ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
2007-2008シーズンを考察してみる 女子シングル ~真央無双時代の終わり~
昨日は友人の結婚式で記事UPが遅くなってしまいましたが(汗)
今回は女子シングル2007-2008シーズンの考察です。
このシーズンでは、エラーエッジの判定が厳格化され、回転不足判定もいっそう厳しくなりました。
黒抜きになっている選手は、このシーズン、GPS、四大陸、欧州、世界選手権には出場していません。
b0122046_21491976.jpg

前回の記事をざっと読んでいただけると、この記事もスムーズに読めると思います(笑)

※注意※
この記事は「ぼやき」記事に類似しますので、閲覧時はご注意願います。
(せっかくこのブログを見て下さっているのに大変失礼かと思いますが(汗)すみません。)
また、非常に長い記事なので、お時間があるときにご覧下さいませ。






※はじめに※
記事中で使用する記号、基礎点、GOEによる加減点については詳しく説明しませんので、以下を参照してください。
◆Wikipedia フィギュアスケートの採点法

また、要素の基礎点や要素数、レベルの基準等はシーズンごとに異なる場合があります。
よって完全な比較をすることは不可能なので、この考察はあくまでそういう傾向があるという感覚でご覧ください(笑)
私もなるべくそういう感覚で記事を書きます(笑)(笑)

要素の表記の仕方ですが、私個人の好み(笑)の問題で、コンビネーションジャンプは「-」で表記します。
(本来は「+」表記ですが、あくまで好みの問題です(笑))
また、「+COM」は「+COMBO」の意味です。
「+SEQ」「+COMBO」は以下のリンクに分かりやすく書かれているので、参照して下さい。
◆フィギュアスケート資料室 ※「用語辞典」をクリック
◆Yahoo!知恵袋 「ザヤック SEQ COMB」 ※解答部分が参考になります。

最後に大事なことを1つ。
現採点法で問題となっている回転不足判定やエラーエッジ判定の正当性に関しては論じないことにします。
私は採点に疑問は持ってはいますが、この議論を始めるときりがないし、
この考察は(特に過去のものほど)実際の演技を確認せずに行っているので、大きなことは言えません(汗)
よって、これらの判定については正しいという前提で話を進めます。
(といっても、本音が漏れることはあると思います(笑))

画像はクリックすると拡大されるはず(汗)ですので、見難い場合は画像をクリックしてみてください。
拡大されないものについては、画像URLを貼っておきますので、そちらを参照してください。
間違いがある場合は是非ご指摘ください。よろしくお願いします。



はじめに、2007-2008シーズンに現世界ランキングトップ10名が出場した大会と結果をざっとご紹介します。
b0122046_229231.jpg

e判定やDGが厳しくなった年でしたが、浅田真央選手が素晴らしい成績を修めた年でしたね。
Wikipedia調べですが、各選手の使用楽曲はこちら。
鈴木明子選手、アリョーナ・レオノワ選手、レイチェル・フラット選手は参考まで。
b0122046_22125982.jpg


まずはSPの要素確認から。
※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照して下さい。
b0122046_221428100.jpg

セカンド3LoのDG(<<)が目立ちますね。
安藤美姫選手はDGとなってしまっていますが、3Lz-3Loを跳んだのは1度だけだったんですね。
そしてアリッサ・シズニー選手と真央選手はeを取られています。
このシーズンはカロリーナ・コストナー選手がSP番長ですね。3F-3Tを全て決めています。

続いてPCS。
PCSの概要とSS基準方式の評価範囲はこちら。
b0122046_2249364.jpg

なお、SS基準方式の詳細ついては、お手数ですが、こちらの記事をご覧ください。
簡単に言うと、「-SS」に青やピンクが多いほど、ジャッジは良い演技と評価した、ということです。
あくまで「そう思われる」レベルの話なので、まぁ目安程度にお考えください。
(色付けを間違えてることも多いので(笑)、評価範囲を参考にしてください)

※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照して下さい。
b0122046_22453434.jpg


安藤選手やキーラ・コルピ選手がは「まあまあ」~「良い」演技の評価を受けていますね。
一方で、真央選手は1戦目はかなり厳しい評価です。
この年はタチアナ・タラソワさんにより新しい表現が開花された年と私は思っていましたが、
最後までそこはジャッジに届かなかったのでしょうか。
しかしながら、PCSとしては変わらず高評価を得ています。

続いてFSの要素確認です。
※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照して下さい。
b0122046_2255382.jpg

今度は真央選手とキムヨナ選手がFS番長ですね。
プログラムも、シーズン後半では3-3がプログラム前半と後半に1つずつ入っています。
シズニー選手はDGとe判定にかなり苦しんだようです。
安藤選手も、このシーズンは怪我があったりと、苦いシーズンでした。

次はPCSです。
※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照して下さい。
b0122046_22554330.jpg

またしても真央選手に「良い」演技の評価がありませんねぇ…
一方で、キーラ・コルピ選手は技術点では失敗が多いものの、TRは「良い」が2つもあります。

今度は点数に注目し、各項目の平均点と、参考として最高点を集計してみます。
計算間違い等ありましたらご指摘ください。
まずはSPの技術点から。
b0122046_2352497.jpg

基礎点は平均、最高共にコストナー選手がトップです。多分、3F-3Tを決め続けたのが大きな要因でしょう。
GOEは平均がコルピ選手、最高点はキム選手で、やはりキム選手が強いです。
真央選手はDGやeの影響でやや落ちているかな、というところです。
b0122046_2385313.jpg

FSの基礎点はやはり真央選手がダントツです。
そして、GOEはやはりキム選手です。

次は、ジャンプ、スパイラル、ステップ、スピンについて見て行きます。
まずはジャンプから。
b0122046_23124692.jpg

DG、eや失敗が少なかったコストナー選手が基礎点はトップです。
GOEは少々難度は下がったものの、質の良いジャンプを跳び続けたコルピ選手がトップ。
基礎点の最高はセカンド3Loのある真央選手がトップです。
b0122046_23125230.jpg

FSは基礎点では圧倒的に真央選手がトップです。
3A1つ、3-3が2つというのは当時では男子並みのプログラムでしたからね。当然だと思います。
GOEはキム選手がトップ。決まれば高いGOEが得られるということでしょう。

SPでは跳ぶジャンプが決められているので、そこに着目してまとめてみました。
※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照して下さい。
b0122046_23225638.jpg

コンビネーションジャンプのDGは安藤選手と真央選手だけが取られています。しかもどちらもセカンド3Loです。
しかし、真央選手は成功した上にGOE1.57も得ています。
単独ジャンプでは、真央選手のルッツがすべてe判定です。
キム選手は最高では1.80ものGOEを得ていますね。
アクセルジャンプは平均では基礎点、GOE共に真央選手がトップですが、
キム選手の最高GOEの高さはすごいです。

続いて回転不足の判定について。SPとFSまとめていきます。
b0122046_23291593.jpg

b0122046_23292052.jpg

うーん、この表あんまりいらないですかね(汗)
先にも説明した通り、SPではセカンドジャンプでのDGを受けたのは安藤選手と真央選手のみです。
FSでも、セカンド3回転ジャンプのDGが多いことが分かります。
まぁそれだけリスクの高いジャンプだとも言えますが…
前シーズン回転不足の少なかった安藤選手のDGが目立ちますね。調子が良くなかったのかもしれません。
結局、SP・FS共にDGがなかったのはキム選手だけです。

e判定についてもまとめてみました。この表も微妙かもしれません(笑)
b0122046_2335207.jpg

b0122046_23353625.jpg

真央選手のルッツとシズニー選手のフリップが全てe判定を受けています。
この回数だけGOEでマイナス評価を受けていることを考えると、かなりのストレスだったと思います。

スパイラル、ステップ、スピンは、どのレベルを何回取ったかもまとめています。
b0122046_2339351.jpg

SPのスパイラルの基礎点平均はレベル4を取り続けたコストナー選手とシズニー選手が、
GOEは平均・最高共にシズニー選手を抑えて真央選手がトップです。
ステップではレベル4を取り続けたコストナー選手と真央選手が基礎点トップ、
GOEはこれまた真央選手がトップです。すごいですね。
スピンはやはりシズニー選手が無敵です(笑)
キム選手も最高点ではシズニー選手とほぼ同等です。
他選手はレベル1があるなど、取りこぼしが目立ちますね。
b0122046_23392043.jpg

FSはステップ、スピンはSPと同じような感じですが、スパイラルは安藤選手がトップです、
また、コストナー選手がステップでレベル4を獲得していますね。

技術点は以上です。
ここからはPCSになります。SPから見て行きます。
b0122046_2350773.jpg

平均、最高共に僅差で真央選手を抑えてキム選手がトップです。ついに平均も抜きましたね。
しかしSS平均はまだ真央選手が上です。
続いて、TR、PE、CH、INです。
b0122046_2353663.jpg

TR平均はかろうじて真央選手がトップ、最高点は色付けが間違っていますが、安藤選手がトップです。
「-SS」でも安藤選手はかなり高評価を受けています。
一方で、キム選手も真央選手も「-SS」的にはあまり良い評価ではなかったようです。
PEもまた色付けを忘れていますが(汗)、最高は安藤選手もトップです。
CHではかろうじて真央選手もトップとなっていますが、基本的にキム選手がトップです。
b0122046_23581196.jpg

FSは今度は真央選手がトップです。
次点はキム選手ですが、後半まで体力が持たず演技に支障が出たのが影響したと思われます。
b0122046_23572922.jpg

PE、IN以外は常に真央選手がトップと強さを見せつけています。
しかし「-SS」に「良い」評価がないのが気になりますねぇ…そんなに「良い」演技ではなかったでしょうか?
前シーズンは「良い」評価もあったのですが、1つもの無いというのはちょっとなぁと。
表現面で格段に成長したと思っていたのですが…まぁ私は真央選手のファンなのでアレですけど(笑)

さて、これまでで算出したSPとFSの平均と最高点を合計してみましょう。
b0122046_042968.jpg

前シーズンと比べると、それぞれの項目のトップ選手にバラつきが出ました。
しかしながら、安藤選手の不調などから、完全に真央選手とキム選手の2大対決の年だったようです。

「真央無双時代の終わり」と少々辛辣なサブタイトルをつけましたが、
DGやe判定により、この後真央選手はさらなる困難に遭遇することになります。
データをまとめていて切なくなるほど過酷なシーズンが待ちうけているわけです…

もう1つ、真央選手について思うことを書くと、
現在の真央選手が目指すジャンプ構成はこの頃の構成ではないかと私は思います。
まぁGPSが始まらないとわかりませんが、今季は3-3を入れたいと言っていたはずですし、
ソチまでに、SPで3A、3-3や、FSで3A×2、3-3という構成を目指しているのではないかと…
考えただけでワクワクしてきますが、これはあくまで私の願望です(笑)

個人的なイベントがほぼ終わったので、
次はあまり間を空けずに記事をUPしたいと思います!(笑)
次回は2008-2009シーズン 女子シングルです!お楽しみに☆ミ

<関連記事>
「考察」タグ記事一覧
by chi-chan0322 | 2011-09-04 23:59 | フィギュアスケート
<< 2008-2009シーズンを考... 2006-2007シーズンを考... >>