ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
2013-2014シーズン ルール変更の詳細
大変遅くなってしまいましたが(汗)
日本スケート連盟よりルール変更に関するコミュニケーションの和訳版が公開されましたのでご紹介します。
コミュニケーションはシングル・ペアに関するものです。
※1790号で訂正などがされていない部分に関しては、1724号のルールが採用されます。

日本スケート連盟公式サイト
ISUコミュニケーション/ハンドブックQ&A
国際スケート連盟コミュニケーション第1790号 価値尺度(SOV),難度レベル(LOD),GOE 採点のガイドライン

前回のルール変更に関する記事はこちら⇒2012-2013シーズン ルール変更の詳細 ※6/29追記





技術要素に関する変更、及びジャンプ・スピン・ステップに関する基礎点とGOE配点に変更はないようです。
今回はレベル要件やGOEガイドラインのみの変更のようなので、変更点を書き出してみたいと思います。
なお、今回もシングルのみに注目させてもらいます(汗)。
何か間違いがありましたら、ご指摘お願い致します。


<レベル要件、GOEガイドラインの変更点>

1)ステップ・シークエンス
 ①レベル1の要件「最低限に多様(レベル1)」とその内容の追加
  最低限に多様とは少なくとも5個のターンおよび2個のステップを含まなければならず、
  どの種類も数えてよいのは2個までである。
 ②ターンの組み合わせについての表現の変更
  「シークェンスの中に素早く実行する、難しい3つのターン」から
  「シークェンスの中に明確なリズムで実行する難しい3つのターン」に変更

2)スピン
 ①レベル要件に関して、下線部の追記
  特徴2-9,11,12を数えるのは、プログラム中で(最初に試みられた)一度のみである。
  特徴10を数えるのは、プログラム中で一度のみである(ただし、成し遂げられた最初のスピンにおいてのみであり、
  このスピンの中で左右いずれの足でも8回転が行われた場合は、スケーターの有利になるようにどちらか一つを数える)。
 ②足換えを伴うスピンについての条件をSPにも導入
  足換えを伴うスピンでは、ショート・プログラム、フリー・スケーティングともに、
  左右の足とも少なくとも1つの基本姿勢を含むことがレベル1–4を獲得するために必須である。
 
3)ステップ・シークエンス、コレオグラフィック・シークエンスのGOE(プラス面)
 8つ目の要件「音楽構造に要素が合っている」が「要素が音楽構造を高めている」に変更。

4)SP、FSでのエラーに対するGOE確定のためのガイドライン
 ①ジャンプ要素:「最終的なGOEの+-は制約されないエラー」に要件追加
  F/Lzでの不明確な踏み切りエッジ(記号無し) -1
 ②スピン:「最終的なGOEの+-は制約されないエラー」の要件に下線部を追記
  足換えが拙劣(回転方向の転換時を除く入/出のカーブ,非基本姿勢になる等) -1to-3



読みにくいまとめですみません(汗)

今回の変更で影響が大きそうなもの、というと
ルッツ・フリップジャンプのエラー判定に関する追加条件あたりでしょうか。
これは、これまではe判定でなければGOE減点されることはなかった(少なくとも0で留まれる)ジャンプが
ジャッジが不明確だなと思えばe判定でなくても-1はつけられる、ということだと思います。
これは必ず-1をつけるという項目ではないので、ジャッジの裁量に任される感じになると思われます。

それとSPの足換えスピンに関しても、両方の足で基本姿勢を含むというのは割と大きな変更なのかな?と思いました。
(が、スピンに関しては相変わらずよくわかりません(汗))

あとは微妙に表現が変わっていたり、前回の変更であやふやだったところを明確にしていった感じかなと思います。
ペアに関してもシングルと似たような変更が見られましたが、ソロジャンプについて、
「パートナーの一人だけがエラーをおこした場合と二人とも同じエラーをおこした場合では、減点は同じである。」
という文が追記されていました。


とりあえず現時点ではこんなところでしょうか。
今後もルール等の情報があり次第お知らせしていきたいと思います。

****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2013-05-16 13:32 | フィギュアスケート
<< THE ICE 2013 追加... THE ICE 2013 追加... >>