ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
YOMIURI ONLINE/読売新聞 真央を撮り続けて
今日は課長がお休みということで、会社のPCで(笑)浅田真央選手の画像巡りをしていたら
浅田舞・真央選手の公式サイトの写真ページが更新されていました!
待ってました~運営者の方、ありがとうございます!!(涙)

そんな中、このようなネット記事を発見。
最新の真央選手の写真と一緒に紹介したいと思います。

YOMIURI ONLINE 真央を撮り続けて…
b0122046_1039433.jpg





真央を撮り続けて…
スポーツ写真家 中村康一さん 40
「人とのつながりが、最高の財産です」


フィギュアスケート大会の一日は、長い。昨年末の全日本選手権では、
早朝練習から夜遅い表彰式までシャッターを押し続け、1万3000カットを撮影した。

 「選手が気に入る写真を撮りたい」

 撮影の視点は、報道カメラマンと少し違う。笑顔やガッツポーズだけではない。
追い求めるのは、選手の成長の跡や、確かな技術を切り取った一枚だ。
b0122046_10412423.jpg
 
 中学、高校時代を過ごした名古屋を拠点に活動する。フィギュア好きだった両親の影響で、
人気スポーツではなかった時代から会場に足を運んだ。

 昨年のバンクーバー五輪で銀メダルに輝いた浅田真央さん(中京大)らが脚光を浴びる以前は、
大きな大会でも観客は少なく、写真撮影も自由だった。カメラを持ち込み、撮った写真を選手に贈るのが、
熱心なファンの姿だった。

 十数年前まで、自身もそんなフィギュアファンの一人だった。転機は1999年に、ふと訪れた。

 友人と、のちに五輪メダリストとなったイリーナ・スルツカヤさん(ロシア)のファンサイトを開いた。
彼女のスタッフが気に入り、「公式サイトにしないか」と、声をかけてきた。
リンクサイドでの撮影が許され、知り合いになったカメラマンを手伝いながら自らも写真を撮り、
収入を得るようになった。現在、浅田さんらの公式サイトのカメラマンも務める。
b0122046_10421457.jpg

 「この滑り方は本当に難しいんです。ありがとう」

 小学生時代の浅田さんから聞いた言葉が、今も忘れられない。
高度なテクニックを確実にとらえた写真の価値を、幼いながらも理解してくれたのだ。
仕事への自信を深めるとともに、「この子はすごい選手になる」と感じた瞬間だった。

 小さな地方大会から大きな国際大会まで、世界中を駆け回る。
「すべての選手の戦いを残したい」。レンズを通し、フィギュアスケート王国を支えている。
b0122046_10452338.jpg

(宮島出)

(2011年1月23日 読売新聞)


私が知らなかっただけだと思いますが(汗)、この中村康一さんと言う方が、
浅田舞・真央公式サイトの写真を提供して下さっている方なんですね。

小学生時代からずっと真央選手を撮り続けてきたということで、
もしかしたら他の誰よりも真央選手の才能と努力を知っているのかもしれません。

私は今の生活状況では、現地に行って応援したり、ショーを見に行ったりできないので
中村さんのように、「成長」や「技術の進歩」を捉えた一瞬を残してくださることほど、ありがたいことはありません。
これからも素敵な写真、楽しみにしています。
b0122046_10441773.jpg


昨季以前の写真はこちらのサイトで見られます。是非一度ご覧になってください。
【浅田舞・真央公式サイト】Brilliance On Ice - Photos


<関連記事>
NHK サンデースポーツ 小塚崇彦~サラブレッドの宿命~ にて、思わぬ吉報
日経新聞 真央「いい滑り出し」
岩崎夏海さんのコラム 『なぜ浅田真央はぼくの胸を打つのか』
by chi-chan0322 | 2011-01-25 10:47 | フィギュアスケート
<< 【動画紹介】浅田真央の演技を見... NHK サンデースポーツ 小塚... >>