ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
【素人ファンのぼやき】国際大会と国内選手権の採点を比較してみた~女子シングル~
前回の【素人ファンのぼやき】国際大会と国内選手権の採点を比較してみた~男子シングル~
に引き続き、今回は女子シングルについて国際大会と国内選手権との採点の比較をしていきます。

b0122046_2014095.jpg

※かなり長い記事になりますので、お時間のあるときにご覧くださいませ。
  今回の記事のカテゴリを「考察」にするか「ぼやき」にするか迷いましたが、
 かなり私的感情が含まれそうなので、「ぼやき」記事にしました。

※注意※
また、気持ちの良い内容にはならないと思うので、素直な気持ちでフィギュアを見たい!という方は
この【素人ファンのぼやき】を読まないことをおススメします。
(せっかくこのブログを見て下さっているのに大変失礼かと思いますが(汗)すみません。)
参考までに、こちらの記事の「私の立ち位置」についてご一読下さい。





※はじめに※
記事中で使用する記号、基礎点、GOEによる加減点については詳しく説明しませんので、以下を参照してください。
◆Wikipedia フィギュアスケートの採点法

また、要素の基礎点や要素数、レベルの基準等はシーズンごとに異なる場合があります。
よって完全な比較をすることは不可能なので、この考察はあくまでそういう傾向があるという感覚でご覧ください(笑)
私もなるべくそういう感覚で記事を書きます(笑)(笑)

要素の表記の仕方ですが、私個人の好み(笑)の問題で、コンビネーションジャンプは「-」で表記します。
(本来は「+」表記ですが、あくまで好みの問題です(笑))
また、「+COM」は「+COMBO」の意味です。
「+SEQ」「+COMBO」は以下のリンクに分かりやすく書かれているので、参照して下さい。
◆フィギュアスケート資料室 ※「用語辞典」をクリック
◆Yahoo!知恵袋 「ザヤック SEQ COMB」 ※解答部分が参考になります。

最後に大事なことを1つ。
現採点法で問題となっている回転不足判定やエラーエッジ判定の正当性に関しては論じないことにします。
私は採点に疑問は持ってはいますが、この議論を始めるときりがないし、
この考察は(特に過去のものほど)実際の演技を確認せずに行っているので、大きなことは言えません(汗)
よって、これらの判定については正しいという前提で話を進めます。
(といっても、本音が漏れることはあると思います(笑))

画像はクリックすると拡大されるはず(汗)ですので、見難い場合は画像をクリックしてみてください。
拡大されないものについては、画像URLを貼っておきますので、そちらを参照してください。
間違いがある場合は是非ご指摘ください。よろしくお願いします。



男子同様、日本・カナダ・アメリカ・ロシアで比較していきますが、
GPSに出場したシニア選手トップ3を選ぶと、偶然にも各国の人数が同じになりました。
今回も、欧州選手権・四大陸選手権に出場した選手については、その点数も比較しています。
もちろん、どんな演技だったかで点数は違ってくるので簡単に比較はできませんが、
要素の内容やGOEである程度の出来は把握できると思うので、そういった具合に話を進めていきます。

まず、各選手の国内選手権前の今季最高点をSP・FS別でまとめました。
b0122046_20124575.jpg

これに基づいて、技術点(TES)と演技構成点(PCS)を見ていきます。
A:今季最高点(以下A)、B:国内選手権(以下B)として左から順に並べています。
また、参考としてC:欧州・四大陸選手権(以下C)も入れています。
女子も国別に表示します。
b0122046_20183854.jpg
b0122046_20185347.jpg
b0122046_20191856.jpg

b0122046_20192371.jpg

TESをざっと確認したところで、PCSを見ていきます。
例によって、「-SS」評価の表示もします。SS基準方式の詳細ついては、お手数ですが、こちらの記事をご覧ください。
どのくらい点数が伸びたかをわかりやすくするために、B-Aの差異を0.25=1段階として、計算しています。
b0122046_14105667.jpg
b0122046_20565624.jpg
b0122046_2057545.jpg
b0122046_2165196.jpg
b0122046_2165793.jpg

男子同様、TESよりPCSの変化の方がわかりやすいですね。
ただ、ちょっと穿った見方をすると、男子よりも各国のイチオシ選手がわかりやすいような感じがします。
わかりやすいのはカナダで、ラコステ選手の方がファヌフ選手よりミスが少なかったのですが、PCSの上昇が少ないです。
世界選手権の代表を四大陸で決めましたし、連盟としては実績のあるファヌフ選手を推したかったのかなと想像します。

アメリカは男子同様、元々SSの高いシズニー選手に引き寄せられるように他2名のPCSが上昇していますが、
シズニー選手自身は演技の出来が良くなかったのでPCSはほとんど伸びていません。
ロシアはあまり出来が良くなくてもトップ選手には8点台を出す!という感じでしょうか(汗)
日本はノーミスだった2選手のうち真央選手が1段階に対して村上選手は3段階ほど上がっていますが、
これはシーズン当初の出来が良くなかったのが大きく影響していると思います。


続いてFSを見ていきます。
b0122046_21404497.jpg
b0122046_214050100.jpg
b0122046_21412690.jpg
b0122046_21413552.jpg

TESをざっと確認して、PCSを見ていきます。
b0122046_21433145.jpg
b0122046_2144049.jpg
b0122046_21441552.jpg
b0122046_21444019.jpg

FSになるとさすがに男子並みにPCSの上昇が見られますね。
鈴木選手も村上選手も見た目でわかるミスは浅田選手より多かったと思いますが、PCSが3~4段階も上がっています。
これはSPでも述べたシーズン当初の点の低さも影響していると思います。
特に鈴木選手はスケートカナダからNHK杯にかけて一気にPCSが伸びるというある意味特殊な遷移をしています。
b0122046_2213643.jpg

こうしてNHK杯と比べるとやはりそれほどPCSの上昇は見られません。

個人的にやはりどうしても真央選手の点数が気になってしまうのですが…
これは全日本の点数とは全く関係ない話になってしまいますが(汗)
四大陸は本人比でスケートの伸びがややなかった(それでも「やや」だと思う)と感じたものの、
3Aも見た目はキレイに降りて、大きなミスは2Sくらいだったのにこんなに下がっちゃうの?と思います。
まぁそれだけシーズン初旬から安定した演技をしていたということでもあるんですが…
と愚痴ってもしょうがないですね(汗)

今回もかなーりざっと書いてきましたが、最後に点数の差異をまとめた表を見てみます。
SP・FS別に表示します。
b0122046_22173441.jpg
b0122046_22174988.jpg

アメリカは男子と同じ感想ですが、PCSの高いシズニー選手はSP・FS共にミスのある演技だったため
あまり点数が伸びていません。一方、ワグナー選手、ザワツキー選手のPCSの伸び具合はすごいです。
カナダはSPでも述べたように、点数の出方にやや思惑を感じます。(あくまで個人的に)
ロシアはちょっとわかりにくいですが、とにかくPCSは出す!というように見えます。
そして日本ですが、真央選手はとにかく「超完璧」な演技を求められてしまうのだなぁと思います。
採点を超前向きに捉えれば、「あなたはもっとできるよね?」という評価なのかもしれませんが、
私はジャッジをそこまで信用できないので、やっぱり厳しいよなぁ!と思ってしまいます。


今回も長くまとまりのない記事になってしまいましたが(汗)
最後までご拝読いただきありがとうございました!

世界選手権まで1ヶ月ちょっとありますが、今後も最新情報はなるべく記事にしていきたいと思います。
ただ、3月上旬は個人的な用事があるので更新が滞るかもしれませんがよろしくお願いします<(_ _)>


****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2012-02-21 22:38 | フィギュアスケート
<< 世界選手権 フジテレビの公式サ... 【素人ファンのぼやき】国際大会... >>