ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
世界選手権に向けての復習(4)~日本女子FS編~
世界選手権までいよいよあと1日となりました!
今回は第4回目ということで、女子FSを振り返ります。最終回です!!
b0122046_21152829.jpg

※注意※
この記事は「ぼやき」記事に類似しますので、閲覧時はご注意願います。
(せっかくこのブログを見て下さっているのに大変失礼かと思いますが(汗)すみません。)





※はじめに※
記事中で使用する記号、基礎点、GOEによる加減点については詳しく説明しませんので、以下を参照してください。
◆Wikipedia フィギュアスケートの採点法

要素の表記の仕方ですが、私個人の好み(笑)の問題で、コンビネーションジャンプは「-」で表記します。
(本来は「+」表記ですが、あくまで好みの問題です(笑))
また、「+COM」は「+COMBO」の意味です。
「+SEQ」「+COMBO」は以下のリンクに分かりやすく書かれているので、参照して下さい。
◆フィギュアスケート資料室 ※「用語辞典」をクリック
◆Yahoo!知恵袋 「ザヤック SEQ COMB」 ※解答部分が参考になります。

最後に大事なことを1つ。
現採点法で問題となっている回転不足判定やエラーエッジ判定の正当性に関しては論じないことにします。
私は採点に疑問は持ってはいますが、この議論を始めるときりがないし所詮は素人なので大きなことは言えません(汗)
よって、これらの判定については正しいという前提で話を進めます。(といっても、本音が漏れることはあると思います(笑))

画像はクリックすると拡大されるはず(汗)ですので、見難い場合は画像をクリックしてみてください。
間違いがある場合は是非ご指摘ください。よろしくお願いします。


まずは各選手の今季最高点が出た時の演技を振り返ってみます。
以下、今季のスコア遷移を見て行きますが、スコアはGPSから現時点での大会のものとします。

2011 NHK Mao Asada LP B ESP
http://www.youtube.com/watch?v=-VDCnD9fiSU



2011 SC Akiko Suzuki LP B ESP
http://www.youtube.com/watch?v=TxxIvWOWPrw



Kanako Murakami 4CC2012 FS
http://www.youtube.com/watch?v=Cp2SdPWk600



個人ごとに見て行きます。まずは技術点(TES)から。
浅田真央選手の今季のTES遷移。
予想構成のうち、ピンク色にした要素は重要課題と個人的に思った要素です。
b0122046_20221366.jpg

SP同様、冒頭3Aは必ず入れてくるはずなので、最低でも四大陸レベルで決めておきたいところです。
スピンとステップは今季しっかりレベルを取り続けているので問題ないでしょう。
3Lzは今季だいぶ安定してきたので、この調子でeを気にせずに飛んでほしいです。
あとは後半の2A-3Tと3Sをしっかり決めることが重要と思います。
それにしても、スケーティングやジャンプの改良を始めて2シーズン目ですが、素晴らしい成果が出ていますね。


続いて、鈴木明子選手の今季のTES遷移。
b0122046_20222136.jpg

国体で構成を少し変えたとのことなので、予想構成も国体に合わせてみました。
鈴木選手の今季の課題は後半の2つのコンビネーションジャンプでしょう。
特に、3Lz-2T(だと思うのですが)は今季一度も決まっていません。何とか決めたいところです。
スピンも含めて基礎点の高い構成なのでぜひ全ての要素を成功させてほしいです。


続いて村上佳菜子選手の今季のTES遷移。
b0122046_20222718.jpg

今季なかなか安定しないFSですが、四大陸の構成でいくと思われます。
ピンクにしなかったのですが、先日開催された愛知選手権で冒頭の3Loが抜けてしまったのでこれにも注意が必要です。
後半の3T-3Tは決まると大きいのでぜひ決めてほしいところです。
スピンはあまり心配していないのですが、ステップがまだレベル3が1度なので、3以上とれるように頑張ってほしいですね。


次は演技構成点(PCS)です。TESと同様に、個人別で見て行きます。
SS基準方式の詳細ついては、お手数ですが、こちらの記事をご覧ください。
b0122046_14105667.jpg

まずは真央選手の今季のPCS遷移。
右下に国際大会の平均得点を出しています。(国内大会は参考程度に見て下さい)
b0122046_21164555.jpg

四大陸で随分評価が下がってしまったのが気にかかりますが、
今季の真央選手のFSのSSは四大陸以外は8点台と高得点を得ています。
確かにNHK杯、ロシア杯ではスケーティングの伸び、スピード感が素晴らしかったです。
この2試合の時のようなスピード感や伸びが出せれば、SS8点台は確実だと思います。
プログラムの出来に関してはもう素晴らしい以外に言うことはありません。とにかくやりきってほしいです。


続いて鈴木選手。(別のPCで修正したのでちょっとフォントが違います(汗))
b0122046_21354950.jpg

SP同様、NHK杯以降はSS8点台が出ているので、大きなミスがない限りは8点台が出そうですね。
ただFSは後半のミスが怖いので油断は禁物です。
今季ほぼノーミスの演技も見れていないので、世界選手権ではぜひ頑張ってほしいところ。
「-SS」評価ももっと上がると思うので、ノーミス目指して頑張ってほしいです。


続いて村上選手。
b0122046_21165423.jpg

今季あまり良い演技ができていないのでPCSもやや厳しい状況にあります。
平均SSは7.00なので、これを超えたいところ。
シニア2年目は正念場だと思うので、良い演技をして来季以降につなげたいですね。
2度目の世界選手権なので、前回の順位を超えられるように頑張ってほしいです。


最後にまとめですが、今回もfigure skate memoさんのデータを基に、
現時点でのベストスコア(世界選手権出場予定選手に限る)をトップ10人までの表をFS順に並べてみます。
重複する選手もいるので、トップ10人を黄色く色付けし、★印をつけています。日本選手は太字です。
見づらい色合いで申し訳ありません(汗)
元の表はこちらでご覧ください。
b0122046_2146179.jpg

カロリーナ・コストナー選手がFSでも安定の成績を収めていますね。
そこに、四大陸のアシュリー・ワグナー選手、そして真央選手と続いています。
表彰台に乗るには110点後半から120点台が必要となりそうです。
真央選手は、NHK杯の出来で3Aが入れば、まず間違いなく120点以上出ると思います。
鈴木選手は後半のジャンプが決めることが絶対条件でしょう。
村上選手は3Loと後半3T-3Tをバッチリ決めて、とにかくやり切ってほしいです。


いよいよ明日、世界選手権が開幕します。
ああ~ドキドキしますね!
選手の皆さんが怪我なく神演技できますように!!


****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2012-03-25 22:06 | フィギュアスケート
<< 世界選手権 鈴木明子選手、村上... 世界選手権 BS放送予定&最新... >>