ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
浅田真央選手 グランプリファイナル欠場 ※動画追加
夜中にテレビがつけっぱなしになっていて目が覚めたのですが、
携帯で何の気なしにツイッターを開くと、大変ショッキングなニュースが飛び込んできました。

浅田真央選手が、お母様の病状が急変したため、グランプリファイナル欠場、急きょ帰国することとなりました。
今は無事真央選手が帰国すること、そして真央選手のお母様の快復をお祈り申し上げます。

ニュース記事や動画が上がってきていますのでいくつか抜粋してご紹介したいと思います。
b0122046_1117392.jpg

日本選手を始め、出場選手の皆さんがベストを尽くせますように。




スポニチアネックス 真央 母親の病状急変…GPファイナル欠場

 国際スケート連盟(ISU)は8日、カナダのケベックで記者会見を開き、9日に開幕するフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルに出場予定だった女子の浅田真央(中京大)が欠場すると発表した。ISUや日本スケート連盟によると、体調不良だった母親の病状が急変したと8日早朝に連絡が入り、浅田は同日朝に佐藤信夫コーチとともに帰国の途に就いた。
 日本連盟の小林芳子フィギュア強化副部長によると、浅田は気丈に振る舞い「本当に迷惑をかけます」と話していたという。病名や病状などの詳細は不明。
 21歳の浅田は11月下旬のロシア杯で優勝し、3シーズンぶりにGPファイナルに進出。前回出場の2008年大会以来、3度目の優勝が懸かっていた。
(共同)
[ 2011年12月9日 01:18 ]


時事ドットコム 複雑なファイナリストたち=フィギュアスケート

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル開幕を翌日に控えた8日、衝撃が走った。女子ファイナリスト6人のうち実績が際立つ浅田真央(中京大)が母親の体調不良を理由に欠場を決め、慌ただしく帰国。浅田と競うはずだったライバルたちは、複雑な表情で心境を語った。
 鈴木明子(邦和スポーツランド)は練習前にチームリーダーから知らされたという。「一刻も早く(母親の)状態が良くなることを祈っている」とした上で、「残るチームジャパンが一丸となって頑張りたい」。ファイナル連覇に挑むアリッサ・シズニー(米国)は「彼女(浅田)は素晴らしい選手なので、一緒に競技をしたかった。幸運を祈っている」と言う。
 中国杯覇者のカロリナ・コストナー(イタリア)は「とても悲しい。元気な姿の彼女にまた会いたい」と沈痛な面持ち。女子はロシア勢2人を含む5人で争うことになった。
(ケベック市時事)
(2011/12/09-06:41)


livedoorスポーツ 浅田選手がGPファイナル欠場 母親が危篤
2011年12月09日08時14分

 フィギュアスケート・浅田真央選手が、現地時間9日にカナダで開幕するグランプリ(=GP)ファイナルを欠場することがわかった。
 国際スケート連盟(=ISU)は現地時間8日、浅田選手が08年の大会以来、3度目の優勝がかかっていたGPファイナルを欠場することを発表した。関係者によると、現地時間8日早朝、母親が危篤であるとの連絡が入ったため、浅田選手は急きょ、大会を欠場、佐藤信夫コーチと共にカナダを出発して帰国の途に就いた。浅田選手の母親は3月頃から体調を崩しており、自宅療養と入院を繰り返しているという。
 浅田選手はGPファイナルに日本代表として出場するため、現地時間6日にカナダ入りしていた。今後の対応については、日本スケート連盟などを通して発表される予定。


浅田真央(mao asada) 急きょ帰国 高橋、羽生、鈴木各選手のコメント付き
http://www.youtube.com/watch?v=Wz6zPtqsSLg



※動画追加
浅田真央(mao asada) 緊急帰国に関する詳細な報道 (9日正午現在)
http://www.youtube.com/watch?v=ypWWwD1sNSw



深夜に上がっていた日本の記事では「病状が悪化」としか書かれていませんでしたが、
海外の記事では「危篤」と表記されたものもあり、今朝の時点ではやはり危篤ということのようです。
これまでどんな状況でも試合を欠場したことはなかった真央選手がこういった決断を下したからには
想像したくないことでしたが、余程のことがあったのだとすぐに察しがつきました。
b0122046_9421825.jpg

これはあくまで私の推測ですが…
お母様の体調が崩した時期が3月。入退院を繰り返していたそうです。
もしかしたら世界選手権前にあんなに痩せてしまったのは
東日本大震災の心労だけが原因ではなかったかもしれません。
そんな状態でも、昨季は世界選手権に出場し、今季はGPSで結果を出し、ファイナル出場も決めました。
b0122046_10271153.jpg

真央選手にとって、今季のファイナルは私たちが思う以上に、いろんな意味で大切な試合だったのかもしれません。
お母様のためにも、きっとファイナルで良い演技がしたかったと思います。
このような形で欠場となってしまったことを一番悔んでいるのは真央選手自身でしょう。
ファンや、他の出場選手を心配させてしまうことも心苦しく思っていると思います。
自分が欠場することでどれほど周囲に迷惑がかかるか、真央選手自身が痛いほど感じていたと思います。

他の競技のプロ選手や自分の会社?(本当だったらかなりのブラック会社だと思いますが…)を引き合いに出して
真央選手を叩いている方をツイッターや某巨大掲示板で見かけましたが、
そもそもフィギュアスケート選手というのはほとんど(というか全て?)アマチュア選手であり、
賞金がある大会はありますが、基本的に競技をすることによって給与を得ているわけではありません。
しかしながら、真央選手はアマチュア選手としては驚くほど多くのスポンサーを抱えている選手です。
すでに自分だけのために競技をするわけにはいかない立場に置かれており、その点はプロと変わりません。
今回の欠場は本当に苦渋の決断だったと思います。

そもそも「家族が生死に関わる状況に置かれても駆けつけてはいけない」のがプロ意識なのだとしたら
そんなものはクソ食らえだと私は思います。
イリーナ・スルツカヤ選手がかつて自分の母親が病に倒れた時、
「選手生命は数年。人生は一度きり。私の母はひとりだけ。」と仰ったそうですが、まさにその通りだと思います。
これは真央選手とご家族の問題であり、周りがとやかく言う問題ではないのです。

いろいろ思うことがあってつらつらと書いてきましたが、今は佐藤信夫コーチもついていますし、
無事に真央選手が帰国して、一刻も早くお母様に会えること、
そしてお母様が快方に向かうことを心から祈ります。

また、GPF出場選手の皆さんがベストを尽くせるよう応援したいと思います。
鈴木明子選手、高橋大輔選手、羽生結弦選手、どうか動揺せずに、良い演技をしてくださいね。


****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2011-12-09 10:56 | フィギュアスケート
<< ジュニアグランプリファイナル ... グランプリファイナル 男女シン... >>