ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
ソチオリンピック 女子FS結果
ソチオリンピック 女子FSが終了しました。
大変遅ればせながら、結果をお知らせしたいと思います。

総合1位はアデリナ・ソトニコワ選手、2位はキム・ヨナ選手、3位はカロリーナ・コストナー選手となりました!

ニュース記事
スポーツ報知 【フィギュア】真央、3回転半決め6位!ソトニコワ金、ヨナ連覇ならず銀
時事ドットコム 浅田、最後に「最高の恩返し」=4年前の借り返す
MSN産経ニュース 王国に初の金 ソトニコワ、団体戦漏れの屈辱パワーに「自分との戦いだった」
MSN産経ニュース 「金メダルの価値がある」 コストナー、円熟の舞いで銅
MSN産経ニュース タラソワ元コーチ、浅田に大粒の涙 「素晴しい演技」「ありがとう」「見てられない」
b0122046_21594249.jpg
b0122046_21594476.jpg




採点や順位、ジャッジスコアについてはこちら。
XXII Olympic Winter Games 2014
XXII Olympic Winter Games 2014 女子シングルFS ジャッジスコア

女子の総合とFS結果はこちら。
b0122046_22165142.png
b0122046_22165355.png
b0122046_2216587.jpg

【フィギュア】真央、3回転半決め6位!ソトニコワ金、ヨナ連覇ならず銀

 ◆ソチ冬季五輪第14日 ▽フィギュアスケート女子フリー(20日、アイスベルク・パレス) フィギュアスケート女子は、前半のショートプログラム(SP)でジャンプのミスが響き16位と大きく出遅れた浅田真央(23)=中京大=は、今季初めて3回転半を成功させるなどフリー3位の142・71と自己ベストを更新。合計198・22で6位となり大幅に巻き返した。鈴木明子(28)=邦和スポーツランド=はジャンプで転倒するも125・35を記録。合計186・32で2大会連続で8位となった。村上佳菜子(19)=中京大=はジャンプで精彩を欠き115・38。合計170・98で初出場の五輪は12位で終わった。

 SP2位のアデリナ・ソトニコワ(17)=ロシア=が自己ベストを20点以上も更新。合計224・59でロシア初の金メダルを獲得した。同首位で連覇を狙った金ヨナ(23)=韓国=は合計219・11で2位。同3位のカロリナ・コストナー(27)=イタリア=は自己ベストを更新し合計216・73で初の銅メダルに輝いた。

 浅田はトリプルアクセルを見事に決めて勢いに乗ると、6種類のジャンプを全て決める完ぺきな演技を披露した。SPのミスを取り返し自己ベストを6点以上も上回る142・71をマーク、合計198・22の高得点を記録した。

 鈴木は冒頭の3連続ジャンプを成功したが、後半の3回転フリップで転倒、高レベルのスピンはきっちり決めた。最後は笑顔で演技を終え、2大会連続の入賞を決めた。

 初出場の村上は序盤の3回転ループが2回転となり、後半の3連続ジャンプも2連続になるなど小さなミスが続いたが、演技終了後には笑顔を見せた。

 浅田真央
「出来ると思ってやって、これが自分でやろうと思ってた構成なので良かった。今日の朝の練習は良くなかったけど、自分がやりたい演技をしようと思いました。いろいろあって一つ一つクリアしたんで、ジャンプも一つ一つクリアしようと思いました。昨日はとても残念で悔しくて取り返しのつかないことをしてしまった。このフリーでこの4年間応援してくれた、たくさんの人に恩返しできたと思います」

 鈴木明子
「出来なかったこともありましたが、今出来る精一杯のことはできたのでホッとしてます。ずっと足の痛みがありましたけど、リンクに立ったら忘れられました。(フィギュアスケートを)ここまでの年齢まで続けられると思わなかった。遅咲きでも頑張れると未来のスケーターに伝わればと思います。とてもいい経験になりましたし、今後の人生に繋がればと思います」

 村上佳菜子
「自分が望んでいた演技はできなかった。昨日は落ち込んで朝もひきずったけど、次の世界選手権でいい演技をしたい。(五輪では)自分が感じたことないプレッシャーを感じた。(次の五輪は)終わったばかりなので考えられない」

 アデリナ・ソトニコワ
「(SP2位から)逆転はできると思っていた。ソチで勝つことは夢だったので幸せ。あしたメダルを受け取って、それが現実になる。ロシアにすてきな贈り物ができた」

 金ヨナ
「できることは全てやった。重圧はなかったけど、演技が終わったときはとても疲れた。これが最後の大会。ここにいられて幸せだと思う」
(2014年2月21日07時50分 スポーツ報知)
b0122046_2218925.jpg

浅田、最後に「最高の恩返し」=4年前の借り返す

 喜びや悲しみ、苦しみなど23歳までの「人生」を詰め込んだフリー。これぞ「浅田真央」という滑りを最後に見せてくれた。

 冒頭でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を片足で着氷した出来栄え加点も付く、1年ぶりの成功。団体とSPで転倒した代名詞の大技を、五輪で最後のチャンスで決めた。「よし、このままいける」
 プログラムに思いが込められているように、ジャンプはバンクーバー五輪以降に、滑りを基礎から立て直してきた成果をちりばめた。大技は1回で我慢。その代わりに、全種類の3回転に挑んだ。まさかの16位に出遅れたSPはジャンプを全て失敗し、「今まで何をやってきたんだろう」と途方に暮れたが、積み重ねてきた努力を信じて跳び続けた。
 気持ちが吹っ切れる言葉があった。この日朝の練習後、佐藤信夫コーチに昔話を聞かされた。34年前のレークプラシッド五輪で、教え子の松村充がへんとうを腫らしながら8位に入った話だった。名伯楽は「何かあっても助けにいくから」。

 荘厳で、愁いや情感に満ちたラフマニノフ作曲の「ピアノ協奏曲第2番」。銀メダルに終わった前回もフリーはラフマニノフの「鐘」だった。あえて同じ作曲家にしたのは、「ラフマニノフの借りはラフマニノフで返す」
 4年前は、負けたこと以上に、つまらないジャンプのミスを終盤に重ねたことを悔やんだ。この日も踏み切り違反や細かな回転不足はあったが、やり切ったから気にならなかった。フリーだけなら3位。自己ベストを大幅に更新した。
 演技を終えると歓喜の涙がこぼれ、その後、笑顔に変わった。「この4年間、たくさんの方々に支えられた。最高の演技で恩返しできたのでよかった」。最高の結末ではなかった。だが集大成にふさわしかった。(時事)
(2014/02/21-08:06)
b0122046_22193174.jpg

王国に初の金 ソトニコワ、団体戦漏れの屈辱パワーに「自分との戦いだった」
2014.2.21 10:29

 【ソチ=田中充】「ロシアにすてきな贈り物ができた」。前回女王のキム・ヨナを破り、フィギュア王国に唯一、欠けていた五輪女王の称号を手にしたのは、栄光と挫折を知る17歳だった。

 21番滑走のアデリナ・ソトニコワ(ロシア)。SP2位からの逆転劇は、高難度の連続3回転ジャンプ成功で幕を開けた。唯一、乱れた後半の3連続。何とか回りきった3本目は乱れた着氷を強引にこらえた。ここでの減点以外は着実に得点を上積み。荒削りなスケーティング技術を補って余りあるパワフルな滑りでスピンとステップもすべて最高難度のレベル4を獲得した。

 世界歴代2位の149.95点。フリーの技術点でキム・ヨナを6点近く引き離し、SPで3位コストナーまでが0.8点差で迎えた混戦を抜け出した。

 12歳でロシア選手権を初優勝し、3シーズン前にジュニア・グランプリ(GP)ファイナルと世界ジュニア選手権の2冠を達成。自国開催のソチ五輪へ強化を急ぐロシア女子の先頭を走った。

 しかし、新たな若手が頭角を現す中でシニア転向後はしばらく低迷。ロシア選手権で4度目の優勝、欧州選手権2位でつかんだ五輪も団体はSP、フリーとも外され、初代王者となったロシアで女子の主役を、15歳のリプニツカヤに譲った。

 「この悔しさを個人での金メダルにつなげるしかない。自分との戦いだった」。反骨心がプライドに火を付け、大舞台での熱演につなげた。「ソチで勝つことが夢だったので幸せ」。あまたのロシア国旗が揺れる会場で、新女王がほほえんだ。
b0122046_22353645.jpg

「金メダルの価値がある」 コストナー、円熟の舞いで銅
2014.2.21 10:37

【ソチ=榊輝朗】重厚な「ボレロ」の音色が消え入ると、カロリーナ・コストナーは(イタリア)はそっと胸に手を置いて、至極の4分間をかみしめていた。「すべてを出し尽くし、燃え尽きたわ」。銅メダル。イタリア女子初のメダル獲得でもあり、「金メダルの価値がある」と喜んだ。

 これぞフィギュアスケートと感じ入る演技だった。リンクの上を音もなくスイスイ進んだ。跳ぶジャンプは力が入っていなかった。氷とケンカしない滑りは絶品。長い手足を存分に生かし、優雅でしっとりとした世界を銀盤に描き出した。

 欧州選手権を5度制覇した才能も、五輪では2006年トリノ9位、前回バンクーバー16位。バンクーバー後に一時はリンクを離れた。スケートへの思いが募り、再び戻るときには「楽しんで滑ろう。完璧なんて求めない」と言い聞かせた。

 肩の力が抜けた。12年世界選手権を制し、今大会も表彰台に立った。結果を求めて硬くなり、大舞台でミスを続けた“ガラスの心臓”とはお別れした。定評があった表現力、技術のキレを生かす気持ちを、苦難の末に手に入れた27歳の舞いは、円熟の極みだった。
b0122046_22361870.jpg

タラソワ元コーチ、浅田に大粒の涙 「素晴しい演技」「ありがとう」「見てられない」
2014.2.21 16:30

 【ソチ=佐々木正明】ロシアフィギュアスケート界の重鎮で、浅田真央の元コーチ、タチアナ・タラソワさん(67)が、20日に行われたソチ五輪フィギュアスケート女子フリーを見て、「これほど素晴らしい演技はなかった。彼女は自分に打ち勝った。私のプログラムを演技してくれたことに感謝したい」と述べた。

 タラソワさんは地元テレビ局に解説者として出演。バンクーバー五輪で師弟関係を組んだタラソワさんは、今回のフリーの曲目、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」の振りつけを担当した。

 タラソワさんは演技に入る前から「がんばって」と述べ祈るような声で解説。そして冒頭のトリプルアクセルを決めたとき、「よしっ」と大きな声を上げた。

 浅田が演技終了後、大粒の涙を流し始めると、「ありがとう」を何度も連発、「辛くて私も見てられないわ」とも語った。



ソチオリンピックの動画については、現時点ではUPされたものは全てブロック等で削除されているようなので、
gorin.jpで公開されている公式動画のリンクのみの紹介となります。ご了承ください。
SP同様、スコアは上位5組まで、上位10組までの動画をFS順に紹介させていただきます。
なお、今後YouTube等の動画やお写真については見つけ次第この記事に追記します。

FS・総合1位はアデリナ・ソトニコワ選手!
フィギュアスケート女子シングルフリー 1位(アデリナ・ソトニコワ)
http://www.gorin.jp/search.html?bctid=755332273002
b0122046_2302067.png
b0122046_2303092.jpg
b0122046_2303252.jpg



FS・総合2位はキム・ヨナ選手!
フィギュアスケート女子シングルフリー 2位(キム・ヨナ)
http://www.gorin.jp/search.html?bctid=754532176002
b0122046_2315772.png
b0122046_23255.jpg



FS3位、総合6位は浅田真央選手!
フィギュアスケート女子シングルフリー 6位(浅田真央)
http://www.gorin.jp/search.html?bctid=754532155002
b0122046_2342333.png
b0122046_2344926.jpg



FS4位、総合3位はカロリーナ・コストナー選手
フィギュアスケート女子シングルフリー 3位(カロリーナ・コストナー)
http://www.gorin.jp/search.html?bctid=755332274002
b0122046_2355554.png
b0122046_236425.jpg



FS5位、総合4位はグレイシー・ゴールド選手
フィギュアスケート女子シングルフリー 4位(グレーシー・ゴールド)
http://www.gorin.jp/search.html?bctid=755367405002
b0122046_2362955.png
b0122046_2364321.jpg



FS6位、総合5位はユリア・リプニツカヤ選手
フィギュアスケート女子シングルフリー 5位(ユリア・リプニツカヤ)
http://www.gorin.jp/search.html?bctid=755332275002
b0122046_23732100.jpg



FS・総合7位はアシュリー・ワグナー選手
フィギュアスケート女子シングルフリー 7位(アシュリー・ワグナー)
http://www.gorin.jp/search.html?bctid=754532177002
b0122046_2383976.jpg



FS・総合8位は鈴木明子選手
フィギュアスケート女子シングルフリー 8位(鈴木明子)
http://www.gorin.jp/search.html?bctid=755332260002
b0122046_2312485.jpg



FS・総合9位はポリーナ・エドモンズ選手
b0122046_23123532.jpg



FS10位、総合11位はヴァレンティーナ・マルケイ選手
b0122046_23155159.jpg



村上佳菜子選手はFS・総合12位となりました。
b0122046_23164416.jpg



次はPCSの内訳です。上位5名分について作っています。
SS基準方式の詳細ついては、お手数ですが、こちらの記事をご覧ください。
※SS基準方式はあくまで目安・考え方であり、絶対的なものではありませんし、ルールブックにも載っていません。
PCSの概要とSS基準方式の評価範囲はこちら。TR~INの下段は「-SS」の値です。
b0122046_1415422.jpg
b0122046_23165768.png

今回はトップ3は本当に良い演技をしました。結果は納得できるものだと思います。
しかしながら、真央選手の点数はPCSだけでなくGOEもかなり厳しいものだったように思います。
中間点となったジャンプも他の選手の認定を考えれば十分認定される範囲内に見えましたし、
ジャッジ側が主張するようにPCSは絶対評価なのであれば滑走順は関係なく高いPCSが出るべき演技でした。
内容の評価も低いですし、あの演技が神演技レベルでなくて何なのか、と言いたいです。
でも、織田信成さんを始め元選手や解説陣も滑走順が遅かったら…と言っているのでやはり相対評価なのでしょう。
それが悪いとは言いませんが、真央選手のこのPCSが後のグループの基準にもなってきたでしょうし、
とすればやはり最終グループのPCSはあまりに高すぎると思います。(特にキム選手のTRは…驚きです)

真央選手の演技があまりにもすべてを超越したものだったため、あまり点数についてあれこれ言いたくないのですが、
どうしても納得いかないのは、キム選手の後半3Lzの加点1.00です。
決してキム選手が嫌いだからとかそういう意味ではなく、これは完全に見逃しだと思うからです。
キム選手の演技は完璧だったと言われていますが、あの3Lzはどう見ても着氷が乱れています。
あのやや乱れた着氷で加点1.00もついてしまうのはどうにも納得がいきません。
しかしながらもう終わったこと。この点以外に特に言いたいことはありません(笑)

最終的に、女子FSで一番まともに採点されたのは真央選手だったのだな、と思いました。
今季平均より少し良いくらいのGOEとPCS。点数を盛らずとも142.71というスコアを出すことができた、
そして基礎点66.34は、ルールが変わらない限りはしばらく超されることはないでしょう。

バンクーバーオリンピックから4年、真央選手以外に3Aに挑む女子は現れませんでした。
(大庭雅選手など日本国内に3Aに挑戦している選手はいますが世界的にという意味で。)
ソトニコワ選手が今回3Lz-3Tにしたことで、今大会でセカンド3Loを跳んだのも真央選手だけとなりました。
中間点判定になろうとも、スコアにはしっかりと6種類のジャンプ、そして8つの3回転ジャンプが記されています。
私たちはまた歴史に残る演技を見ることができました。
真央選手、本当にありがとうございました。あなたを応援できたことを誇りに思います。


長くなってしまいましたが(汗)、、皆さん本当によく頑張りました!
素敵な写真が多かったので、少し多めにご紹介して終わりにしたいと思います。
皆さん本当にお疲れ様でした!ありがとうございました!!
b0122046_23322493.jpg
b0122046_23323650.jpg
b0122046_2333157.jpg
b0122046_23331273.jpg
b0122046_23332487.jpg
b0122046_23333538.jpg
b0122046_2333477.jpg
b0122046_23335684.jpg
b0122046_2334640.jpg
b0122046_23341565.jpg
b0122046_23342683.jpg
b0122046_23363698.jpg
b0122046_2337775.jpg
b0122046_23371540.jpg
b0122046_233873.jpg
b0122046_23372492.jpg
b0122046_23373329.jpg
b0122046_23382326.jpg
b0122046_23384323.jpg
b0122046_23385470.jpg
b0122046_2339449.jpg
b0122046_23392041.jpg
b0122046_23393690.jpg
b0122046_23394671.jpg
b0122046_23395711.jpg
b0122046_2340826.jpg
b0122046_23402183.jpg
b0122046_2340327.jpg


****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2014-02-22 23:49 | フィギュアスケート
<< ソチオリンピック EX ソチオリンピック 女子SP結果... >>