ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
世界選手権に向けての復習(1)~日本男子SP編~
今年もやりますこの企画!(笑)
今日から4回に渡り、日本代表選手の今季のプログラムを復習したいと思います。
今回はしっかり各選手の今季のスコアを調べましたよ~
というわけで、勝手に予想構成を出したり(笑)と色々考えてみたいと思います。

今回は第1回目ということで、男子SPです。
b0122046_10214190.jpg

※注意※
この記事は「ぼやき」記事に類似しますので、閲覧時はご注意願います。
(せっかくこのブログを見て下さっているのに大変失礼かと思いますが(汗)すみません。)





※はじめに※
記事中で使用する記号、基礎点、GOEによる加減点については詳しく説明しませんので、以下を参照してください。
◆Wikipedia フィギュアスケートの採点法

要素の表記の仕方ですが、私個人の好み(笑)の問題で、コンビネーションジャンプは「-」で表記します。
(本来は「+」表記ですが、あくまで好みの問題です(笑))
また、「+COM」は「+COMBO」の意味です。
「+SEQ」「+COMBO」は以下のリンクに分かりやすく書かれているので、参照して下さい。
◆フィギュアスケート資料室 ※「用語辞典」をクリック
◆Yahoo!知恵袋 「ザヤック SEQ COMB」 ※解答部分が参考になります。

最後に大事なことを1つ。
現採点法で問題となっている回転不足判定やエラーエッジ判定の正当性に関しては論じないことにします。
私は採点に疑問は持ってはいますが、この議論を始めるときりがないし所詮は素人なので大きなことは言えません(汗)
よって、これらの判定については正しいという前提で話を進めます。(といっても、本音が漏れることはあると思います(笑))

画像はクリックすると拡大されるはず(汗)ですので、見難い場合は画像をクリックしてみてください。
間違いがある場合は是非ご指摘ください。よろしくお願いします。


まずは各選手の今季最高点が出た時の演技を振り返ってみます。
以下、今季のスコア遷移を見て行きますが、スコアはGPSから現時点での大会のものとします。

2011 NHK Daisuke Takahashi SP B ESP
http://www.youtube.com/watch?v=NsUplazBWp0



2011 NHK Takahiko Kozuka SP B ESP
http://www.youtube.com/watch?v=aJ4qtkIXLc4



2011 GPF Yuzuru Hanyu SP B ESP2
http://www.youtube.com/watch?v=jiZcEtxjqEI



今回は個人ごとに見て行きます。まずは技術点(TES)から。
高橋大輔選手の今季のTES遷移。
予想構成のうち、ピンク色にした要素は重要課題と個人的に思った要素です。
b0122046_10374517.jpg

やはり、重要になるのは冒頭の4回転ジャンプでしょう。理想は全日本の構成だと思います。
ただ、NHK杯では4Tを入れずに素晴らしい演技をして高いGOEを獲得しているので、
4Tを回避して完成度狙いでも十分戦えますが、(後で書きますが、この時のスコアが今季SP最高点)
GPF以降の構成を見ると、よほど調子が悪くない限りは4Tを入れてくると思います。
それと、今季はまだCCSpでレベル4を取れていないので、頑張ってほしいと思います。


続いて、小塚崇彦選手の今季のTES遷移。
b0122046_1124577.jpg

今季は国際大会に2試合しか出場していないため、国体のスコアも加えました。
小塚選手は4回転ジャンプ以外の要素はとても安定しているため、課題は4Tだけだと思います。
彼もまた、よほど不調でない限りは挑戦してくると思います。
小塚選手の場合はスピンのレベルはあまり心配ありませんが、
ステップでまだレベル4を取れていないので、頑張ってほしいです。


続いて、羽生結弦選手の今季のTES遷移。
b0122046_1114399.jpg

実は、今季日本選手3名の中で4T以外は一番安定した成績を取っているの羽生選手。
特に、国際大会でのスピン・ステップのレベル4率の高さは素晴らしいです。
4Tも3名の中では一番多く取り入れていますが、きちんと決まったことはまだないので、
羽生選手にとっても4Tが課題になると思います。


次は演技構成点(PCS)です。TESと同様に、個人別で見て行きます。
SS基準方式の詳細ついては、お手数ですが、こちらの記事をご覧ください。
b0122046_14105667.jpg

まずは高橋選手の今季のPCS遷移。
右下に国際大会の平均得点を出しています。(国内大会は参考程度に見て下さい)
b0122046_11201646.jpg

今季の高橋選手は、パトリック・チャン選手、ジェレミー・アボット選手と並ぶ高いPCSを獲得しています。
SSは平均が8.56なので、目標は8点台後半・NHK杯くらい出ると上出来だと思います。
ただ、4T導入の影響でシーズン後半はやや評価が下がっているのでミスは禁物です。
個人的には、今季のSPは気持ちの入り具合に若干の波があるように感じます。(あくまで個人的に、です)
4Tも入って、NHK杯の時のような気迫のある演技ができたら素晴らしいなぁと思います。


続いて小塚選手。
b0122046_11524132.jpg

正直、小塚選手のPCSは全く先が読めません。
SPに関しては国際大会2戦ともあまり内容がよくありませんでしたし、
要素の出来を除いても個人的にはずいぶん低い評価だなぁと思っていたので。
ただ平均SSとしては7.84なので、やはり8点台に乗せて、PCS40点台を狙いたいところではあります。
今季のSPはとても小塚選手のキャラクターに合っているように思うので、
あとはジャンプをビシっと決めて、クールでカッコイイ演技を見せてほしいなと思います。


最後は羽生選手。
b0122046_12253269.jpg

羽生選手は「-SS」評価が全ての試合でまあまあ以上の評価を受けています。これはけっこうすごいと思います。
SSの目標としては、7点台後半と言ったところでしょうか。最低でも7.50以上は欲しいところです。
SSはそう簡単に上がるものではない、と言うのが私の考えなのですが、
今季の四大陸ではそれを覆すような採点もあったので、とにかく良い演技をすることが大事だと思います。
羽生選手はこの年ですでに独特の雰囲気を出せる演技ができるところが素晴らしいです。
4Tがきっちり決まれば、さらに勢いが増すこと間違いなしです。頑張ってほしいです。


さて、まとめですが、figure skate memoさんのデータを基に、
現時点でのベストスコア(世界選手権出場予定選手に限る)をトップ10人まで並べてみました。
重複する選手もいるので、トップ10人を黄色く色付けし、★印をつけています。日本選手は太字です。
見づらい色合いで申し訳ありません(汗)
b0122046_12374554.jpg

ここに名前のある選手での表彰台争いになると私は予想します。
今季有力なのはパトリック・チャン選手です。(まず優勝間違いなしと思います…)
この表をSPのTSS順に並べ替えてみると次のようになります。
b0122046_12374959.jpg

はい、実は高橋選手のNHK杯のスコアが唯一の90点台だったんですね。
(もちろん地の利もあったと思うので、世界選手権でここまでの評価が出るかと言うと正直難しいとは思います)
最終グループに残るには、TSS80点以上が必要になってくるでしょう。
日本選手は3名ともノーミスなら余裕で80点台には乗るはずです。頑張ってほしいです。


次回は女子SPについて書きたいと思います!
世界選手権まであと4日です!!


****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2012-03-22 12:52 | フィギュアスケート
<< 台湾旅行記 はじめての海外旅行... 台湾旅行記 はじめての海外旅行... >>