になっているようです。
乗り遅れた感はありますが、私もこの話題に乗っかってみます。
b0122046_1225384.jpg





まずは八反 誠というスポーツ記者の記事

2011年1月1日付の日刊スポーツ記者コラム「これだけは言っておきたい」 八反 誠
「もっと聞きたい選手の“生声”」


最近はスポーツ選手の多くが事務所に所属している。11月、フィギュアスケートの浅田真央選手を中部国際空港で待った。
『不振の浅田選手』を見つけ社名を名乗り話が聞きたいと切り出した。すると隣の小塚崇彦選手に申し訳なさそうに遮られた。
「事務所から(しゃべるのは)駄目だと言われてますんで・・・」。浅田選手は立ち尽くす私に気を使ったのだろう。
「頑張ってきま~す!」とニコニコ笑った。立ち入り禁止のロッカールームではない。空港は公共の場だ。

もちろん、しゃべってほしいが「しゃべりたくありません」でもいい。我々はどんな時でも機会をうかがい、問いかける。
一方で、選手の側はそれに必ず答える義務はない。確かに直撃される側は気が重いだろうが、
我々はその瞬間に、活路を探ってチャレンジし続ける。

わずかなチャンス、わずかなタイミングで、どう思っているのか?何を考えているのか?と食ら
いつき、時に対話に持ち込み、肉声を取るのが記者の仕事だと思う。生の言葉を材料に情報を伝えたい。
私たちは、その瞬間のためにいる。

超一流の小塚選手に付き人のようなことはしてほしくない。「事務所」という便利な逃げ口上で切り抜けないでほしい。
生身の人間同士として向き合うことになった時、その時には何でもいい、自らの思いを発してもらいたい。
浅田選手は自分の頭で考えて発言できる選手だ。何度か取材した会見では、いつ、どんな時でもこち
らの質問に必死で答えてくれた。だからあえて書く。

やりきれなさと、憤りを感じた。取材って、記事って・・・。選手と向き合うことより事務所と仲良くして、
ご機嫌うかがいをすることなんだろうか?
マネジメント会社はどこも百戦錬磨だ。殺到する取材を交通整理し、競技に集中できる環境を整える。
選手にとって最高のパートナーなのは間違いない。それを否定しない。
私たち記者も日ごろから世話になっている。

ただ、現場に出ている人間として、もっと選手個々と向き合いたい。事務所でなく、
あなたはどう思っているのですか?と。私は、ここに書いた通りに、こう思っています―。



こんな記事を書いて「かわいそうに~」とでも言ってもらえると思ったんでしょうか?
この2人の対応のどこに問題があると言うのか?
芸能人や政治家のノーコメントはOKで、アマチュアのスポーツ選手がダメだなんてどういう理屈?
ってか、答える義務はないのにわざわざ「申し訳なさそうに」断るのはダメってすごく矛盾してない?
こんなんでお金もらってるなんて・・

でもこの記事以上に呆れたのはこれ。
『小塚△』浅田選手をスポーツ新聞記者から守った小塚選手に称賛の声――取材対象に断られた記者は何を書くべきか
(『△』は『さんかっけー』と読み、『小塚さんかっけー(小塚さんカッケー)』と言う風になります。)


『小塚△』浅田選手をスポーツ新聞記者から守った小塚選手に称賛の声――取材対象に断られた記者は何を書くべきか

男子フィギュアスケートの小塚崇彦選手の人気がネット上でうなぎ登りです。

事の発端は、2011年1月1日付けの日刊スポーツ記者コラム「これだけは言っておきたい」(八反誠)「もっと聞きたい選手の“生声”」。

コラムには次のように書かれていた。

「『不振の浅田選手』を見つけ社名を名乗り話が聞きたいと切り出した。すると隣の小塚崇彦選手に申し訳なさそうに遮られた。「事務所から(しゃべるのは)駄目だと言われてますんで・・・」(一部抜粋)」

どうやら八反誠さんは、昨年11月、不信の浅田真央選手を空港で直撃したものの、隣にいた小塚崇彦選手に遮られたようだ。

八反誠さんは続けて、以下のようにつづっている。

「超一流の小塚選手に付き人のようなことはしてほしくない。「事務所」という便利な逃げ口上で切り抜けないでほしい。 生身の人間同士として向き合うことになった時、その時には何でもいい、自らの思いを発してもらいたい。(一部抜粋)」

事務所と選手の関係について警鐘を鳴らしている。ご興味ある方は参考リンクからご覧いただきたい。一部だけ引用して叩いたと思われるのは筆者の本意ではない。

上記のコラムに、ネット上で話題が集まっている。ブログ記事「ネトウヨにゅーす。 : 浅田真央にインタビューしようとした記者、小塚に阻まれキレる」によると、その反応の大半は、小塚崇彦選手の支持と八反誠さんへの批判だった。

「小塚いいやつだな」

「小塚は申し訳なさそうに遮ったのか。良い奴過ぎるな」

「めんどくせえ野郎だ。そんなんだからマスコミはネットに負けるんだよ」

「「しゃべりたくありません」と言ったら「浅田はワガママ」とか書いて叩くんだろマスゴミ」

「記者ってこえーな。俺には愛想良くしろ、しないなら悪口書くぞってか。単なる脅しだろ」

「この記者が愚痴ってる意味がわからん。凄い普通の対応だよな、小塚も真央も。」

ネットの世論を見る感じでは、八反誠さんに分が悪いようだ。

■八反誠さんは本当にうざいのか?
ネットの反応では、ウザイという評価が下されていた八反誠さんだが、私はそうは思わない。あんまりうざくないと思う。

本当にウザイ記者なら、小塚さんから「事務所から(しゃべるのは)駄目だと言われてますんで…」と断られた後に、「あんた事務所のコマなのか? 人間じゃないのか。しゃべって自分の意見を世間に伝えたほうが、気持ちが軽くなるんじゃないのか」などとしがみついて質問するだろう。もっともっと取材対象から嫌われるだろう。コラムに事務所の名前を挙げて糾弾するだろう。

それをしない八反誠さんは、行儀が良いのではないだろうか。

別の話だが、総理大臣のぶら下がりの会見で、総理大臣が会見を終えて立ち去る後姿に、質問を浴びせる記者がいる。この質問の意図は、「質問に答えなかった」「質問を無視して立ち去った」という記事を書くことにある。

八反さんも背中から質問を浴びせる記者も、私は似ていると思う。断られたことを飯の種にしているからだ。

これらの類の記者が悪いといいたいわけではない。ありふれた無個性な記者だとおもう。パワーバランスの中で、上手く取材対象と距離を保ちご機嫌をうかがう、行儀のよい記者だろう。

そのパワーバランスの中で生きているならば、選手の所属する事務所を批判しても、さほど鋭さがないのは明らかだ。だったら書かないほうがいいだろう。

もろもろ事情を知らない中で書いている。細かな事情を知らない一読者の声として伝えておきたい。

選手との距離を縮めたいならば、もろもろいいたいことを飲みこんで小塚選手を褒める記事を書くべきだったのかもしれない。小塚選手が浅田選手を守ろうとしたことは美談に間違いないだろうからだ。

小塚選手はどんな理由を口にしたにしろ浅田選手を取材から守りたかったのだろう。そうとる方が自然だ。ならば小塚選手の気遣いを褒めておいたほうがいい。選手と記者の距離を縮めるのは、そういう内容の記事ではないだろうか。

(メガネ王@非モテタイムズ編集長)



笑っちゃいましたよ、何だこれ。
2ちゃんねるの話題を記事にするなんて。「所詮はトイレの落書き」と言われる掲示板なのに。
確かに2ちゃんねるには様々な分野の有識者や価値観を持ったたくさんの人が集まる「情報の坩堝」には違いありません。
ですが、信憑性のない情報も多く、見極めが重要になります。

今回の記事のくだらないところは、八反という記者の記事についてあーでもないこーでもないと雑談しているだけのスレッドのうち
小塚崇彦選手を褒めるコメントのみを書きだし、結局は八反という記者を擁護していること。

私も八反という記者の記事に関するスレッドをざっと読みましたが
確かに小塚選手を称えるコメントがほとんどですし、浅田真央選手の対応も十分だと意見がほとんどでした。
ですが一方で、
「浅田は小塚に付き人させてるのか。何様のつもりだ!」
「浅田は自分でしゃべれないのか。頭悪いんだな。」
「この2人は付き合ってるんだ?」
「小塚は調子に乗っているな。」
こういう意見もあったのです。この事については記事にされていません。どういうことでしょう?
八反という記者の記事に対する反応をネタにまた記事を書くのであれば、
当然、こういう意見も事実として取り入れるべきではないでしょうか?

私はこの八反という記者の狙いがそこにあるのではないか、と(あくまで)邪推しています。
確かに存在するアンチ浅田選手、アンチ小塚選手と、浅田選手のファン、小塚選手のファンを刺激し
その反応をほくそ笑んでみている気がするのです。
もちろん、2ちゃんねるだけでなく、浅田選手や小塚選手を好まない人が
『超一流の小塚選手に付き人のようなことはしてほしくない。』
『浅田選手は自分の頭で考えて発言できる選手だ。』(だから自分で話せるだろ)
という文句を見れば、先のような考えに至るのは当たり前でしょう。

ただ、今回については圧倒的に「まとも」な意見が多く、八反という記者の浅はかさだけが目立つ結果となりましたね。
だってこんなの、スケートファンじゃなくたって『バカじゃないの?』と思うレベルです。
こんな風にブログに書いてこの記事を広めるのもどうかなぁと思いましたが、
特に偏向報道の多いフィギュアスケートに関してこんなくだらない記事を書くとは(笑)という気分でつい書いてしまいました。

あ、ちなみにこの八反という記者の記事、フランス杯に行く前の出来事なので
怒って書いたのなら11月中に記事にできたはずなんですよね。
これは単なる憶測ですが
もしかしてこの記者、小塚選手のこと知らなかったんじゃないですかね。
だってもともとはサッカーのJ1記者だそうですし・・
by chi-chan0322 | 2011-01-06 13:04 | フィギュアスケート
<< 浅田真央 振り袖姿を披露&名古... ほのぼのフィギュアスケート軍団 >>