ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
世界選手権に向けての復習(2)~男子FS編~
前回の男子SP編に続き、世界選手権に出場する総合スコア上位の選手の今季のプログラムを復習したいと思います。
色々辻褄の合わないところも出てきます(汗)まぁ素人考えということで大目に見てください。
というわけで、勝手に予想構成を出したり(笑)と色々考えてみたいと思います。

今回は第2回目ということで、男子FSです。
b0122046_12194783.jpg

※注意※
この記事は「ぼやき」記事に類似しますので、閲覧時はご注意願います。
(せっかくこのブログを見て下さっているのに大変失礼かと思いますが(汗)すみません。)
また、非常に長い記事なので、お時間があるときにご覧下さいませ。





※はじめに※
記事中で使用する記号、基礎点、GOEによる加減点については詳しく説明しませんので、以下を参照してください。
◆Wikipedia フィギュアスケートの採点法

要素の表記の仕方ですが、私個人の好み(笑)の問題で、コンビネーションジャンプは「-」で表記します。
(本来は「+」表記ですが、あくまで好みの問題です(笑))
また、「+COM」は「+COMBO」の意味です。
「+SEQ」「+COMBO」は以下のリンクに分かりやすく書かれているので、参照して下さい。
◆フィギュアスケート資料室 ※「用語辞典」をクリック
◆Yahoo!知恵袋 「ザヤック SEQ COMB」 ※解答部分が参考になります。

最後に大事なことを1つ。
現採点法で問題となっている回転不足判定やエラーエッジ判定の正当性に関しては論じないことにします。
私は採点に疑問は持ってはいますが、この議論を始めるときりがないので(汗)
よって、これらの判定については正しいという前提で話を進めます。
(といっても、本音が漏れることはあると思います(笑))

それと、以降で出てくるSS基準方式の詳細ついては、お手数ですが、こちらの記事をご覧ください。
b0122046_14105667.jpg

画像はクリックすると拡大されるはず(汗)ですので、見難い場合は画像をクリックしてみてください。
間違いがある場合は是非ご指摘ください。よろしくお願いします。



まず、SP編でもご紹介した今季のベストスコアを。
世界選手権出場予定で、無良崇人選手までで11名だったので重複を含めてベストスコアを抽出してみました。
★印付きで色付けされている欄が各選手のベストスコアです。
公式記録にはならないのでものすごく迷ったのですが、B級大会の記録も反映しました。
b0122046_113380.png

このトップ11名に注目して、今回はFSということでFSのベストスコアを抽出します。
b0122046_1226596.png

SPと同じように、このFSのベストスコア順に各選手の今季最高点が出た時の演技とスコア遷移を振り返ってみます。
なお、スコア遷移については現時点までの直近4大会分として、TESとPCSをあわせてざっくりと見ていきます。
(画像の幅の問題です…すみません(汗))
例によって(笑)勝手に予想構成も考えてみました。あくまで予想ということで…
スピン、ステップについてはレベル3狙いという選手もいるかもしれませんが、レベル4を前提としています。


1.ハビエル・フェルナンデス選手 欧州選手権 186.07
ISU ZAGREB 2013 -20/23- MEN FP - Javier FERNANDEZ - 26.01.2013
http://www.youtube.com/watch?v=F5RcdUor6tg
b0122046_12331616.jpg

GPF以降は素晴らしい演技が続いています。後半4Sが恐ろしいですね(汗)
PCSは点数的にだけでなく内容も高い評価を得ています。
あとはジャンプ回転抜けに注意して、この好演技を維持できるといいなと思います。



2.羽生結弦選手 GPF 177.12
ISU GP Final SOCHI 2012 -4/7- MEN FS - Yuzuru HANYU - 08/12/2012
http://www.youtube.com/watch?v=CYFpI4_yZt0
b0122046_12564544.jpg

4Sにやや苦戦しているものの、NHK杯以降は演技をまとめることはできてきているように思います。
PCSはSPに比べるとやや評価が上がっていないかなという感じでしょうか。
4Sを決めることと、どこまでプログラムの滑りこみができているかがカギになりそうです。



3.高橋大輔選手 GPF 177.11
ISU GP Final SOCHI 2012 -6/7- MEN FS - Daisuke TAKAHASHI - 08/12/2012
http://www.youtube.com/watch?v=Rj0WOAZdSf0
b0122046_13365592.jpg

今季は4Tが課題というイメージですが、昨季安定していた3Aが今季不安定なのが気になります。
ですが、GPFや全日本のようにまとめられた時のPCSの爆発力が強みですね。
4T以降の演技をいかにまとめるかが重要だと思います。



4.パトリック・チャン選手 ロシア杯 176.91
Rostelecom Cup 2012 -10/11- MEN FS - Patrick CHAN - 10/11/2012
http://www.youtube.com/watch?v=jaqK5pNmmxA
b0122046_13563133.jpg

SP同様、なかなか4Tが安定しないのが気になりますが、後半3Aにも苦戦しているように思います。
ですが、要素の1つ1つがとても質が良くGOE加点も得やすいのがやはり強いですね。PCSもさすがの高得点です。
今季は演技に力が入っているように思うので、とにかくジャンプの出来が重要になりそうです。



5.ケヴィン・レイノルズ選手 四大陸選手権 172.21
2013 4 Cont. Kevin Reynolds LP B.ESP2
http://www.youtube.com/watch?v=k6f0WF3BYCU
b0122046_18552731.jpg

シーズン後半にかけてジャンプのURやDGが減っていますね。3つの4回転にセカンド3Loなどとにかく構成がすごいです。
PCSは内容の評価は元々高いので、良い演技をすればどーんと出る可能性が高いと思います。
予想構成は四大陸選手権の時のものにしましたが、これが全部成功したらすごいことになりそうです。



6.ミハル・ブレジナ選手 欧州選手権 163.68
ISU ZAGREB 2013 -21/23- MEN FP - Michal BREZINA - 26.01.2013
http://www.youtube.com/watch?v=Th96sADVjEw
b0122046_1927279.jpg

4S2本の構成でどちらかはコンビネーションになりますが、今季まだ両方の成功はありません。
PCSはSSは7点後半が常になってきているので、8点台に乗るといいなと思います。
滑りこみはできているプログラムだと思うので、あとは4S2本をしっかり決めることかなと思います。



7.マックス・アーロン選手 四大陸選手権 162.19
2013 4 Cont. Max Arron LP B.ESP2
http://www.youtube.com/watch?v=Zt4J_HCmZzY
b0122046_20274133.jpg

全米選手権、四大陸選手権と4Sを含むジャンプの安定感が素晴らしいですね。
やはりPCSは読めませんが、7点台後半をそろえることが目標となるでしょうか。
予想構成のうちジャンプは高確率で決まりそうなので、あとはスピン、ステップですね。



8.ロス・マイナー選手 NHK杯 161.96
ISU NHK Trophy 2012 -6/10- MEN FS - Ross MINER - 24/11/2012
http://www.youtube.com/watch?v=bkA_UF9TxTM
b0122046_2056224.jpg

シーズン後半からの3Aの回転抜けが気になりますが、4S以外は基本的にまとめることができているようです。
PCSは7点台で安定してきていますが7点後半を並べたいところでしょうか。
NHK杯のような演技が目標になりそうですね。



9.フローラン・アモディオ選手 欧州選手権 160.71
ISU ZAGREB 2013 -22/23- MEN FP - Florent AMODIO - 26.01.2013
http://www.youtube.com/watch?v=vgWi0Ekr5Og
b0122046_21141699.jpg

フランス選手権、欧州選手権とジャンプが1つ少ないですが、高いPCSでカバーしているような感じですね。
今季はジャンプ構成が定まっておらず予想構成が難しかったので、実際どうなるか読めません。
要素をいかにまとめるかが課題になってきそうです。



10.無良崇人選手 フランス杯 154.03
ISU Trophée BOMPARD 2012 -7/9- MEN FS - Takahito MURA - 17/11/2012
http://www.youtube.com/watch?v=TVkLHY1Oh2A
b0122046_2124826.jpg

今季まだ後半の3連続コンビネーションジャンプが決まってないのと、回転抜けが出てしまうのが気になりますが、
大崩れしたイメージはないので、しっかりまとめられればPCSも上がってくるのではないかと思います。
4Tはだいぶ安定してきていると思うので、あとはジャンプの回転抜けに注意といったところでしょうか。



11.ブライアン・ジュベール選手 チャレンジカップ 150.45
Brian Joubert 2013 Challenge Cup FS (Audio Dubbed Ver.)
http://www.youtube.com/watch?v=yslwuG9XE_Q
b0122046_21353880.jpg

シーズン後半にかけて4Sを入れたりと一気にレベルを上げてきました。
ジュベール選手も今季のジャンプ構成が読みにくいです。中盤の3Tはもしかしたら4Tかもしれないですね。
PCSは良い演技であれば8点台が並びそうです。



ざっと振り返ったところで、
SP同様、各選手の平均GOEから、基礎点に対してどれほどGOEが出ているかという割合(以下GOE割合)を算出し、
このGOE割合と、予想構成の基礎点、平均PCSを合わせた予想点数、予想スコアを見ていきます。
(あくまで予想ですので正当性はありません!(汗))
GOE割合の目安は、10%~:良い演技、15~20%:かなり良い演技、20%~:神演技といった感じかなと思います。
b0122046_21402579.png

もっとも高い点数に色付けしてみました。
高いGOEとPCSでチャン選手がトップとなりました。特にPCSは平均を取ると圧倒的ですね。
フェルナンデス選手、羽生選手はTESは勝っていますがPCSでいかに差をつけられないようにするかといった感じです。
そしてレイノルズ選手は基礎点トップですが、やはりPCSを伸ばしたいところです。

これをさらに、上記で振り返った最高点(最高スコア)と比較してみます。
赤字は私の独断と偏見の何となくな基準でチェックしてみました。
(簡単に言うと、赤字が多いほど課題があるということです。)
b0122046_2245298.png

SPと同じ説明になりますが、
予想点と最高点の差異が小さい方が、今季より安定した演技ができているとみなせるかなと考えます。
最高点の方が予想点より高い場合は、基礎点をしっかり取ったうえでいかにGOEとPCSを保てるか、
予想点の方が最高点より高い場合は、いかに予定の基礎点を取れるかがカギになるかなと思います。
FSは170点台での戦いになることが予想されます。

予想点トップとなったチャン選手ですが、基礎点の最高点が予想よりかなり下回っています。
アモディオ選手、ジュベール選手、無良選手も10点以上下回っていますが、逆にそれだけ伸びしろがあるとも言えます。
逆に、高橋選手は基礎点はかなり安定しているので、あとはいかにGOE加点を得られるかがカギと思います。
マイナー選手は最高点と予想点がほぼ同じくらいなので、このスコアを超えることが目標になりそうです。

最後に、SPとFSの予想点から総合予想点を出してみました。
画像が小さくて申し訳ありません(汗)クリックすると拡大してみれるページになります。
SPは80後半、FSは170以上、総合250後半が表彰台のラインになりそうな感じですね。
b0122046_21522536.png


あくまでデータ上の予想点なのであまり深く考えないでいきたいところですが(汗)
今季はSPもFSもそろえられていた選手はあまりいなかったと思うので、
世界選手権では全選手がどちらもしっかりそろえた演技ができるよう願います!

世界選手権開幕まであと1日!
次回は女子SP編の予定です。乞うご期待(汗)

****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2013-03-09 22:07 | フィギュアスケート
<< 世界選手権に向けての復習(3)... 世界選手権に向けての復習(1)... >>