ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
浅田真央選手・浅田舞さんがチャリティースケート教室の講師に!
連投になりますが(汗)
本日、浅田真央選手と浅田舞さんが仙台市で開かれたチャリティースケート教室に講師として参加しました!
ニュース記事をいくつかと動画をご紹介したいと思います。

ニュース記事
時事ドットコム 浅田選手がスケート教室=被災地の小学生を招待-仙台市
NHKニュース 浅田真央選手 被災地の児童と交流※リンク先で動画が見れます。
サンスポ 浅田姉妹、被災児童約70人と交流/フィギュア
日刊スポーツ 浅田姉妹が被災児童72人と交流
b0122046_23421549.jpg

※動画追記しました。UP主様に感謝です!




フィギュア・浅田真央選手、仙台市泉区でスケート教室(宮城2013/6/1)
https://www.youtube.com/watch?v=I46ws78b0xk



浅田真央(mao asada) 「スケート教室」 ニュース2本
http://www.youtube.com/watch?v=Q-_UYuEj43I

b0122046_23422611.jpg
b0122046_23422876.jpg

浅田選手がスケート教室=被災地の小学生を招待-仙台市

 東日本大震災で大きな被害を受けた福島県いわき市と宮城県石巻市の小学生80人を招き、フィギュアスケート女子の浅田真央選手(22)と姉の舞さん(24)によるスケート教室が1日、仙台市内で開かれた。大半の子どもたちは初めてのスケート体験だったが、浅田選手は「(教えるのは)面白かった。いつか(本格的にコーチとして)教えてみたいと思った」と笑顔だった。
 将来の復興を担う子どもたちに、刺激的な体験をさせようとNPO「次代の創造工房」などが企画、いわき市立豊間小と石巻市立釜小、雄勝小の5、6年生が招かれた。姉妹の指導で約1時間、チーム対抗リレーなどを楽しんだ。
 豊間小6年の菅野光桜さん(12)は「優しく教えてくれて楽しかった。浅田選手のように困難を乗り越え、自分もいつか夢をかなえたいと思った」と話した。
(2013/06/01-17:00)


浅田真央選手 被災地の児童と交流
6月1日 18時14分

フィギュアスケートの浅田真央選手が、仙台市で東日本大震災の被災地の子どもたちを招いたスケート教室に参加し、フィギュアスケートの楽しさを伝えました。

浅田選手はアイスショーなどをとおして東日本大震災の被災地の子どもたちを支援する活動を続けていて、1日は仙台市で開かれたスケートの体験教室に講師として参加しました。
体験教室は2回に分けて開かれ、浅田選手は姉の舞さんと共に、福島県いわき市と宮城県石巻市の小学生合わせて75人を指導しました。参加した子どもたちの多くはスケートの経験がないということで、浅田選手は足元のおぼつかない子どもたちの手を引いたりこまめに声をかけたりしながら、やさしく指導していました。
いわき市から参加した小学6年生の女の子は「真央ちゃんはとてもやさしくてかわいかった。私も真央ちゃんのように夢をあきらめないように頑張りたい」と話していました。
浅田選手は「きょうは楽しく滑ることができ、私も元気をもらったし、スケートの楽しさを改めて知ることができました。子どもたちには今後も『がんばろう』という気持ちを持ってもらえるとうれしいです」と話していました。
b0122046_23434638.jpg
b0122046_23434886.jpg

浅田姉妹、被災児童約70人と交流/フィギュア
2013.6.1 19:25

 フィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)と姉の舞さんが1日、東日本大震災の復興支援活動として仙台市内のスケート場でチャリティー教室を開き、小学生約70人とチーム対抗リレーや質疑応答などで交流した。被災児童自立支援プロジェクトの協力で、福島県いわき市立豊間小や宮城県石巻市立釜小、雄勝小の5、6年生を招待した。

 大半の児童がスケート初体験で、浅田姉妹は手を取るなどして寄り添って滑り方を指導した。来年2月のソチ冬季五輪で金メダルを目指す浅田は「目標に向かって頑張る姿を見て、何か感じてもらえたらいい。(将来的に)子どもたちを教えてみたいと思った」と話した。

 豊間小5年の有働凛太郎君(10)は「僕も何かに夢中になって挑戦し、ハードルを乗り越えていきたい」と刺激を受けた様子だった。
(共同)
b0122046_23442545.jpg

浅田姉妹が被災児童72人と交流

 フィギュアスケート女子の浅田真央(22=中京大)は1日、姉舞(24)と宮城県仙台市内でチャリティースケート教室を行い、東日本大震災の被害児童72人と滑りを楽しんだ。

 浅田は「初めての子もいて、大丈夫かなと思ったんですが、ケガもなく終われて良かったです。(これまで)そんなに教えたことはないんですが、楽しくできました」と笑顔。舞は「私たちがやっているスケートでできる支援もある。より多くの支援につながればいいですね」と話した。質疑応答では、児童から「転んだら痛くないんですか?」と質問され、浅田は「こけないかな~と思っていて転ぶと、すごく痛いです」と苦笑しながら答えていた。
[2013年6月1日19時30分]



****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2013-06-01 23:47 | フィギュアスケート
<< 2013-2014 GPSアサ... アート・オン・アイス ニュース... >>