ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
スケートアメリカ 男子FS結果
スケートアメリカ 男子FSが終了しました。
遅ればせながら、結果をお知らせしたいと思います。

SP1位は町田樹選手、2位はアダム・リッポン選手、3位はマックス・アーロン選手となりました!

ニュース記事
スポーツ報知 【フィギュア】町田、2度の4回転決めGP2勝目
時事ドットコム 原点回帰、確実な力に=町田、五輪代表争いの中心へ-スケートアメリカ
b0122046_18455648.jpg




採点や順位、ジャッジスコアについてはこちら。
ISU GP Hilton HHonors Skate America 2013
ISU GP Hilton HHonors Skate America 2013 男子シングルFS ジャッジスコア

男子の総合とFS結果はこちら。
b0122046_185513100.png
b0122046_18551513.png
b0122046_18572566.jpg

【フィギュア】町田、2度の4回転決めGP2勝目

 ◆フィギュアスケート GPシリーズ第1戦 スケートアメリカ第2日(19日、米デトロイト) 男子は町田樹(たつき、23)=関大=がショートプログラム(SP)フリーともに1位の合計265・38点で昨季の中国杯に続くGP2勝目を挙げた。フリーで2度の4回転トーループを決め、174・20点を出した。

 アダム・リッポン(米国)が合計241・24点で2位。昨季のGPファイナル王者の高橋大輔(27)=関大大学院=が236・21点で4位、小塚崇彦(24)=トヨタ自動車=が230・95点で6位だった。

 ◆町田 樹(まちだ・たつき)広島県で育ち、岡山・倉敷翠松高時代の06年全日本ジュニア選手権で優勝。シニアに本格デビューした10年四大陸選手権で2位。昨季の中国杯でGPを初制覇し、初進出したGPファイナルでは6位だった。全日本選手権では09年と11年の4位が最高成績。関大4年。162センチ、52キロ。23歳。神奈川県出身。

 町田樹「自分の演技ができて本当に満足。靴のホックが壊れるハプニングがあった中で、この点数を出せて自信になった。ただ、今大会の優勝は(ソチ冬季)五輪代表争いでアドバンテージにならない。まだ崖っぷちという意識でやりたい」

 高橋大輔「練習不足。3回転ループとサルコーで(回転が抜ける)パンクをしたのが一番悔しい。ここから気合を入れないと本当にまずい」

 小塚崇彦「ジャンプが全てゆがんで点数が出なかった。とにかく練習をしないと。(第3戦中国杯の)次へ時間はないが、積み重ねるしかない」
(2013年10月20日09時59分 スポーツ報知)
b0122046_18572738.jpg

原点回帰、確実な力に=町田、五輪代表争いの中心へ-スケートアメリカ

 昨季の中国杯以来となるGPシリーズ2勝目。高橋の自滅に乗じた初優勝とは手応えが違った。「今回は狙いにいって、自分の力でつかんだ」。町田の完勝だった。

 フリー当日の練習中、靴ひもをかけるフックが壊れた。応急措置を施すが、履いた感覚が微妙に違う。4回転ジャンプの調子は落ちていたという。
 そのハプニングが、今季開眼した4回転への自信を深めることになる。2季連続で演じるストラビンスキーの「火の鳥」の冒頭。軸のぶれない4回転が決まる。続く4回転-2回転は着氷が乱れ、4回転の単発になったものの「靴のこともあって緊張したが、それでも跳べた」。最後まで大きなミスなく滑り切った。
 昨季はGPファイナルにも初進出する躍進を遂げたが、全日本選手権で9位と惨敗。「もう一度原点に立ち返ろう」と、4月に米国から大阪へ拠点を移し、基礎的指導に定評がある大西勝敬コーチの門をたたいた。エッジを使って氷上に図形を正確に描く練習や、回転せずに跳び上がるだけのジャンプを繰り返した。地味な作業が、確実な力を生み出した。
 合計点は自己ベストを30点近く更新し、世界歴代でも5位。それでも「まだ崖っぷちの立場という意識を持って頑張りたい」。ソチ五輪の代表争いの中心に、23歳が加わった。
(2013/10/20-13:22)



SP同様、スコアは上位5位まで、動画はGPSについては全選手分をFS順にご紹介したいと思います。
見つかっていない動画・写真などは見つけ次第、随時追加していく予定です。
動画UP主様に大感謝です!!


FS・総合1位は町田樹選手!
Tatsuki MACHIDA - FS
http://www.youtube.com/watch?v=SdoTYq3fWZc
b0122046_1971729.png
b0122046_19112476.jpg
b0122046_19112671.jpg



FS2位、総合3位はマックス・アーロン選手!
Max AARON - FS
http://www.youtube.com/watch?v=6wv1QrquKYM
b0122046_19165233.png
b0122046_1917378.jpg



FS3位、総合3位はアダム・リッポン選手!
Adam RIPPON - FS
http://www.youtube.com/watch?v=GGGWo86MLCw

b0122046_19183963.png
b0122046_19184394.jpg



FS・総合4位は高橋大輔選手
Daisuke TAKAHASHI - FS
http://www.youtube.com/watch?v=R6IYM-rwV3w
b0122046_19194579.png
b0122046_19195427.jpg



FS5位、総合6位は小塚崇彦選手
Takahiko KOZUKA - FS
http://www.youtube.com/watch?v=8aL5OJfJY5Q
b0122046_1927922.png
b0122046_19322734.jpg



FS6位、総合5位はジェイソン・ブラウン選手
Jason BROWN - FS
http://www.youtube.com/watch?v=coLomtKfmqQ
b0122046_19472865.jpg



FS7位、総合8位はアルトゥール・ガチンスキー選手
Artur GACHINSKI - FS
http://www.youtube.com/watch?v=khH47XhgXbE
b0122046_19492593.jpg



FS8位、総合7位はアレクサンデル・マヨロフ選手
Tatsuki MACHIDA - FS
http://www.youtube.com/watch?v=SdoTYq3fWZc
b0122046_19572868.jpg



次はPCSの内訳です。上位5名分について作っています。
SS基準方式の詳細ついては、お手数ですが、こちらの記事をご覧ください。
※SS基準方式はあくまで目安・考え方であり、絶対的なものではありませんし、ルールブックにも載っていません。
PCSの概要とSS基準方式の評価範囲はこちら。TR~INの下段は「-SS」の値です。
b0122046_1415422.jpg
b0122046_195845.png

FSは上位陣にもミスが出る選手が多かったためか評価にバラつきがあります。
町田選手、アーロン選手はTESの高さからもやや要素に集中しがちだったかなと思う面はありました。
リッポン選手は4Lzは転倒ながらもその後をしっかりまとめ、プログラムも美しく、その点が評価されたように思います。
高橋選手はSPから気持ちを切り替えたのがわかりました。
うまく行かない部分もありましたが、演技としてはジャッジを納得させることができたようです。
小塚選手は今日は少し元気がないかなと感じ、その点が評価に出てしまったかなと思います。


いやー初戦から凄まじい試合になりました。
アーロン選手のFS番長っぷりが!SPとFSを揃えられるようになることが課題になりそうですね。
リッポン選手は今季は見違えましたね!ジャンプだけでなく、滑りがすっきりと垢抜けたように思います。
そして町田選手、自信と力にあふれてました!素晴らしい演技をSP・FS共にそろえた唯一の選手となりました!!

町田選手、リッポン選手、アーロン選手、おめでとうございます!
出場選手の皆さん、お疲れ様でした!!
b0122046_2065086.jpg
b0122046_207161.jpg
b0122046_2071164.jpg
b0122046_201121100.jpg
b0122046_20113673.jpg
b0122046_2011476.jpg


****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2013-10-20 20:13 | フィギュアスケート
<< スケートアメリカ アイスダンス... スケートアメリカ 女子SP結果... >>