ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
安藤美姫選手のジャンプ構成について(ぼんやり)考察してみる
b0122046_2031756.jpg
昨日は四大陸選手権を終えた日本選手が
続々と帰国しましたね。
私も一息ついて平常運転に戻りたいところですが(笑)、
こちらのネットニュースを見て、
安藤美姫選手の今季のジャンプ構成について
少し考えてみようと思いました。

スポーツナビ 美姫 女王復権へ3回転‐3回転を解禁





安藤選手が世界選手権で「3Lz-3Loを入れる」ことについて、
ちょっとした懸念があります。
(大きなお世話・心配しすぎ、だとは思いますが、ご容赦ください)
それは単純に言うと、試合で回避してきたジャンプを
急に跳ぶことはできないのではないか?ということです。

まずは、今季の安藤選手のジャンプ構成はどうだったのか?どう認定されてきたのか?
詳しく見ていきたいと思います。

今季のGPSから四大陸選手権までのSP、FSのジャンプ構成をまとめてみました。
間違いがあったらご指摘ください。よろしくお願いします。
(こんなの仕事中に作っていいのか~(笑))
b0122046_2032140.jpg


どうやら私は勘違いをしていたようで、3Lz-3LoはSPに入れる予定なんですね。FSにも入れるのだと思ってました(汗)
さて、こうして見ると本当にFSのジャンプは安定していますね。GPFから2A-3Tも入るようになっています。

問題はSPです。3Lz-3Lo(3Lz-2Lo)を中心に振り返ってみます。

【中国杯】
見た目は非常にクリーンな3Lz-3Loを跳んだものの、中間点となり、認定されませんでした。
【ロシア杯】
事前の練習で他選手と接触し、腰を負傷したため、3Lz-3Loを回避しましたが、3Fが中間点となりました。
【GPF】
3Lz-3Loを跳びましたが、やや着氷が乱れ、続く3Fでは転倒してしまいました。
【全日本選手権】
3Lz-3Loを回避、回転不足になりやすい3Fを3Loに変更してきました。
【四大陸選手権】
全日本と同じ構成。流れもよく、高いGOE加点を獲得しました。

うーん、自分で書いといて何なんですが、
「試合で回避してきたジャンプを急に跳ぶことはできないのではないか?」
という自分の掲げた疑問について、よくわからなくなってきました・・(汗)
というのも、今季安藤選手はずっと3Lz-3Loを入れる予定だったのではないか?と思うからです。

中間点ルール導入により、モロゾフコーチの方針も変わったのかもしれませんが
完成度の高い演技を評価するジャッジの方針が変わったわけではないし、
JapanOpenでも安定したジャンプを跳んでいた安藤選手は3-3がなくても上位に入ることは十分可能でした。
それでも中国杯ではチャレンジしてきた。中間点だったものの、跳んで良かったと思ったはずです。
b0122046_2052894.jpg

でも、腰の負傷というアクシデントで、ロシア杯では断念せざるを得なくなり、
GPFで再挑戦するもののうまく行かず、最終結果も良くなかった。
そして、全日本では世界選手権に向けて確実に勝たなければならなかった。
四大陸では体調不良により、無理はできなかった。
何というか、技術の問題というより、運に恵まれなかったように思えてしまう私です・・

と、気を取り直して(汗)
ずっと守りに入っていた昨季に比べ、GPS初戦から3Lz-3Loを入れてきたのは大きなことだと思いました。
全日本や、今回の四大陸で入れてこなかったのは少し残念でしたが、
今季の安藤選手は、完成度で勝負しようとした(結局は評価されなかった)昨季と違うことは明らかです。
昨日の記者会見で意気込んだ通りになることを期待したいです。


少し話が変わりますが、男子の4回転ジャンプについて考えると成功確率は非常に低く、
試合で跳び続ければその確率が上がるような単純なことでもないように思います。
練習で跳べても本番で跳べない、練習がダメでも本番で跳べてしまうということが非常に多い。
b0122046_21114881.jpg

そして、安藤選手もこれまで、かつての4Sや今回の話題である3Lz-3Loを
本番でポンッと跳べてしまうことが多かったと記憶しています。
ですから、練習でできているのであれば、これまで回避してきた技でも
ぶっつけ本番でできる可能性は十分にあります。
(逆に浅田真央選手のように、試合ごとに成功確率が上がっていく選手の方が珍しいかもしれませんね)

だんだんまとまらなくなってきました(汗)
検証してみても結局何もわかりませんでしたが(笑)、
私は、全日本や四大陸で3Lz-3Loを回避したことを悲観的に考えているわけではありません。

完成度での勝負も戦略としては有効ですし、安藤選手のジャンプ構成は決して易しくはありません。
でも、せっかく(現シニアで)誰にもできない技を持っているのだから、それを披露し、その上で勝つべきだと思うのです。
まぁ、結局は、安藤選手の3Lz-3Loを見たい。そして、成功してほしい。それだけです(笑)


世界選手権まであと1ヶ月。「挑戦する」安藤選手を期待しています。


最後に、この検証をやってみて、真央選手についてもやってみたくなりました(笑)
時間ができたらやってみようと思います。
全くまとまらない内容で申し訳ありませんでした<(_ _)>


<関連記事>
四大陸選手権 女子FS結果 安藤美姫選手優勝おめでとう!!
四大陸選手権 女子SP結果
全日本選手権 女子FS結果(12/27 動画追加)
全日本選手権 女子SP結果
グランプリファイナル 女子FS結果
グランプリファイナル 女子SP結果
ロシア杯 女子FS結果
ロシア杯 女子SP結果
中国杯 男女FS結果
中国杯 男女SP結果
by chi-chan0322 | 2011-02-22 21:51 | フィギュアスケート
<< 【動画紹介】浅田真央 バンクー... 【動画紹介】浅田真央 四大陸と... >>