ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
【動画紹介】世界選手権連覇へ '真央スマイル'をもう一度
とらももさん、こんにちは!
フィリップ・キャンデロロ氏の来日、とても嬉しいニュースですね♪
きっと浅田真央選手を励ましてくれると思います。

<トラックバック記事>
MURMUR 別館 ロロパパ、世界選手権での来日決定!&心配なニュース

世界選手権が約1ヶ月ほどに迫った今、
やはり銀河点女王ことキム・ヨナ選手の動向を気にせざるを得ませんね・・。

ですが、本題に入る前に、こちらの動画を紹介したいと思います。
b0122046_1355270.jpg





世界選手権連覇へ '真央スマイル'をもう一度 mao ASADA


何だか、銀河点女王の話題に真央選手の動画を絡めるのは気が引けたのですが・・(汗)

とてもいい特集だったと思います。さすが東海テレビです。
シーズン初旬からの真央選手の発言も興味深いです。
b0122046_1375838.jpg

昨年の春頃だと思います。ここだけ切り取ってしまうと誤解を招きそうですが、
真央選手の目指すところはいつも「完璧な演技」です。
全日本選手権後は2連覇もしたいが、まずは良い演技をしたいと述べていますから、
この発言もきっと、良い演技をすること、そして優勝することが目標、ということだと思います。
b0122046_13181041.jpg

これは6月頃でしょうか?(スターズ・オン・アイスの頃かと・・)
「一番の頑張りどころ」と話しながらも、スケートがもっと上手になれるという期待感に
自然と笑みがこぼれたような印象を受けました。
本当に練習好き、というか、スケートが好きという気持ちが伝わってきます。

また、この特集での荒川さんの発言もとても良かったと思いました。
b0122046_13254273.jpg

その通りなのです。
荒川さんのおっしゃる通り、会心の出来ではなかったし、これが全てではないのです。
ですが、この荒川さんのこの発言は、マイナスなイメージではなく、
まだまだ良くなるという期待感が込められているように感じました。
(そのように編集されていたと思います)
全国ネットの特集ではこうした発言をほとんど取り上げないどころか、
悪意ある編集をされてしまうことすらありますよね。
b0122046_13303472.jpg

こうして振り返ってみると、本当に全日本で良い結果を残せて良かったと思いました。
とある新聞記事では、真央選手の口から深刻なことが語られていたそうですし、
真央選手自身、一度乗り越えればどんどん進めるタイプだと思うので、
本当によかったなぁと、しみじみ思います。


さて、一方の銀河点女王ことキム・ヨナ選手ですが
ぶっちゃけた話、今季で引退するというのなら、もう好きにやったらいいと思います。
(ここからはかなり身勝手な話になりますが、お許しください)
もちろん、日々努力している選手のみなさんには大変失礼ですし、気の毒な話ですが・・
そう思わないとやってられません。

とらももさんが紹介しているOSENの記事を読んで、「キム・ヨナってやっぱすごい」と思うスケートファンがいるでしょうか?
私はいないと思います。
いるとすれば、それは報道を鵜呑みにして、きちんとスケートを見ていない人です。
ですが、そんな人やマスゴミには言わせておけばいいのです。

また、とらももさんのおっしゃるこの部分、

東京開催のワールドで「アリラン」をモチーフにした曲を使いぶっちぎりで優勝すれば、彼女は韓国において伝説のスケーターになれます。更に「今季初戦なのに、シーズンを戦って演技を磨いてきた選手を蹴散らしての優勝」というハクもつくでしょう。

勝手になったらいいんです。伝説のスケーターとやらに。
しかし、それは韓国国内での話。決して世界の、本物の伝説のスケーターにはなれません。
プライドの高いお国柄ですから、そんなんじゃ満足できないことでしょう。

私はキム・ヨナ選手がGPSをスキップし、世界選手権のみに出場するとなったときから
ISUもバカじゃなければ昨年の世界選手権のようなマネはしないだろうと考えていました。
(バカなら話は別ですが)

だいたいフィギュアスケートのプログラムというのは滑り込むことで素晴らしくなっていくものです。
それはジャッジを含め、観る側も同じだと思います。何度も観ることでそのプログラムの良さを理解する。
普通に考えて、これだけ不利な状況で勝つとしたら、
誰にも文句を言わせない技術と高い芸術性を見せつけるしかありません。

果たして、今の彼女にそれができるでしょうか?
できずに勝ったとすれば、不正だと疑われ、今度こそ追求されることでしょう。
できたなら素直に賞賛します。といってもこれまでの所業を許すわけではありませんが。

確かにキム・ヨナ選手の世界選手権出場は楽観的に考えることはできません。
ですが、どうでしょう?
真央選手だけでなく、世界中のどの選手も、「打倒キム・ヨナ」なんて1ミリも考えていないし、そもそも眼中にないでしょう。
私たちファンも、そういうスタンスで良いのではないでしょうか。
もちろん、スポーツですから勝ち負けも大事なこと。
でも今は、真央選手をはじめ、たくさんの素晴らしい選手が全力で競い合う姿を楽しみに待ちたいと私は思います。
何だかまとまりのない記事(いや、いつものことですね(汗))になってしましたが、これで終わりにしたいと思います。

<おまけ>
b0122046_1343124.jpg

おそらくキム・ヨナ選手の最新CMです。少しは痩せましたかね?(笑)
いつ撮影したか知りませんが、随分余裕ですねー(棒)


<関連記事>
全米選手権 衝撃の結末 四大陸・世界選手権の代表選手が決定
ヨーロッパ選手権 激闘と感動 みんなおめでとう!!
【動画紹介】浅田真央の演技を見守る観客の反応集
もう、キムヨナなんぞどうでもよくなってきた
「フィギュアクイーン」って誰の事? キムヨナ 新プログラム発表
by chi-chan0322 | 2011-02-12 14:53 | フィギュアスケート
<< 四大陸選手権 安藤美姫選手、小... 岩崎夏海さんのコラム 『なぜ浅... >>