ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
世界選手権 田村明子さんによる、J SPORTSコラム
世界選手権まであと数日!!(と、何日言い続けてきたことか(汗))
しかしながら選手の最新情報が全然入ってこず、気も漫ろといった感じです。
(というか、ブログネタが無くて困るってだけなんですが(笑))
今回は、田村明子さんによる、世界選手権についてのJ SPORTSサイトのコラムを紹介したいと思います。

以下は、世界選手権に出場予定の選手です。(コラムの中で名前が出てくる選手)
b0122046_12594022.jpg




J SPORTSコラム 【フィギュア通信】 モスクワ世界選手権プレビュー<男子>

 4月25日から、3月に東京で開催される予定だった世界選手権がモスクワにて開催される。
このたび東日本を襲った大震災により、やむなく開催地と開催時期を変えることになった。
だが開催運営の段取りがどうなるのか、また選手たちがどのようなコンディションで試合に来るのか、
今回の状況は前代未聞のことなので予測するのが難しい。そんな中で、4月15日、カナダのパトリック・チャンの
電話での公式記者会見が行われた。

「東京世界選手権に向けていたトレーニングを、再び新たな日程に合わせて調整しなおさなくてはならなかった。
普段ならもうオフシーズンの時期だけれど、一ヶ月余分にトレーニングできた分、より強くなれたと思う」と前向きに語った。

 2年連続、世界銀メダルを獲得し、今季GPファイナルのタイトルも手にしたチャンは優勝候補の一人だが、
あくまで立場はチャレンジャー。世界タイトルを保するのは高橋大輔である。「このたびの状況で、日本の選手は、
きっとこれまで以上にモチベーションを上げて試合に挑んでくるだろうと思う」とコメント。SPで1回、フリーで2回、
4回転に挑むと宣言した。

 本来、東京ではチャンと日本男子3人との激しいメダル戦いが予想されていた。だがこの一ヶ月をどのように
各選手が過ごしてきたのかによって、試合結果は大きく左右する。特に日本の選手にとっては、
たとえ被災はしなくても精神的にも影響は少なくなかったはずである。

 また開催地がヨーロッパに移ったことで、ブライアン・ジュベール、トマーシュ・ベルネル、フロラン・アモディオ、
そしてロシアのアルトゥール・ガチンスキーなどといったヨーロッパ勢が普段以上に力を発揮する可能性もある。
最後までどうなるのか目が離せない、男子の戦いになるだろう。

田村 明子 04月19日14:58


J SPORTSコラム 【フィギュア通信】 モスクワ世界選手権プレビュー<女子>

 今大会の最大の注目は、一年ぶりに試合に復帰してくるキム・ヨナが果たしてどのようなコンディションで
登場するのかということだろう。過去12ヶ月、ショーに出演した以外は公共の場にほとんど気配すら
見せなかったキムだが、同じリンクでトレーニングしていた選手からは「相変わらず、男子並みの
3回転ジャンプを跳んでいた。彼女が跳ぶとあまりにも楽々と跳ぶのでまるで2回転のように見える」
という話も耳にした。

 だがどれほど強いベテランの選手にも、ある程度の試合慣れが必要で、事前に小さな試合に出て
少しずつ試合勘を取り戻していくのが通常だ。まったく準備をせずにいきなり世界選手権に挑む彼女が、
本番でどのような演技を見せるか興味深い。

 今季、佐藤信夫コーチと新スタートをきった浅田真央にとっては、開催時期が遅れたことはおそらく有利に
働くのではないだろうか。身辺が落ち着かなかったとはいえ、練習熱心な彼女は集中力を欠くことなく日々の
トレーニングにはげんでいたはずである。新コーチの指導で技術修正に専念し、一試合ずつ着実に上り坂で来た
彼女にとっての余分な一ヶ月は、大きかったのではないだろうか。

 その一方で、今季ずっと安定したコンディションを見せてきた安藤美姫にとっては、本来ならオフシーズンに
入っていたこの時期まで同じ状態を保つことは新たなチャレンジであっただろう。若手の村上佳菜子にとっては、
今季はチャレンジの年で失うものは何もなく、また経験豊かな山田満知子コーチがついている。彼女本来の
伸び伸びした演技を見せることができれば、初の世界選手権でどこまで順位が伸びるのか楽しみだ。

この4人以外でメダル争いに加わる可能性があるのは、米国のアリサ・シスニー、イタリアのカロリナ・コストナー
などだろう。いずれも才能は豊かながら、好不調のある選手なので、この状況下でどこまで実力を発揮するかは
試合を見てみるまでわからない。

田村 明子 04月22日10:41



漫画以外ほとんど本を読まない私でも(笑)、田村明子さんの名は知っています。
フィギュアファンの間では有名なライターの方で、よく名前を耳にするからです。
ただ、私はこの方の著書は全く読んだことがありませんので、それを踏まえてこのコラムを読みました。

男子についてはほとんどパトリック・チャン選手の話題で占められていますね。
確かに、昨季まで4回転ジャンプを跳んでいなかったチャン選手が今季、
3Aよりずっと安定した確率で、さらに美しい4回転を習得してきたことは驚きました。
高橋大輔選手以外の日本選手の名が出てこないのは何だかなぁといった感じですが、
やはりチャン選手と高橋選手の対決に期待がかかるでしょう。
b0122046_1695313.jpg

また、トマシュ・ベルネル選手のように、シーズン後半になって4回転を取り入れる選手も増えてきています。
コラム内で名前が挙がっている選手でいうと、フローラン・アモディオ選手以外は全員4回転持ちです。
中でも、チャン選手、ブライアン・ジュベール選手、アルトゥール・ガチンスキーはSP・FS両方で予定しているでしょう。
ジャッジの方針とは裏腹に、男子は攻める選手が多く、見ている側も熱くなりますね。
個人的にはがチンスキー選手の演技(特にSP(笑))が楽しみです。

女子についてはやはりキム・ヨナ選手の名ははずせないようです。
まぁ、色んな意味で今季注目されるのは仕方ないと思いますが、田村さんが仰る通り、
世界選手権はそんなに甘い試合ではないので、出場するからには心してほしいです。
それと、「相変わらず、男子並みの3回転ジャンプを跳んでいた。」とのことですが、
一切映像や写真が出てこないんですよね。探し方が悪いんでしょうかねぇ。
b0122046_1695964.jpg

ちなみに、キム選手は今日ロシアに出発するという情報がありましたが、他の選手はどうなってるんでしょうか・・
安藤選手はツイッターでロシアにいるとつぶやいていました。
公式練習は24日からのはずなので、そろそろ渡航のニュースが入っても良いと思うんですが(>_<)

本当に待ち遠しくて首が長くなってしまいそうです(笑)


<関連記事>
世界選手権に向けての復習④~日本女子FS編~
世界選手権に向けての復習③~日本男子FS編~
世界選手権に向けての復習②~日本女子SP編~
世界選手権に向けての復習①~日本男子SP編~
世界選手権 昨季の女子FS上位3名を振り返ってみる~マジメに分析~※4/9修正
世界選手権 モスクワで代替開催決定!!
by chi-chan0322 | 2011-04-22 16:15 | フィギュアスケート
<< 世界選手権 男子シングル 予選滑走順 世界選手権に向けての復習④~日... >>