ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
ソチオリンピックに向けての復習(1)~男子SP編~
今年もやりますこの企画!!(笑)
今回はソチオリンピック出場予定で、総合スコア上位の選手の今季のプログラムを復習したいと思います。
けっこう頑張りましたが(汗)、色々辻褄の合わないところも出てきます。
まぁ素人考えということで大目に見てください(笑)
というわけで、勝手に予想構成を出したりと色々考えてみたいと思います。

まず、第1回目ということで男子SPです。
b0122046_21543890.jpg

※注意※
この記事は「ぼやき」記事に類似しますので、閲覧時はご注意願います。
(せっかくこのブログを見て下さっているのに大変失礼かと思いますが(汗)すみません。)
また、非常に長い記事なので、お時間があるときにご覧下さいませ。





※はじめに※
記事中で使用する記号、基礎点、GOEによる加減点については詳しく説明しませんので、以下を参照してください。
◆Wikipedia フィギュアスケートの採点法

要素の表記の仕方ですが、私個人の好み(笑)の問題で、コンビネーションジャンプは「-」で表記します。
(本来は「+」表記ですが、あくまで好みの問題です(笑))
また、「+COM」は「+COMBO」の意味です。
「+SEQ」「+COMBO」は以下のリンクに分かりやすく書かれているので、参照して下さい。
◆フィギュアスケート資料室 ※「用語辞典」をクリック
◆Yahoo!知恵袋 「ザヤック SEQ COMB」 ※解答部分が参考になります。

最後に大事なことを1つ。
現採点法で問題となっている回転不足判定やエラーエッジ判定の正当性に関しては論じないことにします。
私は採点に疑問は持ってはいますが、この議論を始めるときりがないので(汗)
よって、これらの判定については正しいという前提で話を進めます。
(といっても、本音が漏れることはあると思います(笑))

それと、以降で出てくるSS基準方式の詳細ついては、お手数ですが、こちらの記事をご覧ください。
b0122046_14105667.jpg

画像はクリックすると拡大されるはず(汗)ですので、見難い場合は画像をクリックしてみてください。
間違いがある場合は是非ご指摘ください。よろしくお願いします。



長い前置きはこのくらいにして(汗)
まず、今季のベストスコアを見てみたいと思います。
ソチオリンピック出場予定で、上位10名分の重複を含めたベストスコアを抽出してみました。
★印付きで色付けされている欄が各選手のベストスコアです。B級大会の記録も反映しています。
b0122046_2225272.png


SPに注目して、SPのベスト順に並べてみます。
b0122046_221195.png


このSPのベストスコア順に、各選手の今季最高点が出た時の演技とスコア遷移を振り返ってみます。
動画UP主様に感謝です!
なお、スコア遷移については現時点までの直近4大会分として、TESとPCSをあわせてざっくりと見ていきます。
(直近4大会分なのは画像の幅の問題です…すみません(汗))
併せて、構成などの参考に国内選手権の結果も載せています。

そして例によって(笑)勝手に予想構成も考えてみました。あくまで予想ということで…
スピン、ステップについてはレベル3狙いという選手もいるかもしれませんが、レベル4を前提としています。
数字だけではわかりにくいと思い、今回は簡単な棒グラフも作ってみました!(笑)


1.羽生結弦選手 GPF:99.84
Patinaje artístico. Final Grand Prix 2013. Hombres. Programa corto (5-8) Yuzuru Hanyu
https://www.youtube.com/watch?v=S-hZT0Wz2V0
b0122046_2218419.png
b0122046_22185856.png

シーズン序盤はジャンプにミスが出てしまっていましたが、フランス杯で波に乗ったような感じですね。
昨季のプログラムの持越してもさらに点数を伸ばすことができているのはすごいです。
フランス杯からジャンプ・スピン・ステップ全て高水準で安定しているのがグラフからもわかると思います。
PCSはシーズン序盤良くなかった分平均は低くなってしまっていますが、
GPFでは9点台も出ましたし、もう8点台後半の常連といった感じです。


2.パトリック・チャン選手 フランス杯:98.52
Patinaje artístico. Trofeo Eric Bompard 2013. Hombres. Programa corto (9-11) Patrick Chan
https://www.youtube.com/watch?v=l6WkiUChzUw
b0122046_22341646.png
b0122046_2234203.png

チャン選手も昨季からの持越しプログラムですが、昨季同様ややジャンプに苦戦しているかな?という感じです。
しかしながら、スピン・ステップは取りこぼしが少なく、かつ高いGOEを得ることができているのが素晴らしいです。
ジャンプも決まった時は高いGOEがついています。カギはジャンプになってきそうですね。
PCSは昨季と違い、1戦目からSSで9点台で安定しています。
プログラムがとにかく素敵なので、持ち越して滑り込んだ効果が出ていると思います。


3.高橋大輔選手 NHK杯:95.55
Patinaje artístico. Trofeo NHK 2013. Hombres. Programa corto (9-10) Daisuke Takahashi
https://www.youtube.com/watch?v=j38RI8E_0XQ
b0122046_22545239.png
b0122046_2254544.png

今季はデータが2戦分しかなく、しかも良いか悪いかの両極端な感じで正直傾向がつかめません。
高橋選手もジャンプは決まりさえすれば高いGOEがつくと思うので、TES的な課題はやはりジャンプを決めること、
そしてスピンのレベルをしっかり取ることでしょうか。ステップは文句なしと思います。
PCSも良い演技ができれば9点台は出ると思います。


4.ハビエル・フェルナンデス選手 欧州選手権:91.56
Patinaje artístico. Cto Europa 2014. Hombres SP (26-29) Javier Fernández
https://www.youtube.com/watch?v=UOemo0v6tG0
b0122046_2327721.png
b0122046_23271032.png

今季は初戦から4Sが入っています。これが決まるか決まらないかが課題になっている感じでしょうか。
TES的には比較的安定していますが、スピンとステップのレベルをしっかり取りたいところですね。
PCSは徐々に上がってきていて、内容評価もとても高いです。


5.町田樹選手 スケートアメリカ:91.18
Patinaje artístico. Skate America 2013. Hombres. Programa corto (7-9) Tatsuki Machida
https://www.youtube.com/watch?v=iX_n3lr-lw8
b0122046_2351364.png
b0122046_2351565.png

GPFでは調子を落としてしまいましたが、それ以外の大会では国内選手権も含めてとても安定しています。
スピン・ステップでレベル4を揃えられればさらにTESが伸びてきそうですね。
PCSもGPSからは8点台が常に出るようになってきています。


6.閻涵選手 中国杯:90.14
Patinaje artístico. Cup of China 2013. Hombres. Programa corto (7-12) Han Yan
https://www.youtube.com/watch?v=LsDGPjha_dY
b0122046_0131512.png
b0122046_0131741.png

GPF以降はやや調子が落ちていますが、ジャンプは決まれば高いGOEがついています。
スピン・ステップもレベル4を取れている時もあるので、しっかりおさえたい所ですね。
PCSは7点台後半が中心ですが、滑りが素晴らしいので他の項目よりSSが高くなっています。


7.デニス・テン選手 アイスチャレンジ:88.19
MSP1 Denis TEN 2013 Ice Challenge
https://www.youtube.com/watch?v=gLSK21vQeRI
b0122046_0214376.png
b0122046_0215430.png

GPS前までは良い調子で来ていましたが、体調面の問題で四大陸まであまり調子が上がってきていません。
波があるので読みにくいですが、プログラムの内容には爆発力を感じます。
スピンやステップのレベルもかなり安定して取れていますし、とにかく調子を取り戻すことが重要になりそうです。


8.ジェイソン・ブラウン選手 フランス杯:84.77
Patinaje artístico. Trofeo Eric Bompard 2013. Hombres. Programa corto (3-11) Jason Brown
https://www.youtube.com/watch?v=3uveGcdJmU4

※著作権の関係で音声トラックはミュート状態となっています。
b0122046_0315077.png
b0122046_032114.png

ブラウン選手は今季シニアデビューとなりましたが、まず驚いたのが驚異的な基礎点です。
国際大会で1つも取りこぼしがありません。そしてGOEも高いことからどれも質が良いものだとわかります。
4回転ジャンプがない分、絶対的とも言える安定感で勝負していますね。素晴らしいです。
PCSでも、TRがSSより高いなど評価に関しては一番ではないでしょうか。


9.トマシュ・ベルネル選手 ニース杯:83.58
MSP1 Tomas VERNER CZE 2013 CUP OF NICE
https://www.youtube.com/watch?v=y1IeG2g4Iyg

b0122046_041153.png
b0122046_0412613.png

今季は良いベルネル選手が戻ってきているようですね、プログラムも彼らしくとても楽しいものになっています。
ジャンプの抜けやスピンの取りこぼしなどもったいない部分はありますが、比較的安定していると思います。
PCSも徐々に上がってきていますし、とにかく抜けのない演技をすることが課題になりそうです。


10.エフゲニー・プルシェンコ選手 ボルボオープン:82.34
プルシェンコ Volvo Open Cup 2013 SP
https://www.youtube.com/watch?v=FLEtZx5BHdc
b0122046_0594147.png
b0122046_0595126.png

国際大会は1戦しかデータがないので平均=ボルボオープンのスコアとなってしまいますが(汗)
国内選手権での構成を予想構成としているため、ボルボオープンはジャンプのスコアが低くなっています。
しかしながら、GOEやPCSが高いので、基礎点が取れれば上位に入ってきそうです。


ざっと振り返ったところで、今季は予想構成の他に、
各選手の平均GOEから基礎点に対してどれほどGOEが出ているかという割合(以下GOE割合)を算出し、
このGOE割合と、予想構成の基礎点、平均PCSを合わせてより現実味のある点数予想ができると考えてみました。
これを予想点数、予想スコアと呼ぶことにします。(あくまで予想ですので正当性はありません!(汗))
また、GOE割合の目安とは、10%~:良い演技、15~20%:かなり良い演技、20%~:神演技
といった感じかなと思います。
b0122046_1403.png

最も高い点数に色付けしてみました。
トップではないものの比較的高い基礎点、高いGOE割合とPCSでチャン選手がトップとなりました。
羽生選手は昨季同様高い基礎点に安定したGOEを取れていますが、チャン選手が追い上げてきたという感じでしょうか。
プルシェンコ選手は基礎点がしっかり取れればこの位置、という予想です。

これをさらに、上記で振り返った最高点(最高スコア)と比較してみます。
赤字は私の独断と偏見の何となくな基準でチェックしてみました。
(簡単に言うと、赤字が多いほど課題があるということです。)
これも数字だけではわかりにくいのでグラフを作ってみました!(笑)
b0122046_1103431.png

予想点と最高点の差異が小さい方が、今季より安定した演技ができているとみなせるかなと考えます。
最高点の方が予想点より高い場合は、基礎点をしっかり取ったうえでいかにGOEとPCSを保てるか、
予想点の方が最高点より高い場合は、いかに予定の基礎点を取れるかがカギになるかなと思います。

羽生選手、高橋選手、町田選手は今季の最高得点が予想より5点以上上回っているので、
それだけ良い演技ができたときの爆発力はすごくあるのではないかと思います。


ものすごーくざっくりした内容になってしまいましたが、
前半のスコア遷移は(入力に間違いがなければ)確かなデータですので(汗)
振り返ってみるだけでも選手がいかに成長してきたかがよくわかると思います。

今季は全体的にGOEやPCSの水準が上がっていると思われ、
男子SPは90点以上、100点近くでの戦いになってきそうです。すごい時代になりました…

ソチオリンピック開幕まであと5日!
次回は男子FS編の予定です。乞うご期待(汗)

****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2014-02-02 01:23 | フィギュアスケート
<< ソチオリンピックに向けての復習... 四大陸選手権 女子FS結果 >>