ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
2006-2011シーズン考察のまとめ 男子シングル
ようやく男子子シングルでは最後となる、2006-2011シーズン考察のまとめです。
ずいぶん間が空いてしまってすみません(汗)

今回は本当に点数だけのまとめです。
2006年から2011年までで、10名の選手がどのような成長をとげたのか、
女子同様、見た目でわかりやすい折れ線グラフも作ってみました。
b0122046_1755311.jpg

2006-2007シーズンはこちら
2007-2008シーズンはこちら
2008-2009シーズンはこちら
2009-2010シーズンはこちら
2010-2011シーズンはこちら

※注意※
この記事は「ぼやき」記事に類似しますので、閲覧時はご注意願います。
(せっかくこのブログを見て下さっているのに大変失礼かと思いますが(汗)すみません。)
また、非常に長い記事なので、お時間があるときにご覧下さいませ。





※はじめに※
記事中で使用する記号、基礎点、GOEによる加減点については詳しく説明しませんので、以下を参照してください。
◆Wikipedia フィギュアスケートの採点法

また、要素の基礎点や要素数、レベルの基準等はシーズンごとに異なる場合があります。
よって完全な比較をすることは不可能なので、この考察はあくまでそういう傾向があるという感覚でご覧ください(笑)
私もなるべくそういう感覚で記事を書きます(笑)(笑)

要素の表記の仕方ですが、私個人の好み(笑)の問題で、コンビネーションジャンプは「-」で表記します。
(本来は「+」表記ですが、あくまで好みの問題です(笑))
また、「+COM」は「+COMBO」の意味です。
「+SEQ」「+COMBO」は以下のリンクに分かりやすく書かれているので、参照して下さい。
◆フィギュアスケート資料室 ※「用語辞典」をクリック
◆Yahoo!知恵袋 「ザヤック SEQ COMB」 ※解答部分が参考になります。

最後に大事なことを1つ。
現採点法で問題となっている回転不足判定やエラーエッジ判定の正当性に関しては論じないことにします。
私は採点に疑問は持ってはいますが、この議論を始めるときりがないし、
この考察は(特に過去のものほど)実際の演技を確認せずに行っているので、大きなことは言えません(汗)
よって、これらの判定については正しいという前提で話を進めます。
(といっても、本音が漏れることはあると思います(笑))

画像はクリックすると拡大されるはず(汗)ですので、見難い場合は画像をクリックしてみてください。
拡大されないものについては、画像URLを貼っておきますので、そちらを参照してください。
間違いがある場合は是非ご指摘ください。よろしくお願いします。


ではいつも通り、SPから見ていきます。
まずこれから示す表について説明しますと、
左上の表がSPの総合点、右上と左下の表が内訳となる技術点(TES)と演技構成点(PCS)です。
上段がGPS、四大陸、欧州、世界選手権のうち出場した大会での成績の平均点、下段は最高点となります。
そして表の下にはこれらの表をグラフ化したものを載せます。
女子の時の表は縮小されてかなり見難かったので、配置を変えてみました。
※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照してください。
b0122046_19432178.jpg
b0122046_19435840.jpg

女子に比べるとずいぶんごちゃごちゃしているというか、浮き沈みが激しい感じがしますね。
なので若干コメントが難しいですが(汗)、2008年あたりから全選手の点数が安定しているように思います。

TESを見ると、2010-2011シーズンで、ほとんどの選手が前シーズンからガクッと点数が落ちています。
これはステップが1つ無くなったことが大きく影響していると思われます。
パトリック・チャン選手や織田信成選手の点数が落ちていないのはおそらく4回転ジャンプを導入したからでしょう。
先日ネーベルホルン杯で優勝した羽生結弦選手もSPから4回転を入れていましたし、
今後はSPから4回転が主流になるかもしれませんね。

PCSは女子に比べると急激に伸びている選手が結構いるなという感じがします。
これは、どれだけ表彰台に乗っているかという実績も少なからず関係しているのかなぁと個人的には思います。
女子でも、アリョーナ・レオノワ選手はシニアデビュー翌年で一気にPCSが伸びてますし、
まだまだある程度の前評判が必要な競技だとなのかなぁと思ったりします。

昨季の総合の最高点は、4回転持ちだと90点前後、そうでなければ70点後半に固まっていますね。


次はジャンプ、スパイラル、ステップ、スピンごとに、それぞれの総得点と、
内訳である基礎点とGOEをグラフ化して見ていきます。
表の並びは先ほど同様、左上の表が要素の総得点、右上と左下の表が内訳となる基礎点とGOEです。
まずはジャンプから。
※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照してください。
b0122046_1944355.jpg
b0122046_1944959.jpg

ブライアン・ジュベール選手は基礎点で、高橋大輔選手はGOEで渡り合ってきたような感じですね。
個々のジャンプの基礎点に変更があったこともありますが、
ジュベール選手の基礎点の高さは本当に素晴らしいです。
そしてSPで4回転ジャンプを入れない選手と入れる選手とでは基礎点で約6点もの差がついてしまいます。
これをGOEで補うのは非常に難しく、チャン選手や織田選手のように
高いGOEを獲得できる選手には大差をつけられてしまいますね。

女子同様、ジャンプについては、各選手のコンビネーションジャンプと単独ジャンプの遷移もまとめてみました。
DGや失敗を除き、基礎点が一番高いパターンを選びました。
また、あくまで基礎点が高い、ということで、エラーエッジもGOEも考慮していません。
アクセルジャンプについてはGOEでの比較になるので今回は割愛します。
まずはコンビネーションジャンプから見ていきます。
b0122046_1945674.jpg

男子は完全にパターンが決まっていますね。4T-3T、3Lz-3T、3F-3Tのどれかです。
圧倒的に4T-3Tが有利ですね。また、昨季で一気に挑戦者が増えています。
それにしてもセカンド3Loを入れる選手は本当にいないんですね。
b0122046_1945104.jpg

単独ジャンプは3Lzか3Fのどちらかが多いですね。
ちなみに4Tの選手はセカンドジャンプをつけられなかったというパターンがほとんどなので、
単独ジャンプとしてはルッツかフリップを入れる選手がほとんどです。
4回転を入れない選手はコンビネーションか単独どちらかでルッツ、フリップを入れるので基礎点が同点になります。

SPのジャンプはここまでで終了です。続いて2つのステップとスピンです。
SPの1つめのステップは2010-2011に廃止になったので、2009-2010シーズンまでの遷移となります。
※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照してください。
b0122046_19452434.jpg
b0122046_19452865.jpg

ステップは、基礎点が大きく改訂されたため、一見基礎点に大幅な差がありますが、
男子は女子よりステップでレベル4を取れる選手が多いです。
それにしても、チャン選手のGOEは右肩上がりですね。
他の選手はGOEを上げるのに若干苦労している感じがします。

※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照してください。
b0122046_19453635.jpg

b0122046_19455367.jpg

2つ目のステップは、復帰後の高橋選手が素晴らしいですね。
チャン選手は最高点で随分上下が激しいですね。
ステップで大差をつけれるようなGOEを獲得できるのは今のところこの2名のようです。

※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照してください。
b0122046_1946071.jpg

b0122046_1946612.jpg

スピンは小塚崇彦選手が頑張ってますね~基礎点もGOEも高レベルです。
昨季シニアデビューしたアルトゥール・ガチンスキー選手はスピンが苦手なんでしょうか。
それにしてもチャン選手は基礎点はそこそこなものの、昨季いっきにGOEが伸びましたね。

以上でSPが終了ですが、女子に比べるとはっきりと何で差がつくとも言い難いのですね(汗)
やはり4回転ジャンプの導入は大きいと思いますが、両刃の剣であることは事実です。


次はFSです。
※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照してください。
b0122046_19463571.jpg

b0122046_19464018.jpg

これまたごちゃっとしておりますが(汗)
SP同様、2008-2009シーズンでほとんどの選手が今の点数に落ち着いている感じです。
しかし、やはり昨季のチャン選手と小塚選手の成長が目覚ましいですね。

TESは、高橋選手が復帰後の点数が伸びていないのが気になります。
織田選手、ジュベール選手は大きな波がなく、安定感があります。
それにしてもチャン選手と小塚選手の伸びは凄まじいですね。

PCSは、SP同様急激に伸びた選手が多いですが、SPよりは傾斜が緩いです。
そしてどうしても気になってしまうのがチャン選手ですが、
2006-2007シーズンでは小塚選手が上だったのが、翌シーズンからチャン選手が上回り、
そこからほぼ平行線的に伸びています。これは何か不思議です。

総合点は150点が基準になるでしょうか。
最高点では160点前後に固まっているので、150点後半から160点台で表彰台の可能性が高まりそうです。

次はジャンプ、スパイラル、ステップ、スピンごとに、それぞれの総得点と、
内訳である基礎点とGOEをグラフ化して見ていきます。
※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照してください。
b0122046_2242192.jpg

b0122046_22422798.jpg

まずジャンプですが、ばらつきが激しいですね。
比較的安定しているのはジュベール選手とベルネル選手でしょうか。
GOEも上下がすごいですが、2009-2010シーズンでほとんどの選手が落ち込んでいるのは何でしょうか?
しかし女子に比べると安定志向の人は少ないのかなと思いますね。

続いて、各選手のコンビネーションジャンプと単独ジャンプの遷移です。
FSでは後半ジャンプは基礎点が1.1倍となる重要な要素なので、それもまとめてみました。
b0122046_22432748.jpg

トップの組み合わせのほとんどに3A、3Lz、3Fからのコンビネーション、そしてセカンド3Tが入っていますね。
意外にも、トップの組み合わせで4回転ジャンプが入っているのは高橋選手だけです。
b0122046_22433276.jpg

やはりジュベール選手が強いですね。ずっと4回転ジャンプと3Aを入れています。
2009-2010シーズンは五輪もあり、守りに入った選手が多かったようですが、
最終的にサミュエル・コンテスティ選手以外は全選手が4回転ジャンプを入れてきています。
b0122046_2243388.jpg

後半ジャンプでカギになるのは3Aとセカンド3Tを回転不足なく決めるでしょうか。
ジュベール選手の後半4Tは素晴らしいですが、これ以来後半には入れていません。

FSのジャンプはここまでで終了です。続いては2つのステップ、スピンです。
まずは1つ目のステップから。
※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照してください。
b0122046_22435015.jpg

b0122046_22435665.jpg

高橋選手の点数がすごいことになっていますね!レベルでもGOEでも他選手の遥か上の点数です。
他の選手はほとんど4.00あたりに集中しています。

※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照してください。
b0122046_2244222.jpg

b0122046_2244775.jpg

2つ目のステップは2010-2011シーズンで2.00の固定点となりGOEは表現力での評価となり、
全選手が前シーズンよりGOEは上がる結果となりましたが、
チャン選手が表現面で高橋選手を上回るというのはどうにも納得できません。(しつこい(笑))
前シーズンまではあくまで出来栄えのGOEでしたから、
素晴らしいスケーティング技術を持つチャン選手が高い評価を得るのは納得できます。
しかしながら、表現面で言えば彼の演技は淡白だし、堅苦しい感じがします。
これならいっそ「出来栄え」として評価したと言われた方がよっぽど納得できます。
まぁでも結局好みの問題と言われればそれまでなのですがね。

※クリックしても拡大されない場合はこちらを参照してください。
b0122046_22441335.jpg

b0122046_22441822.jpg

スピンは2008-2009シーズンから、4つから3つに減ったのでその分点数が落ちていますが、
SP以上に小塚選手が強さを発揮していますね。
チャン選手もGOEはすごいですが、基礎点がいまいち取れていない感じです。

以上でFSが終了です。
最後はSPとFSの総合点の合計です。
b0122046_225257.jpg

b0122046_22521450.jpg

男子にあまり詳しくなく、2009年あたりからのことしか覚えていないので大そうなことは書けないのですが(汗)
現世界ランキング上位10名は激しく浮き沈みしながらも今の成績を修めてきたように思います。
女子とは違い、徐々に上がっていく選手より、急激に伸びる選手が多かったです。
チャン選手が昨季凄まじい点数をたたき出したので、今季どんな点数が出るか見物ですが、
こうして見ると、チャン選手の次に日本選手3名が並んでいるというのは素晴らしいことだと思います。
高橋選手は昨季アクシデントが多く、運がついてこない感じでしたが、
PCSやジャンプ、ステップのGOEは素晴らしいですし、スピンを克服できれば怖いもの無しだと思います。
織田選手は勝てる試合をミスで逃してしまう詰めの甘さを克服してほしい。
良い演技ができればPCSも伸びる選手なので、是非頑張ってほしいです。
昨季素晴らしい活躍をした小塚選手は、ようやく(遅すぎるほど)PCSが8点台が出るようになりましたし、
昨季から重視されているスピンではほぼ無敵の強さです。今季も頑張ってほしいです。
個人的に注目しているガチンスキー選手も、最高点では中間くらいに位置していますし、
PCSも高めなので、あとはスピンが弱いので、そういうところをつめていくだけだと思います。


今回もまとまりのない内容でしたが、男子考察を全て終了することができました。
男子はもっとペースを上げてと思ったんすが、やはり時間がかかってしまいました(汗)
あと個人別も考えていたんですが、全選手分やるのはちょっと無理かもしれないです…orz

それにしても、もうJGPだけでなく、シニア大会も始まっていますね。
来週はもうジャパンオープンです!早いですね~。
今季がどんなシーズンになるか、わくわくしますね!


最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
また何か思いついたら考察企画やりたいと思います!その時はまたよろしくお願いします!!


<関連記事>
「考察」タグ記事一覧
by chi-chan0322 | 2011-09-24 23:59 | フィギュアスケート
<< 【動画紹介】みんなで覚えよう!... 浅田真央選手 新プロ情報 S... >>