ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
浅田真央選手 フジテレビ・すぽるとの全日本特集
今回は、昨夜放送されたフジテレビ・すぽるとの浅田真央選手の特集の動画をご紹介します。
動画UP主様に感謝します!

番組の演出はフジテレビらしく相変わらず気持ち悪い(汗)ですが、
真央選手のコメントでこれまで見たことないものがありましたし、
荒川静香さんが温かいコメントをくださっています。
b0122046_1229491.jpg





浅田真央(mao asada) 全日本出場を決意 ~ その思いに迫る
http://www.youtube.com/watch?v=33Q9sm7NOTI

b0122046_12331234.jpg

この2年間、意識して向上を心掛けてきた「スピード感」。
昨季は四大陸選手権でその片鱗を見せてはいましたが、
はっきりと成果が表れたのは今季のNHK杯だったと思います。
b0122046_12422281.jpg

真央選手が語る通り、全体の盛り上がりや出来だけでなく、
コンビネーションジャンプも着氷が詰まらず流れるようになってきたと思います。
ロシア杯では勢いがありすぎてセカンドジャンプが跳べないこともあったほどです。
b0122046_12434162.jpg

これはロシア杯の後のコメントだと思いますが、
ここで真央選手が言っている「高難度のジャンプ」というのは必ずしも3Aのことではないと私は思います。
1番の理由は、3Aのことであれば「トリプルアクセル」とはっきり言うはずだからです。
もう1つ理由を挙げるとすれば、ロシア選手の3Lz-3Tや3Lz-3Loの認定があるかもしれません。

マスコミは3-3コンビネーションジャンプをひとくくりにして報道していますが、
今多くの選手が入れている3T-3Tと、エリザベータ・タクタミシェワ選手が入れている3Lz-3T、
そしてアデリナ・ソトニコワ選手が入れている3Lz-3Loでは難易度に雲泥の差があります。
タクタミシェワ選手やソトニコワ選手はまだPCSで真央選手には敵いませんが、
彼女たちのSSが向上してPCSが伸びてきたとき、このジャンプはものすごい武器になり、
真央選手が3Aだけで渡り合うのは難しくなると思われます。

浅田真央(mao asada)栄光の軌跡~World 2008優勝 FS ~ 最新の解説付き 2_3
http://www.youtube.com/watch?v=YhIzhhzxXx8


この動画でもわかる通り、真央選手はかつて3F-3Tや3F-3Loをプロクラムに入れていました。
難易度は、3F-3T<3Lz-3T<3F-3Lo<3Lz-3Loと言われていますが、
これらのジャンプは女子シングルでは絶滅危惧種といってもいいと思います。
ロシア選手だけでなく、全日本ジュニアで優勝した宮原知子選手も3Lz-3Tを入れていますし、
技術点でも対等に戦うには、真央選手にもこれらの3-3ジャンプが必要になってくると思います。

もちろん、今試合で跳べなければ意味がないという方もいらっしゃるでしょう。ごもっともです。
しかしながら、この2年の2A-3Tの取り組みやルッツの矯正を考えると、
今後3F-3T、もしくは3Lz-3Loの導入を考えていると私には思えるのです。
b0122046_131076.jpg

マスコミは3Aにこだわり続けるでしょうが、真央選手にとって今や3Aは特別な技ではなく
「1つの要素して、できるものは入れたい」技になっているのではないかと思います。
b0122046_13185174.jpg

番組最後の荒川さんのコメントをざっとまとめてみました。
()表記は自分なりに補足してみた部分です。間違いがありましたらご指摘ください。

◆真央選手の全日本出場の決断について
 この大会(全日本選手権)に出場するかどうかという部分に関しては、本人の気持ち次第だったと思うが、
お母様がどういう風に彼女が行動したら喜ぶかということを一番知っているということでの決断だったと思う。
メンタル面というのは非常に心配ではあるが、出場するからには、やはり見ている人たちは(見ている側としては)
温かく待っていて受け止めたい。

◆今シーズンの浅田について
 昨シーズンから新しく佐藤コーチと取り組み始めたことも、2年目になって昨シーズンうまく行かなかったことも
今シーズンはクリアして、しっかりと基礎を見直すことでレベルも上がってきて、
(よって)全体的にスピードのある滑りこみのできたプログラムというのが完成度が高いという評価(を得ている)。
良いかたちで調整はできてきていると思うので、試合に出るたびに良くなっていくのが印象的だった。

◆全日本で3Aを入れてくるかという質問について
 今の状況を踏まえて考えると、3Aが直接勝敗を(決める)と言うよりも、彼女がこの2年間取り組んできていることが
成果としてこの全日本選手権で出せたのであれば、それなりの結果・良いものが出てくると思う。
思い入れの強いジャンプなので、この試合ではコンディションを見て、戦略としてやるかやらないか
という判断をしてくると思うが、まずはこの大会に出場するということを決めた彼女の意志を温かく見守ってほしい。


正直、いつも荒川さんの解説はちょっと喋りすぎだなぁと思ったりしたこともあったのですが(汗)
今季はそれでもしっかり採点やルールに言及することもあったりして、
荒川さんの中でも何か心境の変化があったのかなぁと感じたことがありました。
今回のこのコメントも、視聴者だけでなく、番組サイドにも呼び掛けているような気がします。


来週の今頃はもう全日本選手権は終わっているんですね…
真央選手努力、そして決断がきっと実を結びますように。
そして、全ての出場選手が実力を存分に発揮できることを祈っています。
b0122046_13194764.jpg



****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2011-12-18 13:47 | フィギュアスケート
<< 全日本選手権 キャシー・リード... 各国で国内選手権開幕! >>