ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
ジョアニー・ロシェット選手 復帰を示唆?
ジョアニー・ロシェット選手について、ちょっと気になるニュースがありましたのでご紹介します。
またまた怪しい(笑)機械翻訳付でお知らせします。

ニュース記事
Winnipeg Free Press Rochette pondering return to Olys
b0122046_1915125.jpg





Rochette pondering return to Olys
Tempted by Sochi, Canadian hero could put off retirement
Posted: 05/3/2012 1:00 AM

Joannie ROCHETTE is at a crossroads in her life, unsure which way she'll turn. One road could take her back to the Olympic Games -- this time in Sochi, Russia, in 2014. The other would lead to the rest of her life.
"I would love to be on the Canadian Olympic team once more, for sure," said Rochette, the 2010 Olympic bronze medallist who also competed in Turin in 2006, finishing fifth.
"I would like to go back and have an Olympic experience that is more light on the heart, to have a happy Olympics. But at the same time, it's a big commitment. You cannot do shows and travel as much, but I love to do shows," said the 26-year-old figure skater.
At the Vancouver Olympics, Rochette's mother Therese died of a heart attack just two days before her daughter was to compete. A grief-stricken Rochette carried on and with two gutsy and poignant performances captured hearts around the world.
"That does seem like a long time ago," the six-time national champion told the Free Press in a telephone interview ahead of her seventh, cross-Canada Stars on Ice tour.
After carrying the Canadian flag in the Olympics closing ceremony, Rochette went home to Quebec to grieve in private. She skipped the world championships (she won silver the year before) but soon after began an as yet endless series of ice shows, personal appearances and motivational speeches. As spokesperson for University of Ottawa Heart Institute, she released a workout DVD and collaborated with Birks to design a heart-shaped pendant to raise funds for the Institute's iheartmom campaign. A trip with World Vision, the official charity of Stars on Ice, took her to a fishing village in Honduras. Rochette seldom unpacked her suitcase.
Over three weeks with the Stars tour, she'll play 12 Canadian cities, stopping in Winnipeg on May 9 (7 p.m., MTS Centre). Also on tour are reigning Olympic and world ice dance champions Tessa Virtue and Scott Moir, 2014 Olympic medal hopefuls Kaitlyn Weaver and Andrew Poje, 2008 world champion Jeff Buttle and four-time world champion Kurt Browning, who choreographed this year's Love 'n' Life-themed show.
Since the 2010 Olympics, Rochette has competed twice against the who's who of women's skating at the invitational Japan Open. She won in 2010 and was second last year.
"I love to compete, but if I don't get invited again (to Japan) I'll still get back to training more intensely this summer because I want to be ready if I decide to compete again at the Olympics," she said.
"I don't want to go as a tourist (a non-contender). I want to be in great shape. For an athlete, it's always hard to go back to an Olympics after you've won a medal because you want to do better.
"I think I'll know (what decision to make) by how I feel on the ice. I love to skate and I think I'm still in good enough shape to go back but, at the same time, I could have other opportunities in my life," she said, continuing her one-person debate.
Rochette is already looking forward to a non-skating life -- finishing her college studies and one day having children. She has watched her boyfriend Guillaume Gfeller (a former Canadian ice dance competitor) make his own transition "to real life."
Skate Canada high performance director Mike Slipchuk plans to meet with Rochette sometime during the Stars tour to discuss her potential return to International Skating Union (ISU) competition. He wants to ensure she understands ISU Olympic eligibility requirements and Skate Canada's expectations before making her decision.
"If Joannie wanted to be part of the 2014 team, we'd love to have her. She's been a great competitor, a great role model for Canadian skating. Who wouldn't want her included in the mix?" said Slipchuk.
"Definitely Joannie would be among the top (competitors). She shows that each year at the Japan Open. Her experience and her international track record speak for itself," he added.
Since Rochette stepped away from ISU competition, her successors haven't come close to filling her boots. International results for the 2012 and 2011 national champions, Amelie Lacoste and Cynthia Phaneuf (also on the Stars tour), were dismal this season, relegating Canadian women to one entry for the 2013 world championships in London, Ont., where Olympic berths will be awarded.
Although Rochette might easily secure two berths with a top-10 result in London next year, her stated plan for now is to attend that event as a spectator.



***ここから翻訳文***
オリンピックへのリターンを熟考するロシェット
ソチの誘惑、カナダの英雄は、引退を先送りにする可能性があります
日時:2012年5月3日1:00

ジョアニー・ロシェットは、彼女がどの方に向かうか不確かな彼女の生活での十字路にあります。1つの道はオリンピックに彼女を取り戻す可能性 - 今回はソチ、ロシアで2014年。他方は彼女の生活の残りに結びつくでしょう。

「私は確かに、もう一度カナダのオリンピックチームになりたいです」と2006年にトリノに出場し5位に終わり、2010年冬季オリンピック銅メダリストのロシェットは言った。

「私は戻って、幸せなオリンピックを持っている、心に多くの光であるオリンピックの経験を持っていると思います。しかし同時に、それは大きな取り組みです。あなたがショーを行うと同じくらい旅行することができません。しかし、私は、ショーを行うのが大好きです」と26年来のフィギュアスケーターが言いました。

バンクーバーオリンピックで、ロシェットの母テレーズは、彼女の娘が競技することであったちょうど2日前に心臓発作で死亡した。悲しみに打ちひしがれたロシェットは続行し、2つの勇敢で強烈なパフォーマンスで世界中の心を捕獲した。

「それはずっと前にのように思える。」6回の国内チャンピオンは彼女の第7のクロスカナダスターズオンアイスツアーを前に、電話インタビューでフリー·プレスに語った。

オリンピック閉会式に入れてカナダのフラグを運んだ後に、ロシェットは私的に悲しむためにケベックへ帰宅しました。彼女は世界選手権(彼女は前年銀を獲得しました)をスキップしました、しかしすぐに後に、まだ無限の一連のアイスショーや個人的な出演や意欲を高めるスピーチを始めました。オタワ心臓研究所の大学のスポークスマンとして、彼女はエクササイズDVDをリリースし、研究所のiheartmomキャンペーンのための資金を調達するハート型のペンダントを設計するようにBirksと協力しました。世界ビジョン、アイス上のスターの公式チャリティーを備えた旅行は、彼女をホンジュラスの漁村へ連れて行きました。
ロシェットは彼女のスーツケースをめったに解きませんでした。

スター旅行を備えた3週以上、彼女は5月9日(午後7時およびMTSセンター)にウイニペグに立ち寄って、12のカナダの都市で公演するでしょう。また、ツアーでは、オリンピックや世界アイスダンスチャンピオンのテッサ・バーチューとスコット・モイヤー、2014年オリンピックメダル候補ケイトリン·ウィーバーとアンドリュー・ポジェ、2008年世界チャンピオンのジェフリー·バトルと、今年の Love 'n' Lifeをテーマにしたショーの振り付け担当した4度の世界チャンピオンカートブラウニングが君臨されている。

2010年のオリンピック以来、ロシェットはロシェットは、誰に対して2度競争しました、女性の誰が招待者だけのジャパン・オープンでスケートをしているかです。彼女は2010年に勝ち、昨年の2番目にあった。

「私は競争するのが大好きですが、私は(日本に)再び招待されない場合は、私はまだ私はオリンピックで再び競争することにした場合の準備にしたいので、この夏より激しくトレーニングに戻りましょう」と彼女は言った。

「私は観光客(非競争者)として行きたくありません。私は大きな形にいたい。スポーツ選手にとって、もっと上手に行いたいので、メダルを獲得した後、オリンピックに戻るのは常に難しい。」

「私は、氷の上でどのように感じるかによって、知っていよう(どの決定を下すか)と思います。
私は、スケートをするのが大好きです。また、私は、戻るために私はまだ十分に調子が良いと思います、しかし、同時に、私は他の機会を一生のうち持つことができました。」彼女は1人討論を継続して言いました。

ロシェットはスケートをしない生活を既に期待しています -- 彼女の大学研究を終了し、いつかは子どもを持ちます。彼女は、ボーイフレンドのGuillaume Gfeller(元カナダのアイスダンス競争者)が、「実生活への」自分の推移を作るのを見ました。

スケートカナダの高性能ディレクターMike Slipchukは、国際スケート連盟(ISU)の競争への彼女の潜在的なリターンを議論するためにスターズの旅行中にロシェットにいつか会うことを計画します。彼は、彼女に決定を作る前に、彼女がISUのオリンピックの有資格者の条件およびスケート・カナダの期待を理解することを保証したい。

「もしジョアニーが2014年のチームの一部になりたければ、私たちは彼女を招待したい。彼女は偉大な競争者(カナダ人スケート用の大きな役割モデル)でした。誰がミックスに含まれて、彼女を望まないでしょうか。」Slipchukは言いました。

「確かに、ジョアニーはトップ(競争者)中にいるでしょう。彼女は毎年、ジャパン・オープンでそれを示します。彼女の経験および彼女の国際的な実績はおのずから明らかです」と彼が付け加えました。

ロシェットがISU競争から遠ざかって歩んで以来、彼女の後継者は彼女のブーツを満たすことに近くなっていません。2012年、2011年ナショナルチャンピオン、アメリ・ラコステとシンシア・ファヌフ(これもスターツアー)のための国際的な結果は、オリンピックのバースが授与される、オンタリオ、ロンドンでの2013年の世界選手権へのカナダの女性のエントリーをに1つに格下げ、今シーズンの悲惨だった。

ロシェットが容易にロンドン来年のトップ10の結果で2つのバースを確保する可能性がありますが、彼女は今のところ計画は観客としてこのイベントに出席するためであると述べた。
****************



というわけで、ちょっと長くて大変でしたが(汗)
復帰を明言している感じではないですが、時期的にどちらかに決めなければならないという意思が感じられます。
今季、ラコステ選手やファヌフ選手の成績があまり振るわなかったことも影響しているかもしれません。
ただ、ジャパンオープンやショーでロシェット選手の見る限り、いつでも復帰できそうに思えます。
ソチ五輪の団体戦に出るために復帰するということも考えられますよね。

決断するのはロシェット選手ですが、復帰が決まればまた強敵となるでしょう。
男子はすでにエヴァン・ライサチェク選手やジョニー・ウィアー選手などが来季からの競技復帰を宣言していますが、
男子だけでなく、女子もこれまで休養していた選手が復帰を宣言するかもしれませんね。


****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2012-05-04 22:29 | フィギュアスケート
<< THE ICE 2012 追加... 【動画紹介】高橋大輔選手 ne... >>