ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
スケートカナダ 男子FS結果
スケートカナダ 男子FSが終了しました。
大変遅ればせながら、結果をお知らせしたいと思います。

SP1位はパトリック・チャン選手、2位は羽生結弦選手、3位は織田信成選手となりました!

ニュース記事
時事ドットコム 羽生2位、織田3位=女子の鈴木は2位-スケートカナダ
時事ドットコム 悔しさ残った対決=羽生、4回転決まらず-スケートカナダ
時事ドットコム チャン、貫禄の圧勝=スケートカナダ
スポーツ報知 【フィギュア】羽生「悔しい」2位、織田3位 鈴木は女子2位
b0122046_23453053.jpg




採点や順位、ジャッジスコアについてはこちら。
ISU GP Skate Canada International 2013
ISU GP Skate Canada International 2013 男子シングルFS ジャッジスコア

男子の総合とFS結果はこちら。
b0122046_23561484.png
b0122046_23561689.png
b0122046_23563131.jpg

羽生2位、織田3位=女子の鈴木は2位-スケートカナダ

 【セントジョン(カナダ)時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日は26日、カナダ・セントジョンで行われ、男子はショートプログラム(SP)3位の羽生結弦(ANA)がフリーは154.40点で2位となり、合計234.80点で2位だった。
 織田信成(関大大学院)は3位。世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(カナダ)がフリーも1位で、262.03点で圧勝した。無良崇人(岡山国際リンク)は最下位の10位。
 女子はSP3位の鈴木明子(邦和スポーツランド)が合計193.75点で2位。15歳のユリア・リプニツカヤ(ロシア)がGP初優勝を遂げた。
(2013/10/27-11:13)
b0122046_031122.jpg

悔しさ残った対決=羽生、4回転決まらず-スケートカナダ

 フリーの演技を終えた後、リンク裏のモニターで、チャンの滑りを食い入るように見ると、羽生は「うまいなと思う」とつぶやいた。楽しみにしていた王者との対決は30点近い差をつけられ、「悔しいし、もどかしい」と言うしかなかった。
 出だしでつまずいた。冒頭の4回転サルコーで前のめりに激しく転び、続く4回転トーループも着氷でバランスを乱した。認定はされたが、最大の得点源で、大きな減点。リズムに乗れず、後半のトリプルアクセル(3回転半)もタイミングが合わず失敗した。
 今月初めのフィンランディア・トロフィーでは2種類とも4回転を決め、今大会も練習では普通に着氷していた。「(二つの大会の)唯一の違いは、フィンランディアは調子が悪かったこと」。今回は不安がなかった分、慎重さを欠いたのか。「現時点で理由は分からない。どうしたらいいのか分からないのが本音」
 救いは全体的に低調だったため、GPファイナル進出につながる2位を確保したこと。次のフランス杯でチャンに再戦を挑めるのも、強いモチベーションになる。「次まで時間はないが、できる限りのことはしたい」。18歳は厳しいスタートを糧とできるか。
(セントジョン時事)
(2013/10/27-12:08)
b0122046_031283.jpg

チャン、貫禄の圧勝=スケートカナダ

 男子は世界王者チャンが貫禄の圧勝。フリー冒頭で、SPでは決められなかった4回転ジャンプを鮮やかに二つ成功させた。二つのアクセルジャンプを失敗したが、演技構成点も5項目中4項目で9点台。2位の羽生に合計で30点近い差をつけた。
 1年前の地元大会は2位。シーズン前半の不調にもつながり、今回も「同じような感じで、正直ナーバスだった」と言う。実際、練習でも4回転ジャンプは調子は良くなかったが、最後にきっちり跳んでくるのはさすが。「いい自信になった」とほっとした表情だった。
(セントジョン時事)
(2013/10/27-14:37)
b0122046_031532.jpg

【フィギュア】羽生「悔しい」2位、織田3位 鈴木は女子2位

◆フィギュアスケートGPシリーズ第2戦 スケートカナダ最終日(26日、カナダ・セントジョン) 男子はSP3位の羽生結弦(18)=ANA=がフリーで順位を1つ上げて合計234・80点の2位、織田信成(26)=関大大学院=は1つ下げて233・00点で3位だった。

 世界選手権3連覇のパトリック・チャン(カナダ)が262・03点で圧勝。無良崇人(22)=岡山国際スケートリンク=は10位だった。

 女子はSP3位の鈴木明子(28)=邦和スポーツランド=がフリーは2位となり、合計193・75点で2位に入った。ユリア・リプニツカヤ(15)=ロシア=がSP2位から逆転し、198・23点でGP初優勝を果たした。

 羽生結弦「悔しい。妥当な点数だと思う。4回転は失敗する要因が見当たらないくらい調子が良かったし(転倒は)なぜだか分からない」

 織田信成「ベストの演技からかなり遠いもので悔しい。4回転はSPでも失敗して情けない。NHK杯に向けて修正し、ファイナルに行けるように頑張りたい」

 無良崇人「一番ひどい試合になった。2本目の4回転を無理に跳んで全てが崩れた。自信が足りなかった」

 鈴木明子「順位は気にせず、自分がやるべきことに集中した。表現面が高く評価されたのは今までの積み重ね。昨季と比べて落ち着いた試合運びができている」

 パトリック・チャン「最初の4回転を決めて落ち着けた。トリプルアクセルは苦しんだが、とても満足。緊張やネガティブな考えもコントロールできた」
(2013年10月27日15時23分 スポーツ報知)



SP同様、スコアは上位5位まで、動画はGPSについては全選手分をFS順にご紹介したいと思います。
見つかっていない動画・写真などは見つけ次第、随時追加していく予定です。
動画UP主様に大感謝です!!


FS・総合1位はパトリック・チャン選手!
MFS1 Patrick CHAN 2013 SC
http://www.youtube.com/watch?v=2Bn3s1HyLro
b0122046_0112613.png
b0122046_0113756.jpg
b0122046_0113990.jpg



FS・総合2位は羽生結弦選手!
MFS2 Yuzuru HANYU 2013 SC
http://www.youtube.com/watch?v=2e6tbiFEwUw
b0122046_0123194.png
b0122046_0123889.jpg



FS・総合3位は織田信成選手!
MFS3 Nobunari ODA 2013 SC
http://www.youtube.com/watch?v=7gIklpnht0M
b0122046_0133126.png
b0122046_0133578.jpg



FS4位、総合5位はジョシュア・ファリス選手
MFS4 Joshua FARRIS 2013 SC
http://www.youtube.com/watch?v=xsygOJRfMXQ
b0122046_0143449.png
b0122046_0145568.jpg



FS5位、総合4位はミハル・ブレジナ選手
MFS5 Michal BREZINA 2013 SC
http://www.youtube.com/watch?v=DXY4wdvahZs



FS・総合6位はジェレミー・アボット選手
Jeremy Abbott - Skate Canada 2013 - FS
http://www.youtube.com/watch?v=uDJtRANQWpQ



FS・総合7位はエラッジ・バルデ選手
Elladj Balde - Skate Canada 2013 - FS
http://www.youtube.com/watch?v=edaiyz3ttRw



FS8位、総合9位はロス・マイナー選手
Skate Canada 2013 - Ross Miner (USA) Free Skate
http://www.youtube.com/watch?v=sN69yCredtc
b0122046_0234186.jpg



FS9位、総合8位はアンドレイ・ロゴジン選手
Andrei Rogozine - Skate Canada 2013 - FS
http://www.youtube.com/watch?v=Le2WvQuJDgY



FS・総合10位は無良崇人選手
MFS10 Takahito MURA 2013 SC
http://www.youtube.com/watch?v=HGhx6n28-Po
b0122046_0301333.jpg



次はPCSの内訳です。上位5名分について作っています。
SS基準方式の詳細ついては、お手数ですが、こちらの記事をご覧ください。
※SS基準方式はあくまで目安・考え方であり、絶対的なものではありませんし、ルールブックにも載っていません。
PCSの概要とSS基準方式の評価範囲はこちら。TR~INの下段は「-SS」の値です。
b0122046_1415422.jpg
b0122046_0304377.png

SPに続きミスが出る選手が続いてしまい、かなり手厳しい評価となってしまいました。
チャン選手はこういう場面での強さを見せてきました。プログラムの評価もなかなかです。
羽生選手はジャンプのミスよりも演技にうまく集中できてないように見えたのが気になりました。
織田選手はミスによりルール上跳べるジャンプが限られていたため、演技よりジャンプに集中してしまったかなと思います。
ファリス選手はミスを感じさせない美しいプログラムが高評価を得ましたね。
ブレジナ選手は後半のスタミナ不足が大きく影響してしまったように思います。


今大会の男子はかなり厳しいものとなりました。PCSもミスとの連動性が高く辛かったと思います。
どの選手も調子が良くない中、決めるべきものをしっかり決めてきたチャン選手は素晴らしかったです。
羽生選手は元の構成の強さが功を奏したように思います。あとは気持ちのコントロールが大事になりそうですね。
織田選手は調子が良さそうだっただけに残念でしたが、持ってるポテンシャルは高いと思うので、頑張ってほしいです。
そして無良選手、今回はどうしてしまったのかとしか言えませんが、気持ちを切り替えて次に望んでほしいです。

チャン選手、羽生選手、織田選手、おめでとうございます!
出場選手の皆さん、お疲れ様でした!!
b0122046_0501669.jpg
b0122046_0502875.jpg
b0122046_0503721.jpg
b0122046_0504717.jpg
b0122046_050572.jpg
b0122046_051723.jpg


****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2013-10-28 00:52 | フィギュアスケート
<< 中国杯 大会日程・SP滑走順・... スケートカナダ アイスダンスFD結果 >>