ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
朝日新聞 コラム「挑戦 真央らしく」 ソチへ一歩ずつ 佐藤コーチと本格改造
NHK杯まであと3日。続々と浅田真央選手に関する記事が上がっている中、
本日、朝日新聞のコラム「挑戦 真央らしく」の新しい記事が掲載されました。

コラム「挑戦 真央らしく」
朝日新聞 コラム「挑戦 真央らしく」 ソチへ一歩ずつ 佐藤コーチと本格改造
b0122046_12463515.jpg





b0122046_1246375.jpg

ソチへ一歩ずつ 佐藤コーチと本格改造

 フィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)が、11日に開幕するグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯(札幌)で新たなシーズンをスタートさせる。不本意な成績で終わった昨シーズンを踏み台に、2014年ソチ五輪へ。また「挑戦」が始まろうとしている。
    ◇
 NHK杯の直前まで、同じ佐藤信夫コーチを師とする小塚崇彦(トヨタ自動車)とともに滑り込みが続く。

 「まず、良い演技をすることだけを考えたい。(12月の)GPファイナルに出たいとか、今はそういう考えはないです。NHK杯が終われば、次は最終戦のロシア杯(25日開幕)。とにかく1試合1試合を大切にしていきたい」

 昨季のGPシリーズはNHK杯で8位、フランス杯も5位と低迷し、2季続けてファイナル進出を逃した。GPシリーズで表彰台に立てなかったシーズンは初めて。4月の世界選手権も6位に終わった。

 「昨シーズンはたくさんの方に心配をかけてしまった。ファンの方からメッセージや手紙ももらいました。自分にはまだ調子に波があって、そういった波を安定させていかないといけない。昨シーズンは2月の四大陸選手権(2位)まではすごくいい状態できたんですけど、そこからの調整がうまくいかなかった。震災の影響?それはみな同じです。とにかくトントン拍子にいかなければいけないところで、それができなかったのが反省点です」
b0122046_12464077.jpg

 佐藤コーチに習い始めたのは昨年9月から。当初は様子を見ながらだった指導も、本格的なものに変わりつつある。

 「先生は昨シーズンに私をじっくりと見て、気になったところを重点的に指導してくれている。一番は、やはりスケーティング。例えば、『ひざをしっかり落として滑りなさい』とか、『もっとエッジ(スケートの刃)を深く入りなさい』とか、そういう感じです。詳しくは説明しにくいですけど。昨季も滑る時に上下運動をしないように注意されてましたけど、それは安定したジャンプにもつながってくる。でも、今すぐ変わることはできない。とにかく我慢をして、粘り強くやっていくしかないです」

 対話も多くなった。外国人コーチと違って日本語で話せることで、指導の細かいニュアンスをくみ取ることができるようになった。もっとも、佐藤コーチと言えば、スケート界では厳しさで知られる人物だ。

 「自分が疑問に思ったらすぐに聞くようにしている。例えば、ジャンプのカーブを描く時の状態や、まっすぐに跳んでいるかどうか、とかですね。(佐藤コーチの雷は)私には、まだ落ちてないですよ。もし先生の雷が落ちたとしても、私、気づかないかもしれないですね」

 7月には自動車の運転免許を取り、中京大のアイスリンクには自分の運転で通っている。今までスケート一筋だった彼女にとっては、特別なことだ。

 「運転って性格が出ちゃいますよね。すごく安全運転なんですけど、前の車とかが遅いと『モタモタしてるなあ』とか、幅寄せされると『なんでこっちにくるの』とか、1人でグチャグチャ言ってるんですよ」

 練習でも、プライベートでも、ひとつひとつ階段を上りつつある。さて、今季のテーマは?

 「うーん。なんだろう。うん、ソチ五輪への一歩。『一歩』にします」

(構成・坂上武司)



今季の取り組みは真央選手にとって「粘り強く」「根気良く」続けていかなければならないものなのでしょう。
本格的に佐藤信夫コーチの指導が始まり、
ソチ五輪に向けて『スタート位置に立った』昨季から、今季はようやく一歩進むのですね。
真央選手の成長、進化を今後も見守っていきたいと思います。


****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2011-11-08 12:58 | フィギュアスケート
<< NHK杯 男女シングルのSP滑... NHK杯 アドリアン・シュルタ... >>