ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
シンシア・ファヌフ選手 引退を表明
数日前から情報がありましたが、シンシア・ファヌフ選手が引退を表明しました。
いくつかニュース記事が出ていますが、ここではicenetwork.comの記事を
怪しい(笑)翻訳付でご紹介したいと思います。

ニュース記事
icenetwork.com Phaneuf: 'I've done everything I wanted to'
b0122046_10355640.jpg





b0122046_12121568.jpg
Phaneuf: 'I've done everything I wanted to'
Two-time Canadian champion hangs up skates with no regrets
By Lois Elfman, special to icenetwork.com

(09/26/2012) - "I want to try new stuff, and it's because of that I'm retiring," two-time Canadian ladies champion Cynthia Phaneuf told icenetwork.com Wednesday in a telephone interview shortly before making her official announcement at a press conference in Montreal.

Phaneuf, 24, seriously considered retiring from competitive skating once before. The year was 2006; felled by injury, she saw her dreams slipping away. Just two years earlier she had won the Canadian title in a huge upset, but her progress was stopped cold by knee and ankle injuries.

"I knew there was something else I could go get in figure skating that I didn't earn before," she said. "Now, it's different. I've done everything I wanted to, even more than I thought I would have done. I'm ready to move on."

Phaneuf had originally planned to retire from competition after the 2010 Olympic season, but when she followed up a strong 12th-place finish in Vancouver with fifth place at the 2010 World Championships, she decided to continue. She wanted to win a second Canadian title, which she did in 2011.

Last year, she decided to continue competing with an eye toward 2014, but the 2011-12 season proved full of disappointments. With painful problems, she had poor results at her two Grand Prix competitions: Skate Canada and NHK Trophy. Then, in November, she made an abrupt coaching change, leaving her longtime coaches in Montreal to train in Toronto with Brian Orser.

After placing second at the 2012 Canadian Championships, Phaneuf was given a second chance at earning a berth on the Canadian world team by outperforming Canadian champion Amélie Lacoste at the Four Continents championships, but Lacoste had the better placement.

In the early summer, Phaneuf was diagnosed with a stress fracture in her back.

"When I came back to Montreal from Toronto, it was kind of a relief," Phaneuf said. "I started physical therapy so I can go back on the ice, but when it was time for me to go back on the ice I wasn't really feeling like it. I had a lot of other plans. I wanted to try new stuff. I was looking forward to a new beginning of my life."

Part of that new beginning includes boyfriend Maxime Talbot, a hockey player with the Philadelphia Flyers. Due to the current NHL lockout, they are still in Montreal, but when the lockout is resolved Phaneuf plans to move with him to Philadelphia.

She is interested in going back to school. Phaneuf said her back feels great, so she's definitely up for doing some coaching. She's already talked to Isabelle Brasseur about working with some of Brasseur's students.

Two days before announcing her retirement, Phaneuf skated at a day-long seminar for young skaters from the North Bay Figure Skating Club. She greatly enjoyed it and said she hopes to do a lot more skating clinics. She may even start working with hockey players on skating skills.

For now, Phaneuf has a couple of contracts to skate in shows later this year and she is beginning to figure out how to execute various project ideas she has.

"I'm very busy, more than if I would have been skating," she said. "I have a few things I would like to try and to experiment. Now I have the chance to do new stuff, and I'm very excited about this."

Having listened to her inner voice that told her to persevere in 2006, she trusts her instincts now.

"One of the things I like about my career is I had a lot of ups and downs -- my ups were very high and I had very good moments," Phaneuf said. "For sure, the Olympics would be one of the best moments that I had. The 2010 year was amazing for me. Being able to go to Olympics and skating there and after that finishing fifth at the world championships.

"Then I was on tour with Stars on Ice. It was one of the best years I ever had in my life. I have so many good memories about this year.

"I don't regret anything," she added. "I'm very confident about my decision."


***ここから翻訳文***
ファヌフ: 「私は私がしたいことすべてをやった」
二度のカナダチャンピオンが後悔なくスケートをハングアップする

(2012年9月26日) - 「私は新しいものを試してみたい、そしてそのために私は引退します」と、二度のカナダの女性チャンピオン、シンシア・ファヌフは、まもなくモントリオールでの記者会見で彼女の公式発表を行う前に、電話インタビューでicenetwork.com水曜日に語った。

ファヌフ(24)は、真剣に前に一度競技スケートから引退考えた。2006年だった。負傷で倒れ、彼女は、夢がなくなるのを見た。ちょうど2年前、大きな混乱の中でカナダのタイトルを獲得していたが、彼女の進歩は、膝と足首の怪我により完全に停止させた。

「私は私が以前に獲得しなかった、フィギュアスケートで得ることができる何かがあることを知っていました」と彼女は言った。 「今は違います。私は私がやっているだろうと思った以上に、私がしたいことすべてをやりました。私は移動する準備が整いました。」

ファヌフは、もともと2010年のオリンピックシーズン後に競技から引退することを計画していたが、彼女はバンクーバーで12位、2010年の世界選手権で5位とよく続いたときに、彼女は継続することを決めた。彼女は2011年に行った第二カナダのタイトルを獲得したかった。

昨年、彼女は2014年に向かって競合を続けることを決めたが、2011から12シーズンは失望でいっぱいであると証明された。痛みを伴う問題で、彼女は2つのグランプリ大会:スケートカナダとNHK杯で悪い結果を持っていた。その後、11月に、彼女はブライアン·オーサーとトロントで練習して、モントリオールで彼女の長年のコーチを残して、突然のコーチングの変更を行いました。

2012年カナダ選手権で2位についた後、ファヌフは四大陸選手権でカナダのチャンピオン、アメリ・ラコステを上回ることによってカナダのワールドチームとしての出場権を獲得する二度目のチャンスを与えられたが、ラコステがより良い順位を有していた。

初夏に、ファヌフは、背中の疲労骨折と診断された。

「私はトロントからモントリオールに戻ってきたとき、それは安堵のようなものでした」ファヌフは言った。 「氷の上に戻ることができるように、理学療法を始めました。しかし、私が氷の上に戻った時、私は実際にそのように感じていませんでした。私は多くの他の計画を持っていました。私は新しい材料を試みたかった。私は、生活の新しい始めを楽しみにしていました。」

その新しい始めの一部に、ボーイフレンドのMaxime Talbot(フィラデルフィア・フライヤーズとのホッケー選手)を含んでいます。現在のNHLロックアウトにより、それらはまだモントリオールにあります。しかし、ロックアウトが解決される場合、ファヌフは、フィラデルフィアへ彼と移動することを計画します。

彼女は学校へ戻ることに興味を持っている。ファヌフは、彼女の背が大きく感じると言い、彼女はコーチを行うことに明確に起きています。彼女は、Brasseurの学生のうちの数人と仕事をすることに関してイサベルIsabelle Brasseurに既に話話しかけている。

二日間彼女の引退を発表する前に、ファヌフはノースベイフィギュアスケートクラブから若いスケーターのために一日がかりのセミナーで滑走する。彼女は非常にそれを楽しんで、彼女はより多くのスケートクリニックを行いたいと考えていると述べた。彼女もスケートスキルにアイスホッケー選手で作業を開始することがあります。

今のところ、ファヌフは今年後半のショーでスケートをする契約のいくつかを持って、彼女は彼女が持っている様々なプロジェクトのアイデアを実行する方法を理解し始めている。

「私がスケートをした場合より、非常に忙しいです」と彼女が言った。「私は、試したい、実験したいのものを持っています。今、私は新しいことを行う機会を得ています。そして、私はこれに非常に興奮します。」

2006年を忍耐強く続けるように彼女に命じた内面の声を聞いたが、彼女は今本能を信頼する。

「私が経歴に関して好きなもののうちの1つは、私が多くの浮き沈みを持っていたということです -- 私の浮きは非常に高かった。また、私は非常に楽しい瞬間を過ごしました。」とファヌフが言った。「確かに、オリンピックは私が持っていた最良の瞬間のうちの1つになるでしょう。2010年の年は私にとって驚くべきです。オリンピックに行くことができ、そこでスケートができたこと、そしてその後に世界選手権で5位に終われたことは。」

「それから私はスターズ・オン・アイスのツアーに参加しました。それは今まで私の人生で最高の年の一つでした。今年はについて非常に多くの良い思い出があります。」

「私は何も後悔していない」と彼女は付け加えた。 「私は私の決断について非常に自信があります。」
****************


怪我のため、今季のグランプリシリーズの欠場を発表していたファヌフ選手。
ですが、それとは別に、彼女の中で何か新しいことをしたいという気持ちが生まれたようですね。
コーチ業やショー出演など、とても前向きな姿勢がうかがえます。

ファヌフ選手は昨季のNHK杯で生で見ることができましたが、やはり引退はとても寂しいです(涙)
ですが、ファヌフ選手の新しい出発をお祝いしたいと思います!
お疲れさまでした!そしてこれからのファヌフ選手の活躍に期待します!!

TORINO 2010 27/03/2010 -11/21- LADIES Free Skating FINAL - CAN Cynthia PHANEUF
http://www.youtube.com/watch?v=UzclIKWbkxo

b0122046_12121939.jpg


****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2012-09-27 12:34 | フィギュアスケート
<< ネーベルホルン杯 アイスダンス... ネーベルホルン杯 大会日程・S... >>