ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
アーミン・マーバヌーザデー選手 引退を表明
数日前、本人からの発表がありましたが、アーミン・マーバヌーザデー選手が引退を表明しました。
昨日のものですが、icenetwork.comの記事を怪しい(汗)翻訳付でご紹介したいと思います。

ニュース記事
icenetwork.com Mahbanoozadeh moves on to 'next chapter in life'
b0122046_1115344.jpg




Mahbanoozadeh moves on to 'next chapter in life'
Two-time Junior Grand Prix Final medalist reflects on completed 15-year career
By Sarah S. Brannen, special to icenetwork.com

(06/04/2013) - Armin Mahbanoozadeh, the 2012 U.S. pewter medalist and 2010 Skate America bronze medalist, has announced that he will not compete next season and that he is unlikely to compete again.
"I'm not going to say never, but I don't see it happening," he said. "Perhaps on the collegiate level. I've been taking skating season by season for the past couple of years. I just decided that the way the season went, it probably wouldn't be the best use of my time to continue competing."

Mahbanoozadeh stopped short of saying he was retiring, while admitting that it was basically what he was doing.

"People are afraid to use the R-word," he said, laughing. "For now, I'm just saying that I'm not competing this season or any season that I can see in the future."

Mahbanoozadeh, who was the 2007 U.S. novice champion and two-time Junior Grand Prix Final medalist, started the 2012-13 season with the silver medal at the inaugural U.S. International Figure Skating Classic in Salt Lake City, but he ended up a disappointing seventh at Skate America and 13th at the 2013 U.S. Figure Skating Championships in Omaha, Neb. He decided to call it a career shortly after that competition.

"I had a long talk with my parents, and we agreed that it was probably for the best," he said. "It wasn't easy. I'm content with what I accomplished in my career, but the way the season went was disappointing. It's a good time to move on with the next chapter in my life."

Mahbanoozadeh sprained his ankle on the first practice session at Skate America last October, and he had a hard time getting on track after that.

"I was dealing with a lot of injuries last season, and it wasn't smooth sailing; it was a bit rough," he said.

The timing of Mahbanoozadeh's decision is a little unusual, given that the Olympics are next winter. Originally, Mahbanoozadeh had planned to compete through the Olympic season.

"Part of me will always be a little disappointed that I'm not going to be competing this season," he admitted. "I'm in no position to make the Olympic team, to be honest."

Mahbanoozadeh said he had already spoken with all his coaches to thank them for working with him over his 15-year skating career.

"I had a fantastic team," he said. "Christy [Krall] is fantastic. I appreciate all the time we worked together. And Catarina [Lindgren] did such a great job with my programs. I was so honored to be at the Olympic Training Center for a couple of years."

Mahbanoozadeh was the first winter "athlete ambassador" at the Olympic Training Center in Colorado Springs, Colo. For six months, he guided visitors on tours of the facility and shared details about his life as an athlete.

Back home in Virginia, the 21-year-old is making up for lost college time, cramming in 16 credits this summer at the Northern Virginia Community College. He said he will transfer to the University of Virginia in the fall of 2014.

"With the timing of nationals, it was too late to apply for the regular decision at university," he said. "I can get done with college in less than three years, so I'm going to be saving a lot of time. It's not where I imagined, but there are many benefits."

The hard-working college student is majoring in computer science, although he said he hasn't decided whether he'll go into software or hardware. He plans to go to graduate school somewhere on the West Coast after college. He is uncertain about whether he'll return to skating in any official way in the future.

"When I was younger, I was really interested in becoming a judge," he said. "That interest has gone down with the direction the International Judging System (IJS) has taken in the last couple of years. I'll be interested in how IJS evolves in the future. Until that changes, I'm not going to be interested in judging.

"I feel like I still want to be plugged into the skating world. I still have my friends I hope to stay in contact with forever, hopefully. I plan on at least being a spectator at events."

Mahbanoozadeh had special words for the support of his many fans.

"It's been really important," he said. "A lot of fans from Japan have been so supportive. A lot of times, I almost feel like they're better fans than I deserved! I'll always remember them. They mean a lot to me, and they always will."

Although he is at peace with the decision now, Mahbanoozadeh said it had been an emotional one.

"I've put 15 years of my life into this," he said. "But I've gotten so much out of it, it's not how it ends. I had the most amazing experiences, and met the most amazing people, and had the best time of my life."



***ここから翻訳文***
マーバヌーザデーは「人生での次の章」に移る
二度のジュニアグランプリファイナルメダリストは完成した15年のキャリアに反射し続ける
By Sarah S. Brannen, special to icenetwork.com

(2013年6月4日) - アーミン・マーバヌーザデー、2012年アメリカピューターメダリスト、2010年スケートアメリカ銅メダリストは、彼が次のシーズン競争せず、また彼が恐らく再び競争しないことを発表した。

「私は決して言うつもりでありません、しかし私はそれが起こるのを見ません。」と彼は言った。 「おそらく、大学のレベルで。私は過去数年間のためシーズンでスケートのシーズンを取ってきました。私はちょうどシーズンが過ぎてその方法を決定しました、それはおそらく競争を継続する私の時間を最大限に活用ではないでしょう。」

マーバヌーザデーはそれが基本的に彼が行っていたことだったことを認めながら、彼が引退していたと言うことを思いとどまりました。

「人々は、R-wordを使用することをためらいます」と彼は笑いながら言った。「今のところ、私は今シーズン、あるいは私が今後見ることができるあらゆるシーズンで競争することはないとただ言っています。」

2007年全米ノービスチャンピオンと二度のジュニアグランプリファイナルメダリストであるマーバヌーザデーは、ソルトレイクシティでのUSインターナショナルクラシックにて銀メダルで2012-13シーズンを始めたが、スケートアメリカでは7位、オマハ、ネブラスカでの2013年全米フィギュアスケート選手権では失意の13位に終わった。彼はそれをその競争の直後の経歴と呼ぶことに決めた。

「私は両親との長い話がありましたが、我々はそれがおそらく最善であると合意しました」と彼は言った。「それは簡単ではありませんでした。私がキャリアの中で遂行したことに満足していますが、そのシーズンが過ぎた方法は失望的でした。それは私の生活の中で次の章に移るには良い時間です。」

マーバヌーザデーは、先の10月、スケート・アメリカで最初の実行のセッション中の彼の足首を捻挫しました。また、彼はその後に軌道に乗るのに苦労しました。

「私は昨シーズン多くの怪我に対処していました、それは順風満帆ではなかった、それは少し荒かった」と彼は言った。

マーバヌーザデーの決定のタイミングは、次の冬季オリンピックがあることを考えると、少し珍しい。もともと、マーバヌーザデーはオリンピックシーズンを通して競うことを計画していた。

「私の一部は常に私はこのシーズン、競争するつもりはないことに少し失望するでしょう」と彼は認めた。「正直に言うと、オリンピックチームを作る立場にいません。」

マーバヌーザデーはすでに彼の15年のスケートのキャリア上て彼と一緒に取り組んだことに感謝し、すべての彼のコーチと話をしたと述べた。

「私は素晴らしいチームを持っていました」と彼は話した。「クリスティ[クラール]は素晴らしいです。私たちは一緒に働いていたすべての時間を感謝しています。そしてカタリーナ[リンドグレーン]は私のプログラムでこのような素晴らしい仕事をしてくれました。私は2、3年の間オリンピックのトレーニング・センターにあってとても光栄でした。」

マーバヌーザデーはコロラドのコロラドスプリングズのオリンピックトレーニング・センターで最初の冬「スポーツ選手大使」でした。6か月の間、彼は設備のツアー中のビジターをガイドし、スポーツ選手として生活に関する詳細を共有しました。

バージニア州の家に戻り、21歳のこの夏、北バージニアコミュニティカレッジで16単位を詰め込み、失った大学の時間を作っている。彼は2014年の秋にバージニア大学に移転すると発表した。

彼は、「国民のタイミングで、それは大学の正規の決定を適用するには遅すぎました」と彼は言った。「私は3年未満で大学とできます。したがって、私は多くの時間を節約しているつもりです。それは私が想像した場所ではありません。しかし、多くの利点があります。」

ソフトウェアまたはハードウェアに入るかどうか、決定していないと言ったが、勤勉な大学生はコンピュータ科学を専攻している。彼は、大学の後に西海岸のどこかに大学院に行くことを計画している。彼がは将来、任意の公式の方法でスケートに戻るかどうかについては不明である。

「私は、より若かった時、ジャッジになることに実際に興味を持っていました」と彼は言った。「その興味は、インターナショナル選考方法(IJS)が過去2、3年でとった方向で落ちました。私はIJSがどのように今後発展するかに興味を持っているでしょう。それが変わるまで、私は判断に興味を持っているつもりでありません。」

「まだスケートをする世界に差し込まれたいように、私は感じます。私にはまだ、願わくば永久にとどまることを望む友達がいます。私は少なくともイベントの見物人であるつもりです。」

マーバヌーザデーは彼の多くのファンのサポートに対して特別な言葉があった。

「それは本当に重要でした」と彼は言った。 「日本の多くのファンはとても協力的でした。多くの時間、彼らは私が値するよりも優れたファンであるように感じます!私は常に彼らを思い出すでしょう。彼らは私にとって多くを意味します、そして、彼らは常にそうします。」

彼が現在決定と平和であるが、Mahbanoozadehはそれが感情的なものであったと言った。

「私は、これに人生の15年をつぎ込みました」と、彼は言いました。 「しかし、私はそれから非常に多くを出し、それが終了する方法はありません。私には最も驚くべき経験をして、最も驚くべき人々に会って、人生で最高の時間がありました。」
****************



機械翻訳では訳しきれない部分が多かったのですが(汗)、雰囲気だけでも伝わればと思います。
マーバヌーザデー選手!とてもとても寂しいです!!(涙)
新たな道を歩むことを決めたマーバヌーザデー選手のこれからが希望にあふれていますように!!

Skate America Final MEN -5/6- Armin MAHBANOOZADEH 14/11/2010
http://www.youtube.com/watch?v=EkGECh3ZQOk


****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2013-06-05 13:24 | フィギュアスケート
<< THE ICE 2013 大阪... 浅田真央選手 エアウィーヴの新... >>