ブログトップ
マロマユな日々~チワワとの妄想生活~
spalconx.exblog.jp
ソチオリンピック 日本選手団が帰国、浅田真央選手・メダリスト会見動画紹介
昨日、日本選手団がソチから帰国しました!皆さん本当にお疲れ様でした!!
大変遅ればせながら、ニュース記事と会見などの動画をご紹介したいと思います。

ニュース記事
MSN産経ニュース 「お疲れさま」に羽生、浅田ら笑顔 日本選手団が帰国
MSN産経ニュース 浅田「森さん、後悔しているのでは」 会見一問一答
時事ドットコム 羽生「最高の結果に誇り」=メダリストら帰国会見-ソチ五輪
時事ドットコム ソチ五輪・談話
時事ドットコム 羽生にうれしいご褒美=フィギュアスケート
b0122046_0231822.jpg




ソチ五輪日本選手団、チャーター機で成田空港に到着(14/02/25)
https://www.youtube.com/watch?v=rv2hv_i99wU



(全録)フィギュア・浅田真央選手が会見
https://www.youtube.com/watch?v=e6TSnmzRtRw



(全録)日本代表選手団が帰国時記者会見
https://www.youtube.com/watch?v=icsmJHWJxYQ



(全録)フィギュア・羽生結弦選手、所属先で報告会
https://www.youtube.com/watch?v=UD8sXGH_js4

b0122046_032455.jpg
b0122046_032657.jpg

「お疲れさま」に羽生、浅田ら笑顔 日本選手団が帰国
2014.2.25 12:01

 ソチ五輪に参加した日本選手団が25日午前、チャーター機で帰国した。成田空港では約900人のファンと100人を超す報道陣が待ち受ける中、フィギュアスケート男子金メダルの羽生結弦(19)=ANA=は「ありがとう」「お疲れさま」の声にうなずいて応えた。

 選手らは疲れた様子もなく、フィギュアの浅田真央(23)=中京大=やスノーボード女子パラレル大回転銀メダルの竹内智香(30)=広島ガス、カーリング女子の小笠原歩(35)=北海道銀行=らは笑顔で到着ロビーに姿を見せた。橋本聖子団長には花束が手渡された。

 メダリストらは下村博文文部科学相を表敬した後、東京都内で記者会見に臨む。

 日本が獲得した金1、銀4、銅3の計8個のメダルは、1998年長野五輪の10個に次ぎ、海外の冬季五輪で最多だった。
b0122046_032374.jpg
b0122046_0323984.jpg
b0122046_0324157.jpg

浅田「森さん、後悔しているのでは」 会見一問一答
2014.2.25 14:31

 ソチ五輪のフィギュアスケート女子で6位だった浅田真央(中京大)は25日にソチから帰国。その足で東京都内の日本外国特派員協会へ行き、記者会見を行った。特派員の関心は“引退か現役続行か”のほかに、森喜朗元首相が「あの子は大事なところで転ぶ」発言。浅田は「人間なので失敗はある」と気に留めた様子はなかったが、「今は少し後悔しているのでは」と東京五輪組織委員会会長という立場をおもんばかった。浅田の一問一答は次の通り。

 「ソチ五輪は最終的には、自分の目指している演技ができた。でも、もう一つの目標として、日本にメダルを持って帰って来られなかったのは今でも残念だし、悔しい気持ちでいっぱい」

 --世界中のスケーターからたくさんの称賛の声があった

 「たくさんのスケーターがショートプログラム(SP)の後に心配してくれた。『頑張れ』というメールをたくさん送ってくれた。次の日のフリーで、期待に応えられる演技ができたのはすごくうれしく思う」

 --フリーの演技の後には涙を流した

 「前日のSPで自分の気持ちもどん底に落ち込んでいたので、フリーは不安や恐怖心があった。それを乗り越えての最高の出来だったのでホッとして、うれしさのあまり、最高の気持ちになった。本当は笑顔が良かったが、前日の気持ちも消えたわけではなかったので、泣いてしまった」

 --SPの失敗からフリーでは挽回したが、強い気持ちの源は

 「一つではない。いろんな経験をしてきた。コーチや支えてくれた人の言葉や『できる』と思ってやったことが、自分の気持ちを復活させられた理由だと思う」

 --トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を外せばリスクが減ったのでは

 「小さい頃から伊藤みどりさんに憧れていて、それを継ごうと思って挑戦してきた。トリプルアクセルは自分を強く持たせてくれるもの。試合で、挑戦して成功したときには達成感でいっぱいになる。今回、フリーの演技にトリプルアクセルはずっと入っていたので、飛ばないという選択肢はなかった。一番の見せ場だと思っているので、絶対に外すわけにはいかなかった」

 --ソチ五輪で学んだことは

 「この五輪で悔しい気持ち、最高の気持ちと、いろんな感情があった。今まで以上に充実した試合だった。SPでの結果は悔しかったが、強い意志を持って諦めなければ、自分の目指すものができると改めて強く感じることができた。今後の人生にも生きてくると思う」

 --転ぶのは痛いか

 「自分が『転ぶ』と思うときはまったく痛くないが、自分が『転ばない』と思ったときに突然転ぶのはめちゃくちゃ痛い」

 --韓国のキム・ヨナとはライバル関係にあったが、日韓問題について感じることは

 「私から何か言うことはできない。私とキム・ヨナ選手は小さいころからライバルとしてメディアに注目されてきた。リンクを離れれば、普通に話をしたり、友達のような関係だと思っている」

 --今後については

 「昨年、集大成という言葉を使って報道にもたくさん、取り上げられてしまった。私自身、この1年間、ソチ五輪まで集大成という思いでやってきた。今回のフリーでは、悔いなく、終わりたいという気持ちで滑った。でも、試合はこの後も一つ(世界選手権が)残っているので、そこでしっかり最高の演技をしてから、自分の気持ちと向き合って今後を考えていきたいと思っている」

 --将来、スケート以外の分野での活躍を考えているか

 「将来のことはまだ何も考えていない」

 --来季以降も現役続行の可能性は何%か

 「もう一つ試合が残っている。世界選手権では、フリーもSPも両方そろえられるようにしたい。ショーがその後にあるので、全国の皆さんに感謝の滑りをしてそれから、落ち着いて考えたい。今のところハーフハーフで」

 --東京五輪組織委員会会長の森喜朗元首相が「大事なときには必ず転ぶ」と発言した

 「終わったことなので何とも思っていないが、聞いたときは『あっ、そうなんだ』と思った。人間なので失敗することはある。仕方ないとは言えないとは思うが、自分も失敗したくて失敗しているわけではないので、それは違うのかなと思った。でも、森さんはそう思ったのではないか」

 --森元首相は5年間、東京五輪組織委員会会長を務める予定だが、日本チームは耐えられるか

 「私は何とも思っていないが、ああいう発言をしてしまい、森さんは今、少し後悔しているのではないか」
b0122046_0381365.jpg

羽生「最高の結果に誇り」=メダリストら帰国会見-ソチ五輪

 ソチ冬季五輪の日本選手団が25日帰国し、フィギュアスケート男子金メダルの羽生結弦(ANA)や橋本聖子団長らが東京都内のホテルで記者会見した。19歳の羽生は「最高の結果を日本に持って帰れて誇りに思う」と述べ、「五輪に対する注目度の高さを感じた。そこで評価をいただき、見ている人に何かを伝えられたのではないか」と振り返った。
 4度目の五輪で初めてメダル(銀)を手にしたスノーボード女子パラレル大回転の竹内智香(広島ガス)は「マイナー種目のアルペンをたくさんの人に知っていただいたことが、メダル以上にうれしい」と実感を込めた。新種目のフリースタイルスキー女子ハーフパイプ3位の小野塚彩那(石打丸山ク)は「メダルを取ることが(種目の)アピールになると思っていた。今後は日本女子選手がもっと海外へ出て行けるようにレールを敷きたい」と決意を示した。
 日本のメダルは8個(金1、銀4、銅3)。目標とした長野五輪の10個には及ばなかったが、橋本団長は「チームジャパンにとって自信と誇りになった。選手が一丸となって頑張ってくれた」と評価した。
 ノルディックスキー・ジャンプ男子個人ラージヒルなどで2個のメダルを獲得した葛西紀明(土屋ホーム)や複合個人ノーマルヒル銀の渡部暁斗(北野建設)は欧州遠征中のため不参加だった。
(2014/02/25-18:06)


ソチ五輪・談話

◇誇らしく思う
 羽生結弦 金メダルを胸にかけて帰ってこられて誇らしく思う。ただ、演技の内容に満足しているわけではない。これから五輪チャンピオンらしい演技ができる、強いスケーターになれるよう精いっぱい頑張る。
◇この先の自信に
 平野歩夢 15歳で(冬季五輪の日本選手の)最年少メダリストになれて歴史に残る。銀メダルはいい経験。この先いろんな自信になると思う。
◇メダル以上の喜び
 竹内智香 4度目の五輪で、どのように五輪を戦うべきなのかを初めて知った。スノーボードをたくさんの人たちに知ってもらえたことはメダル以上の喜び。次世代につながるようにこれからも頑張りたい。
◇スノボ広まった
 平岡卓 小さい頃から目標にしていた五輪でメダルを取れてよかった。世の中の人に見てもらって、スノーボードが広まったと思うので、それが一番うれしい。
◇現実になった
 小野塚彩那 新種目なので、メダルを取ってアピールするのが一番説得力があると思っていた。それが現実になって本当にうれしい。
◇大役にお礼
 小笠原歩 チームジャパンの他競技の活躍が力になった。開会式で日の丸を持った瞬間には、旗手として日本選手団を盛り上げなければと自覚した。大役を頂いたことにお礼を申し上げたい。
◇精進したい
 田畑真紀 日本チームが心を一つにして、最後まで諦めることなくベストを尽くした。この素晴らしい経験を生かし、次の平昌五輪、その先の未来を担う子供たちに夢を与え続けていけるよう力を合わせて精進したい。
(2014/02/25-18:22)
b0122046_0391186.jpg

羽生にうれしいご褒美=フィギュアスケート

 ソチ五輪のフィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦が25日夕、所属先のANA(東京都港区)を訪問。この日朝に帰国後、記者会見などで忙しい一日となった19歳をうれしい贈り物が待っていた。
 「こうして笑って日本に帰ってこられたことが誇らしい」。そう報告した羽生の目の前に運ばれてきたのは、金メダルを模したチョコレートや似顔絵をあしらった大きなケーキと、金箔(きんぱく)張りのマカロン。「すごい」と目を丸くして喜んだ。
 航空会社らしく「行き先はどこでもOK」という家族旅行の目録も。カナダのトロントを拠点に活動する羽生は「日本で温泉巡りとかしたい」と目を輝かせた。
(2014/02/25-19:34)



****************************
ブログランキングに参加しています!
ポチっとよろしくお願いします。
****************************

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ 人気ブログランキングへ
by chi-chan0322 | 2014-02-26 00:42 | フィギュアスケート
<< 【チワワーズ】HAPPY☆BI... ソチオリンピック EX >>