ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
全日本選手権 大会日程・SP滑走順・放送予定など
明日からいよいよ全日本選手権が始まります!
大会日程と各種目のSP滑走順、放送予定についてお知らせしたいと思います。
併せて、ニュース記事と動画をご紹介します。

ニュース記事
スポーツナビ 負傷明けの高橋大輔「4年前よりいまの方がきつい」=全日本フィギュア前日練習
スポーツナビ 真央、FSでのトリプルアクセル2回挑戦は「まだ決めてない」
デイリースポーツ 羽生は充実、2種類の4回転でアピール
サンスポ 4回転復調の町田「調子は大丈夫」/フィギュア
サンスポ 村上、初五輪代表へSP変更に手応え/フィギュア
サンスポ 織田、小塚らは逆転代表入り狙う/フィギュア
サンスポ 初五輪へ好感触…伏兵は15歳・宮原/フィギュア
サンスポ 2大会連続代表へ…状態立て直した鈴木/フィギュア
デイリースポーツ 安藤美姫、不安吐露も「良い滑りを」

<全日本選手権 リザルトページ>
第82回全日本フィギュアスケート選手権大会
b0122046_23284675.jpg




各種目のSP・SD滑走順はこちら。
b0122046_23382073.png
b0122046_23382246.png
b0122046_233825100.png
b0122046_23382791.png
b0122046_23383036.png



<大会日程>
12/21(土) 15:15-15:45 アイスダンスSD
12/21(土) 16:00-16:30 ペアSP
12/21(土) 16:45-18:10 男子SP (G1/G2)
12/21(土) 18:25-19:45 男子SP (G3/G4)
12/21(土) 20:00-20:45 男子SP (G5)
12/22(日) 14:20-15:45 女子SP (G1/G2)
12/22(日) 16:00-17:25 女子SP (G3/G4)
12/22(日) 17:40-18:20 女子SP (G5)
12/22(日) 18:35-20:25 男子FS (G1/G2)
12/22(日) 20:40-22:30 男子FS (G3/G4)
12/22(日) 22:40- 男子表彰式
12/23(月) 14:30-15:10 アイスダンスFD
12/23(月) 15:25-15:55 ペアFS
12/23(月) 16:15-18:00 女子FS (G1/G2)
12/23(月) 18:15-20:00 女子FS (G3/G4)
12/23(月) 20:15-20:35 ダンス/ペア/女子表彰式
12/23(月) 21:30-21:50 代表発表
12/24(火) 17:30-20:30 MOI


<放送予定>
フジテレビ
12/21(土) 19:00-20:54 男子SP
12/22(日) 19:00-22:49 女子SP・男子FS
12/23(月) 19:00-21:45 女子FS
12/24(火) 19:00-20:54 メダリスト・オン・アイス

BSフジ
01/01(水) 15:00-19:00 男子SP・男子FS
01/02(木) 15:00-19:00 女子SP・女子FS

CS フジテレビ ONE
※再放送あり。詳しくは上記リンク参照。
12/30(月) 13:30-15:30 男子SP
12/30(月) 15:30-17:30 女子SP
12/30(月) 17:30-19:30 男子FS
12/30(月) 19:30-22:00 女子FS・ペア・アイスダンス
12/30(月) 22:00-24:00 メダリスト・オン・アイス


全日本フィギュア選手権 安藤美姫や浅田真央が公式練習(13/12/20)
http://www.youtube.com/watch?v=rgwMp8w4e6o



全日本フィギュア選手権・男子 それぞれの思いを胸に前日練習(13/12/20)
http://www.youtube.com/watch?v=uIGPgseJHuo
b0122046_0512598.jpg

負傷明けの高橋大輔「4年前よりいまの方がきつい」=全日本フィギュア前日練習
スポーツナビ 12月20日(金)16時21分配信

 フィギュアスケートの全日本選手権(21日~23日)を翌日に控えた20日、会場となるさいたまスーパーアリーナで公式練習が行われ、出場選手が最終調整で汗を流した。右ひざの負傷により、グランプリファイナルを欠場した高橋大輔(関西大学大学院)は、4回転ジャンプで幾度となく転倒。「いまは痛みも軽減してきてはいますけど、自分の思ったような練習ができていない」と本調子ではないことを明らかにした。

 以下は、練習後の高橋のコメント。

「ひざの状態は100パーセントは完治していないです。いまは痛みも軽減してきてはいますけど、自分の思ったようには練習ができていないので、100パーセント練習で追い込むことはできなかったです。痛みやひざの状態を見ながらの練習だったので、いつもどおりの入り方ではないし、そういう意味での緊張感や不安はあります。ただ、もう来てしまったので、あとは自分自身の気持ちをどれだけ強く持てるかだと思います。

(具体的にけがはどういったもの?)脛骨(けいこつ)骨挫傷です。骨の中がちょっと炎症して、衝撃があるので着地や踏切りができなかった。4、5日は滑っていないです。スケーティングから始めて、OKが出たらジャンプを始めた感じです。(けがをしたときの状況は)ルッツを跳んで着地したときです。ひざは1年ぐらい前から、練習なんかをハードにやると痛みは出てきていたんです。(公式練習の感触は?)他の選手のレベルに比べれば、良くない調子だと思いますが、僕自身の中ではけがしてからいままでやってきたときと比べれば良い感じだったかなとは思います。あと2日で上がってくればいいですね。

(ジャンプの感触は)4回転以外は大丈夫かなと。4回転は思うように練習できなかった部分や、着地が少し怖かったりとか変なくせがついていた部分もあるので、そこをどうカバーしていくか。本番は3本だけ決めればいいので、練習で入らなくても、本番だけ入れられるようにしたいと思います。(4回転を外すという選択肢は)これだけみんなが跳んでいる中で外していくというのも、どうなのかなと。フリーで1本にするとかはあるかもしれないですけど、あんまりそういうことは考えずに、良くなるイメージを持ってやってきています。

(4年前と比べていまの状態は?)4年前よりいまの方がきついですね。4年前は五輪に行けたらいいなぐらいだったので。でも今回は後がない。また4年後目指すというのは簡単には思えないですし、これだけ周りが成長してきているので、4年前より厳しいです」
b0122046_052254.jpg
b0122046_05254.jpg

真央、FSでのトリプルアクセル2回挑戦は「まだ決めてない」
スポーツナビ 12月20日(金)19時35分配信

 フィギュアスケートの全日本選手権(21日~23日)を翌日に控えた20日、会場となるさいたまスーパーアリーナで公式練習が行われ、出場選手が最終調整で汗を流した。グランプリ(GP)ファイナルで連覇を達成した浅田真央(中京大)はダブルアクセルを跳ぶことで、フォームを確認。GPファイナルではショートプログラム(SP)とフリースケーティング(FS)で計3度のトリプルアクセルに挑戦したが、今大会では「SPの状態を見てから決める」そうで、「まずはSPに集中できればいい」と、FSについての明言を避けた。

 以下は、練習後の浅田のコメント。

「(FSではトリプルアクセル2回跳ぶのか)まだ決めてないです。(佐藤)信夫先生とも相談して、こっちに来てからのコンディションで決めようと。なので自分の気持ちとしてはまずショートに集中してできればいいなと思っています。(トリプルアクセルは良くなっている?)う~ん、良くなってはいると思います。今日の時点でいつもと氷が少し違う中、まずまずのアクセルが跳べたので大丈夫かなと思います。(全日本はどういう位置づけ)五輪がようやく決定するときが来たんだなと。今年最後の試合だなという気持ちと、また全日本が来たんだなという気持ちですね。(最後の全日本という気持ちは?)それはないですね。今シーズン、試合に臨むにあたって、そういうことは考えていないです。目の前にある試合に集中することだと思っています。

(GPファイナルで優勝したことで五輪に近づいたが)ファイナルで優勝して、五輪が近づいたというのは確かだと思うし、私自身もそう思っています。ただ、まだ決まったわけではなくこの全日本で決まるわけなので、自分としてはこの全日本でもやってきたことを出したいと思います。(前回の)バンクーバー五輪のときよりははるかに良い状態で試合に臨めているので、そういう面では気持ちに焦りはないですね。ショート、フリーともに自分が成長した姿を見せられればいいなと思います。

(ファイナルが終わったあとに、アクセルに関して佐藤コーチとはどんな話し合いをした?)何回も跳んで感覚をつかむタイプなので、細かくやるよりは跳んで、先生と確認してという感じです。あんまりトリプルをやらずにダブルでやって良い感覚をつかむようにやってきました。練習での成功率は良くもなく悪くもなくですね(笑)。(トリプルアクセルをフリーで2回入れたいと思った理由は)今季はすごく調子が良くて、調子が良いからこそもっと上にチャレンジできると思いましたし、上を目指したいと思ったんです。自分の過去の試合も含めてベストな演技ができると思ったので。(五輪に出場できるまでにもっと良くしたい箇所は)いますぐに良くなることじゃないので、いまは良くしようと考えるんじゃなくて、自分のコンディションを整えて、また五輪で良い演技ができるように自分の気持ちと体を良い状態に持っていくことが大切だと思っています。(トリプルアクセル1回と2回でモチベーションに違いは)毎回同じことよりも、少し柔軟性を持って違うことをやると気分も変わりますし、そういう意味では練習の効率は上がっていると思います」
b0122046_0525842.jpg
b0122046_053044.jpg

羽生は充実、2種類の4回転でアピール
2013年12月20日

 「フィギュアスケート全日本選手権」(21日開幕、さいたまスーパーアリーナ)

 GPファイナルで世界王者チャンを破り、五輪代表入りをほぼ手中にしている羽生結弦(19)=ANA=は、2種類の4回転ジャンプを決めるなど充実ぶりをアピールした。

 それでも、五輪の懸かる全日本は初体験。「GPシリーズよりも過酷だなと感じた。それだけ日本のレベルは高い。その中で自分のやるべきことができるかが、僕にとっての挑戦です」と力を込めた。
b0122046_05409.jpg

4回転復調の町田「調子は大丈夫」/フィギュア
2013.12.20 21:27

 フィギュアスケートのソチ冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は21日、さいたまスーパーアリーナで開幕する。20日には会場練習が行われた。町田は大会直前に右のスケート靴だけを替えたという。靴がなじむか不安もあったが、会場練習では4回転ジャンプをきれいに決め「調子は大丈夫。常に立ち向かっていけば跳ぶことができる」と自信を見せた。

 今季はGPシリーズで2連勝したが、GPファイナルでは疲労もあって4位に沈んだ。8月のアジア・トロフィーから場数を踏み、全日本が7戦目。「ここまで来たら疲れたとか言っている場合ではない。最大限、自分を信じて最後まで戦い抜く」と力強く話した。
(共同)
b0122046_0542935.jpg

村上、初五輪代表へSP変更に手応え/フィギュア
2013.12.20 21:32

 フィギュアスケートのソチ冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は21日、さいたまスーパーアリーナで開幕する。20日に会場練習が行われた。村上は1日の愛知県競技会直後に、不安を抱えていたSPを2シーズン前の演目に戻した。アップテンポな音楽からバイオリンの曲に変更し、会場練習で確認し「今までより不安要素がないし、感情が入れやすい」と手応えを感じている。

 今季はGP2戦でいずれも表彰台を逃した。伊藤みどりらを育てた山田満知子コーチとともに初の五輪代表を目指す19歳のスケーターは「五輪に近いところにいて、狙えるのはうれしい。ぜひ取りたい」と言った。
(共同)
b0122046_055873.jpg
b0122046_055960.jpg
b0122046_0554838.jpg

織田、小塚らは逆転代表入り狙う/フィギュア
2013.12.20 21:41

 フィギュアスケートのソチ冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は21日、さいたまスーパーアリーナで開幕する。20日には会場練習が行われた。男子の織田、小塚、無良(岡山国際リンク)は代表選考基準を満たしておらず、全日本選手権での表彰台が最低条件となる。今季限りで引退する織田は「最初のジャンプを決めて波に乗れればいい」と、SPとフリーで跳ぶ4回転トーループを勝負の鍵に挙げた。

 GPシリーズで不振だった小塚は「自分の滑りを取り戻した。自信を持ってやりたい」と復調を強調し、無良は「(代表争いで)5、6番手にいる。表彰台を狙っていく」と一発逆転に向けた意気込みを示した。
(共同)
b0122046_0583496.jpg

初五輪へ好感触…伏兵は15歳・宮原/フィギュア
2013.12.20 22:04

 フィギュアスケートのソチ冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は21日、さいたまスーパーアリーナで開幕する。20日には会場練習が行われた。女子で初代表に挑む15歳の宮原は「ジャンプが跳びやすい氷。3回転-3回転もきれいに跳べて良かった」と好感触を口にした。

 昨年の全日本選手権で3位に入り、ソチ五輪の代表候補に名乗りを上げた。「五輪(代表)に選ばれるかもしれない試合ですごく楽しみ。今はまだ緊張がないが、本番になれば緊張と楽しみが半分半分だと思う」と冷静に自己分析し「SPもフリーもきっちりミスなく滑れば五輪に近づける」とライバルよりも自分に集中した。
(共同)
b0122046_059399.jpg

2大会連続代表へ…状態立て直した鈴木/フィギュア
2013.12.20 22:26

 フィギュアスケートのソチ冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権は21日、さいたまスーパーアリーナで開幕する。20日には会場練習が行われた。女子で2大会連続の五輪代表入りがかかる鈴木は、全日本直前までジャンプの調子が崩れていたという。「ひやひや、不安、焦り」の状態から何とか立て直し、この日はフリーで得点源となる2回転半-3回転の2連続ジャンプを決めた。

 4年前に激しい代表争いを勝ち抜いたとあって、28歳のベテランは落ち着いている。「あとはやるだけという感じ。強い気持ちを、というよりも今できることに集中してあまり考えずにやりたい。体が動く準備はできている」と自然体で臨む。
(共同)
b0122046_0594359.jpg
b0122046_0595263.jpg

安藤美姫、不安吐露も「良い滑りを」
2013年12月20日

 フィギュアスケートのソチ五輪最終選考会となる全日本選手権は21日、さいたまスーパーアリーナで開幕する。20日は前日練習が行われ、女子では3シーズンぶりの同大会出場となる安藤美姫(新横浜プリンスク)も参加した。

 4月に第1子となる女児を極秘出産していたと、7月に電撃発表した安藤。競技者として2シーズンを休養していたこともあり、今大会に至るまでは関東選手権、東日本選手権を経ての出場。「自分なりに健康面などベストな状態で入った。頑張りたい」と意気込みを語った。

 代表権獲得に向けては、大会前の練習中に腰を痛めたこともあり「ドクターストップもあったし、オフアイス(氷上以外の練習)の方が長かった」と不安を吐露した。

 その上で「シーズンの始めに(今大会の)優勝しか道はないと言われているので、厳しいかな」と弱気な面も見せつつも「自分のベストを尽くすだけ。五輪のことは今は考えず、ショート(SP)とフリーで良い滑りをするだけ」とした。

 また、GPファイナル優勝で、代表権を確実にしている浅田真央(中京大)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷させるなど好調ぶりをアピール。

 浅田以外のGPシリーズ出場者である鈴木明子(邦和スポーツランド)、村上佳菜子(中京大)、宮原知子(関大高)らもそれぞれ調整。激しい代表争いに向けて、氷上で火花を散らしていた。



いよいよこの時がやってきてしまいました!あー緊張します…
選手の皆さん頑張ってください!良い演技ができますように!!

****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2013-12-20 23:39 | フィギュアスケート
<< 全日本選手権 アイスダンスSD... ユニバーシアード冬季競技大会 ... >>