ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
全日本選手権 女子SP結果&FS滑走順
全日本選手権 女子SPが終了しました。
結果をお知らせしたいと思います。動画・写真など見つけ次第、この記事に追記していきます。

SP1位は浅田真央選手、2位は鈴木明子選手、3位は村上佳菜子選手となりました!

ニュース記事
サンスポ 真央SP首位!明子2位、美姫は5位/フィギュア
MSN産経ニュース 浅田、大技失敗も貫禄「思った以上の仕上がり」
MSN産経ニュース 技術点はトップ、宮原「今季一番」
MSN産経ニュース 直前に曲目変更、村上「死ぬほど練習した」
MSN産経ニュース 安藤5位発進「自分らしく滑れた」
MSN産経ニュース 鈴木、最高潮の滑り「解き放たれた」 2位発進
b0122046_9451587.jpg




採点や順位についてはこちら。ジャッジスコアはまだのようです。
第82回全日本フィギュアスケート選手権大会

女子SP結果がこちら。
b0122046_9545290.png
b0122046_955826.jpg

真央SP首位!明子2位、美姫は5位/フィギュア
2013.12.22 18:50

 フィギュアスケートのソチ冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権第2日は22日、さいたまスーパーアリーナで行われ、女子ショートプログラム(SP)は今季グランプリ(GP)ファイナルを制した浅田真央(中京大)が73・01点で、3年連続7度目の優勝に向けて首位発進した。

 前回バンクーバー五輪代表の鈴木明子(邦和スポーツランド)が70・19点で2位、初代表を狙う村上佳菜子(中京大)が67・42点で3位。15歳の宮原知子(大阪・関大高)は66・52点で4位、出産を経て3大会連続の五輪出場を目指す安藤美姫(新横浜プリンスク)は64・87点で5位だった。(共同)

 
浅田真央の話
「トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は自分でも回転不足と思ったが、悪い失敗ではない。そのほかは練習通りにできた。フリーはいい気持ちで臨めるようにして五輪につなげたい」

鈴木明子の話
「緊張したけど、この状況、舞台で緊張しない方が変だと思うようにした。全日本の会場で滑るのが楽しみだったし、いい演技をしたかった」

村上佳菜子の話
「試合をするのが怖かった。(直前の)6分間練習では脚が震えた。最後は笑顔にしようと思ったけど、うれしさがこみ上げて涙が出てきた。すごくうれしい」
 
安藤美姫の話
「(今季は)徐々に良くなったという手応えはあったが、やっと自分らしく滑ることができた。百点以上の滑りができた。楽しかった」
 
宮原知子の話
「全体的にミスがなく、3回転-3回転(の連続ジャンプ)もきれいに決まってうれしかった。フリーもノーミスでできれば(五輪に)近づけると思う」
b0122046_9561631.jpg
b0122046_9561961.jpg

浅田、大技失敗も貫禄「思った以上の仕上がり」
2013.12.22 21:25

 ほぼ確実にしている五輪代表の座へまた一歩前進した。73・01点でSP首位発進の浅田は「思った以上に良い仕上がり」と笑顔で振り返った。

 注目のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は片足で着氷したものの回転不足。それでも残る2種類のジャンプを成功させ、スピンとステップは最高難度のレベル4を獲得。大会2連覇中の貫禄を見せつけた。

 2週間前のGPファイナルで連覇。新たに修正すべき課題は見つからなかったという。「ファイナルの後も、毎日できることを精いっぱいやってきた」とソチ五輪へ向けて歩みを止めない。

 あとは「練習ではよくなっていると思う」と手応えもつかみつつある大技の成功率を、どこまで高められるか。佐藤信夫コーチとの日々の練習では、2回転半の練習割合を増やし、タイミングを確認している。

 23日のフリーは2本の3回転半の成否に再び注目が集まる。「自分のできることを一つ一つやって五輪につなげたい」。代名詞のトリプルアクセルをしっかりと跳んでソチへ羽ばたく。(田中充)
b0122046_9565787.jpg

技術点はトップ、宮原「今季一番」
2013.12.22 21:34

 女子で4位につけた宮原は「今季一番いい出来でうれしかった」。38・08点の技術点だけなら首位の浅田らを抑え全体トップと、15歳ながら高難度の演技をミスなくこなした。

 中でも得点を稼いだのは、序盤の3回転ルッツ-3回転トーループの連続ジャンプで「きれいに決まった」と自賛した。3位村上との差は0・90点。「フリーもノーミスでできれば(五輪に)少し近づけるかな」と、静かに闘志を燃やした。
b0122046_9573220.jpg

直前に曲目変更、村上「死ぬほど練習した」
2013.12.22 21:40

 演じきった瞬間、村上はあふれ出る感情を抑えきれず顔をくしゃくしゃにした。「すごいうれしかったので笑顔になると思ったけど、涙がこみ上げてきた」。非公認ながら今季自己ベストとなる67・42点に、歓声を挙げて喜びを爆発させた。

 冒頭の連続3回転ジャンプを成功させると、波に乗った。ステップやスピンでもキレのある動きで観客を魅了。五輪代表圏内の3位につけたが、「順位もすごくうれしいけど、いい演技ができて、今季一番いい点数が出たのがよかった」と満足げに話した。

 今季、精彩を欠くSPで大きな決断をした。今月に入って2シーズン前の曲目に変更。自ら「死ぬほど練習した」というように、練習量を1・5倍に増やし、短期間で仕上げてきた。それでも不安は大きかった。直前の6分間練習は足が震え、ジャンプで転倒。「五輪がかかっていることもあってすごい怖かった」。そんな心の迷いも本番で拭い去った。「あすもやってやるぞと強い気持ちを持ってやりたい」。初の五輪に近づいた。(小川寛太)
b0122046_9581732.jpg

安藤5位発進「自分らしく滑れた」
2013.12.22 21:44

 満員の観客から浴びた大きな拍手に刺激され、胸が熱くなった。「自分らしく滑れた」。演技後に安藤が流した歓喜の涙は、達成感によってあふれ出たものだった。

 自らの人生を重ね合わせた名曲「マイウェイ」で滑ったSP。冒頭の連続3回転ジャンプに戦略があった。

 何種類も跳べるコンビネーションの中で、回転不足と判定されにくいため、難度を落としたトーループ2本を選択。関係者は「五輪に行くためには、まずSPをしっかりと滑ってフリーでの勝負に持ち込む」と強調していた。本番では想定通りに成功。課題だった演技全体のスピードも復帰直後より改善され、非公認ながら今季の自己ベストをマークした。

 今春に女児を出産し、3季ぶりに競技復帰。子育てと両立しての道のりは想像以上に険しかった。疲労とストレスがピークだった秋には、体調不良で1週間ほど動けなくなったこともあった。

 「何度もギブアップしようと思った」という状況で支えになったのは、まな娘の存在。厳しい練習を終えて帰宅したとき、無邪気な笑顔にいつも力をもらった。

 代表入りの絶対条件となる表彰台に望みをつなぐ5位。26歳の元世界女王は母として、スケーターとして「悔いの残らない演技」を誓ってリンクに立つ。(田中充)
b0122046_958572.jpg

鈴木、最高潮の滑り「解き放たれた」 2位発進
2013.12.22 22:39

 熱い思いがあふれた。動きを止めた鈴木は、両手を力強く掲げて喜びを爆発させた。「気持ちよく自分のスケートができました」とにっこり。首位の浅田に次ぐ70・19点の高得点で2位発進。ソチ五輪代表の椅子にグッと近づいた。

 今季で引退を決めている。SPの「愛の賛歌」には、これまでのスケート人生を詰め込んだ。リンクに立つ喜び、支えてくれた人々への感謝、負傷の苦悩…。体に刻み込んできた高い技術で、20年以上の喜怒哀楽を見事に描ききった。

 終盤のステップは大舞台で滑る喜びに満ちていた。「ジャンプが終わって解き放たれた感じでした」。気持ちはスタンドに乗り移り、手拍子の熱は最高潮に達した。「お客さんを感じました」とファンと一緒に3分弱の好演を作り上げた。

 大会1週間前は、ジャンプの不調に苦しんだ。「一つ一つ原因を見つけて、1個1個修正して何とか間に合いました」と苦笑。冷静に問題点をあぶり出し、短期間で修正した。経験豊富な28歳ならではの“味”だ。

 フリーでは情感あふれる「オペラ座の怪人」を演じる。「ていねいに、怖がらずにやりたい」。4年前、バンクーバー五輪代表を争った全日本では重圧をはねのけ切符をつかみとった。自身最後の全日本。満面の笑みで締めくくる。(榊輝朗)



30名の出場選手がいましたが、上位10名に絞って、上位5名はスコアも合わせて動画をご紹介したいと思います。
(現在ジャッジスコアは未発表なので、公開され次第追記します。)
他のテレビ放送があった選手についてはこちらの動画UP主様が投稿してくれています!
動画UP主様に感謝です!!


SP1位は浅田真央選手!
Mao Asada - 2013 Japanese Nationals SP
http://www.youtube.com/watch?v=171USKscA38
b0122046_1025715.jpg
b0122046_102596.jpg



SP2位は鈴木明子選手!
Akiko Suzuki - 2013 Japanese Nationals SP
http://www.youtube.com/watch?v=SjVtWTgKdkU
b0122046_1035023.jpg



SP3位は村上佳菜子選手!
Kanako Murakami - 2013 Japanese Nationals SP
http://www.youtube.com/watch?v=qHR3XRkwRW0
b0122046_1043358.jpg



SP4位は宮原知子選手
【HD】 Satoko Miyahara 2013 Japan Figure Skating Championships SP 【宮原 知子】
http://www.youtube.com/watch?v=pqUEYHSZDrQ
b0122046_1071880.jpg



SP5位は安藤美姫選手
Miki Ando - 2013 Japanese Nationals SP
http://www.youtube.com/watch?v=1l24xKijo70
b0122046_108969.jpg



SP6位は今井遥選手
Haruka Imai - 2013 Japanese Nationals SP
http://www.youtube.com/watch?v=Qa9BOKNiDAQ
b0122046_1091323.jpg



SP7位は本郷理華選手
Rika Hongo - 2013 Japanese Nationals SP
http://www.youtube.com/watch?v=wltAItNkPIk
b0122046_1010453.jpg



SP8位は木原万莉子選手
Mariko Kihara - 2013 Japanese Nationals SP
http://www.youtube.com/watch?v=x7Ek9paTC5k
b0122046_101103.jpg



SP9位は坂本花織選手
b0122046_1011488.jpg



SP10位は大庭雅選手
Miyabi Oba - 2013 Japanese Nationals SP
http://www.youtube.com/watch?v=5gWL9VoKTvk
b0122046_1012409.jpg



次はPCSの内訳です。上位5名分について作っています。
SS基準方式の詳細ついては、お手数ですが、こちらの記事をご覧ください。
※SS基準方式はあくまで目安・考え方であり、絶対的なものではありませんし、ルールブックにも載っていません。
PCSの概要とSS基準方式の評価範囲はこちら。TR~INの下段は「-SS」の値です。
b0122046_1415422.jpg
b0122046_10133917.png

すみません、女子も感想は割愛します(汗)申し訳ありません。
個人的には宮原選手と村上選手は気合が入っていて素晴らしかったです。
特に宮原選手はもっと点数を出してあげて欲しかったです。

最後に女子FSの滑走順はこちら。12/23(月)16:15-18:00に実施予定です。
(SP25以下の選手はFSに進出することができません。)
選手の皆さん、頑張ってください!
b0122046_10154471.png


****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2013-12-23 10:17 | フィギュアスケート
<< 全日本選手権 男子FS結果 全日本選手権 男子SP結果&F... >>