ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
世界選手権 男子シングル FS結果
世界選手権 男子シングルが終了しました。昨日のSP以上に波乱の展開となりました。
昨日書いた世界選手権 パトリック・チャン選手とキム・ヨナ選手は似て非なる存在。
採点傾向について偉そうに語っていましたが、早くも私の考えは揺らいでしまいそうです・・

FS・総合1位はパトリック・チャン選手。280.98という凄まじい得点をたたき出しました。
FS・総合2位は小塚崇彦選手!世界選手権で初メダル獲得です!おめでとうございます!!
FS・総合3位はアルトゥール・ガチンスキー選手!17歳とは思えない貫禄の演技でした!!

ニュース記事
世界フィギュア 小塚「銀」 優勝はチャン、高橋連覇逃す
b0122046_042536.jpg





採点や順位、ジャッジスコアについてはこちら。
ISU World Figure Skating Championships 2011
世界選手権2011 男子シングル FSジャッジスコア

最終結果とFSの結果は以下の通り。
b0122046_071523.jpg

b0122046_071957.jpg
b0122046_072270.jpg

b0122046_072553.jpg


今回もSPと同様にFS上位5名と日本代表選手のスコアについて見ていきます。
また、フジテレビの放送を1度見ただけの感想になりますので、ご理解ください。
動画UP主様に感謝します。

しかしながら、まだ頭の中が混乱しています。
「でも」や「しかし」を連発したり、矛盾した内容になりそうです・・

FS・総合1位はパトリック・チャン選手。
ISU Mosca 2011 -19/27- MEN FP - Patrick CHAN 28/04/2011
http://www.youtube.com/watch?v=j70CFCmOBPE

b0122046_014476.jpg

冒頭4Tの着氷が乱れたかな?と思ったのですが、1点以上のGOE加点がついてますね。
続く4T-3TはSP同様とても美しく、完璧な出来栄えでした。
後半の3Aで着氷が乱れてから後半少し疲れが見えたように感じ、精彩に欠いていたように思います。
b0122046_0141428.jpg

初めに書いたとおり、世界選手権 パトリック・チャン選手とキム・ヨナ選手は似て非なる存在。の中で
チャン選手の技術の高さは確かであり、高いSSに基づいたPCSの評価を受けていること、
PCSは技術と連動していて、チャン選手のPCSはミスがなかったからこその点数とも書きました。
FSのPCSはSPより高めに付けられる傾向がありますが、彼のPCSは異常に思えます。
これに関しては後ほど詳しく書いてみたいと思います。
b0122046_0141072.jpg

また、どうしても納得できないのはコレオステップについたGOE加点です。
何度も言うようですが、コレオステップにはレベル判定はないため、ChSt1と表記され、基礎点は2.00です。
そして、その芸術性・表現力の高さをGOE加点として評価することになっています。
これを踏まえてチャン選手のコレオステップを見ると、GOE加点2.86というのは高すぎるように感じます。
なぜなら、激情的な曲調とチャン選手の冷静すぎる演技がマッチしていなかったと思うからです。
「技術あっての表現」採点が適用されているということでしょうか?
いずれにせよ、あの演技でFS1位というのは納得しがたいものがあります。


FS・総合2位は小塚崇彦選手!
ISU Mosca 2011 -23/27- MEN FP - Takahiko KOZUKA 28/04/2011
http://www.youtube.com/watch?v=cZMQdCEhFuc

b0122046_0142255.jpg

あれほどまでに完璧で心が震える演技を見たのは昨季の真央選手の世界選手権FS以来です。
本当に、一言では言い表せないほど、素晴らしい演技でした。
ジャンプのGOE加点の平均が1.00を越えています。スピンも全てレベル4です。
b0122046_014268.jpg

途中から涙で演技が見えないほどでした。本当に素晴らしかった。
直前の高橋大輔選手のアクシデントや織田信成選手のミスで落ち込んでいた私の心には強く響きました。
一切の乱れがないジャンプ、スピン、壮大な曲に合わせて加速していくステップ。
どれを取っても最高の演技だったと思います。
b0122046_0142971.jpg

佐藤信夫、久美子コーチもガッツポーズです!!
しかしながら、PCSがあまりに低すぎるのではないでしょうか。
小塚選手は、今回の出場選手の中ではチャン選手に次ぐ高いSSの持ち主です。
チャン選手と1点近くも差がつくほど、彼のSSが低かったというのでしょうか。どうも腑に落ちません。
と、文句ばかりになってしまいましたが、点数はどうあれ、納得の演技ができたのではないでしょうか。
初メダル本当におめでとうございます!


FS・総合3位はアルトゥール・ガチンスキー選手!
ISU Mosca 2011 -21/27- MEN FP - Artur GACHINSKI 28/04/2011
http://www.youtube.com/watch?v=_-lWdBV6YOg

b0122046_0144021.jpg

ミスの少ない演技で見事3位を射止めました!
17歳という若さで驚くべき冷静さと集中力を発揮したと思います。
冒頭4T見事着氷、続く3Aでオーバーターンになってしまいましたが、その後はほぼノーミスの演技でしたね。
前半にジャンプが集中していますが、これから体力をつけていけば
もっと基礎点の高いジャンプ構成になるのでしょう。
b0122046_0144220.jpg

このところ低迷気味だったロシア勢に強力な選手が現れましたね~
軸がぶれても絶対降りる!という姿勢はやはりエフゲニー・プルシェンコ選手を彷彿とさせます。
ステップの足さばきも悪くありませんし、今後に期待できそうです。
b0122046_0144523.jpg

今回の演技ですっかりガチンスキー選手にハマりそうです(笑)
終始クールかと思えば、キスクラで17歳らしい笑顔を見せたり、その魅力にやられっぱなしでした!
今後どんなプログラムに挑むのかとても楽しみです。


さて、上位3名まで書いたところで、今回の男子FSの技術点とPCSの上位3名の得点を比較してみました。
b0122046_1215475.jpg

上位2名に対して、3位のガチンスキー選手の技術点は10点以上も差があるんですね・・
ジャンプに関しては、基礎点ではやはりチャン選手が強力です。
しかしやや精彩に欠く部分があり、その点小塚選手は質の高いジャンプでGOE加点を稼いでいます。
スピンについてはGOE加点はチャン選手が高いものの、レベル4をそろえた小塚選手が合計は勝っています。
ステップだけはチャン選手が小塚選手を上回っています。先にも述べた通り、これには少し引っかかります。
しかしながら、芸術性を評価するとなれば好みや個人差は当然出てくる問題ですから、
私のような素人がとやかく言えることじゃないのでしょう。というか、私にはわかりかねます。
b0122046_1221918.jpg

そしてさらに問題なのはPCSです。一体どうしたらこの約10点もの差が縮まるのでしょうか。
完璧な演技をしたにもかかわらず、PCSにつながらない。
やはり「技術と演技内容を切り離して採点する」傾向は変わらないということでしょうか。
それとも、あの小塚選手の演技をもってしても、SSが低いがために負けてしまうのでしょうか。
昨日私が考えて考えて、納得した結論が覆されてしまうのでしょうか・・

これでいよいよもって女子もわからなくなってきました。
ISUの考えが少しわかりそうだと思った私が間違っていたようです。
今日1日では考えがまとまりそうにないので、色々な方の意見を参考にして、
自分なりの答えが出せたらまた記事を書こうと思います。


さ、気を取り直して。
FS4位・総合8位はブライアン・ジュベール選手!
ISU Mosca 2011 -13/27- MEN FP - Brian JOUBERT 28/04/2011
http://www.youtube.com/watch?v=WQf3HL3UAnw

b0122046_015410.jpg

冒頭の4Tは1番高いGOE加点を獲得しています!素晴らしい4Tでした!!
続く4T-3Tは単独3Tになってしまいましたが、冒頭4Tで満足できたのか、
最後は曲が終わる前に演技を終えていましたね。
とても嬉しそうな、それでいで何だか悲しそうなジュベール選手の表情が気になりました。
b0122046_0171114.jpg

おそらくスピン中にエッジで手を切ってしまい、かなり流血していました。
スピンのレベルが取れなかった原因かもしれません。
しかしながら、転倒もなく、ジャンプで大きく崩れることのない演技でシーズンを締めくくることができましたね。
ジュベール選手の完全復活の日はそう遠くはないかもしれません。


FS5位・総合4位はミハル・ブレジナ選手!
ISU Mosca 2011 -16/27- MEN FP - Michal BREZINA 28/04/2011
http://www.youtube.com/watch?v=fS4OjP-yBVs

b0122046_018989.jpg

な、何と!3A・4T・4Sとすごいジャンプの連続でした!しかもクリーンに決めています!!
後半は体力が持たず、3Lzと3Fで転倒してしまいましたが、
これは今後怖い選手になりそうですね・・
b0122046_0181934.jpg

(この写真はヨーロッパ選手権のときのものです。)
昨季の世界選手権とは違い、4回転ジャンプを入れた構成でこの順位につけたのは
ブレジナ選手にとって大きかったのではないでしょうか。
今季のFSは昨季の持ち越しでしたが、SPは日本に向けて和太鼓のプログラムにしてきたりと
とても好印象を持てる選手です。今後に期待したいと思います。


FS6位・総合5位は高橋大輔選手!
ISU Mosca 2011 -22/27- MEN FP - Daisuke TAKAHASHI 28/04/2011
http://www.youtube.com/watch?v=opWW2Jdu4kg

b0122046_019481.jpg

靴にエッジを止めるビスが緩む(外れる?)というアクシデントに遭い、一時騒然としましたが
修理してすぐにリンクに戻り、最後まで演じ切りました。
冒頭の4Tの後からの再開となり、結果4Tは跳べず1Tとなってしまい、さらに3Sで転倒もしましたが
本当に高橋選手の演技はいつもミスを忘れさせるほどの勢いと迫力がありますね。
今度は3Lzに謎のeがついていますが、今となっては些細なことに感じられます。
ステップのGOE加点には高橋選手のプライドが感じられます。よく最後まで演じ切ったと思います。
b0122046_0191443.jpg

それにしても、ビスの件は6分間練習で気づくことは不可能だったのでしょうか?
まぁ試合が終わっても言い訳などしないのでしょうが、本当に何とも言い難いトラブルでした。
しかしながら、嬉しい知らせもあります。
このままでは終われないと、現役続行を決めたようです!来季も高橋選手の演技が見られます!!
そうですよね、このままじゃ終われませんよ!怪我のないよう頑張ってほしいです。


最後に、FS9位・総合6位の織田信成選手!
ISU Mosca 2011 -20/27- MEN FP - Nobunari ODA 28/04/2011
http://www.youtube.com/watch?v=PiC0ek6FYNk

b0122046_0195159.jpg

またやってしまいましたね・・演技が終わるまで気づいていなかったそうです。
しかも強力な得点源である3Aからのコンビネーションがノーカウントになってしまいました。
コーチ陣のやってしまった!という顔が忘れられません。
b0122046_020356.jpg

チャン選手の後で非常にやりにくかったというのもあったと思いますが
冒頭の4T-3Tが3T-3Tになったとき、これはマズイと思った方は多かったのではないでしょうか。
そして予定通り3A-3Tを跳んでしまい、ザヤックルールによりノーカンとなりました。
もう言葉がありません。こう何度もルールにひっかかってしまうのは問題です。
来季のためにもきちんと対策を考えるべきでしょうね。
せっかくその後の演技がノーミスだったのに、本当にもったいないです。
ですが、6位に入賞できたので、来季の世界選手権出場枠を3つ獲得することができました!


男子シングル終了時点ですでに色々しこりの残る大会となってしまいましたが、
選手の皆さま、本当にお疲れさまでした。そして素晴らしい演技をありがとうございました。
4回転ジャンプに挑戦する選手が多く、挑戦者が好きな私にとって見ていて楽しい試合でした。

さて、明日はいよいよ女子シングルが始まります。
ドキドキです!


<関連記事>
世界選手権 パトリック・チャン選手とキム・ヨナ選手は似て非なる存在。
世界選手権 男子シングル SP結果※4/28動画追加・差し替え
世界選手権 田村明子さんによる、J SPORTSコラム
by chi-chan0322 | 2011-04-29 04:29 | フィギュアスケート
<< 世界選手権 男子シングルを終えて 世界選手権 女子シングル SP滑走順 >>